ブロックチェーンでアート作品を共同所有「STRAYM」正式にサービス開始

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を活用したアート作品の分割所有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」を運営している「SMADONA株式会社」は、2019年12月3日に同プラットフォーム上で「Banksy(バンクシー)」などの有名アーティストが手がける3作品の販売を開始したと発表しました。

こちらから読む:ペンタブ大手がBC技術活用「アート」関連ニュース

アートの分割所有プラットフォーム「STRAYM」

STRAYM-logo

STRAYM(ストレイム)は、ブロックチェーン技術を用いた"アート作品の分散型所有プラットフォーム"であり、プラットフォームに参加している人々はアート作品を100円から売買することができるようになっています。また、トークンを100%購入すれば、現物の作品を受け取ることも可能です。

この仕組みはアート作品のオーナー権をトークン化することによって実現しており、トークン保有者はオーナーならではの特典を受けることもできるとされています。

世界的有名アーティストの「3作品」を販売

(画像:STRAYM公式サイトから)(画像:STRAYM公式サイトから)

今回の発表では、初回公開されていた
・Banksy(バンクシー)
・KAWS(カウズ)
・Wolfgang Tillmans(ヴォルフガング・ティルマンス)
の3作品が購入可能になったことが発表されています。なお、これらのアート作品も全て100円〜購入することができます。

Banksy(バンクシー)

Banksy(バンクシー)は「神出鬼没な仕掛けを用いたアート作品を手がける"覆面アーティスト"」として知られており、2018年にオークションにかけられた同氏の作品「風船と少女」が約1億5,000万円で落札された直後に額縁に仕込まれたシュレッダーで裁断されたニュースは世界中で話題となりました。

KAWS(カウズ)

KAWS(カウズ)は「ストリートカルチャーを超越して美術史を塗り替えた現代アーティスト」として知られています。両目が「XX」になったキャラクターを描く同氏の作品は、今や世界中の様々な美術館に展示されており、2019年に開催されたオークションでは、予想価格の約20倍である「約16億4,700万円」の落札価格がつけられています。

Wolfgang Tillmans(ヴォルフガング・ティルマンス)

Wolfgang Tillmans(ヴォルフガング・ティルマンス)は、「現代欧州の最も重要な写真家の一人」として知られています。自身を取り巻く環境の日常的な光景をとらえた写真をテーマに撮り始めた同氏は、1990年代初頭にロンドンに移住した後に「i-D」や「THE FACE」などのカルチャー誌で写真作品を発表し大きな注目を集めました。2000年には現代美術における最も重要な賞のひとつとして知られる「ターナー賞(英国)」を受賞しています。

今回出品された作品の中には「STRAYM」でしか入手することができない貴重な1点ものの作品も含まれているため、興味のある方は公式サイトを確認してみると良いでしょう。

>>「STRAYM」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

森林の保全状況にブロックチェーンを活用|重要データを管理して環境保護へ

森林の保全状況にブロックチェーンを活用|重要データを管理して環境保護へ

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

三菱UFJ:独自のデジタル通貨「2019年後半」実用化へ|企業のコイン(coin)発行も支援

三菱UFJ:独自のデジタル通貨「2019年後半」実用化へ|企業のコイン(coin)発行も支援

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

注目度の高い仮想通貨ニュース

ユヴェントスFC:Socios.comで「公式ファントークン」販売開始|仮想通貨投票が可能に

ユヴェントスFC:Socios.comで「公式ファントークン」販売開始|仮想通貨投票が可能に

IOTA技術で自動販売機に「ID認証システム」を統合|年齢制限付き商品販売へ

IOTA技術で自動販売機に「ID認証システム」を統合|年齢制限付き商品販売へ

ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

ブロックチェーンによる「環境価値の直接取引」を実証研究:関西電力×Power Ledger

ブロックチェーンによる「環境価値の直接取引」を実証研究:関西電力×Power Ledger

ブロックチェーン基盤の「チケットアプリ」を試験導入:オランダサッカー協会(KNVB)

ブロックチェーン基盤の「チケットアプリ」を試験導入:オランダサッカー協会(KNVB)

IOTA技術で「プラスチックごみのリサイクル」を推進:ドイツバイオテック協会BIOTA

IOTA技術で「プラスチックごみのリサイクル」を推進:ドイツバイオテック協会BIOTA

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月1日〜7日

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

ブロックチェーンで「AIアイドルを生成・トークン化」GENE A.I.dolsサービス開始

ブロックチェーンで「AIアイドルを生成・トークン化」GENE A.I.dolsサービス開始

BINANCE「日本円対応」の可能性も?決済処理会社「Simplex」日本円・カナダドルに対応

BINANCE「日本円対応」の可能性も?決済処理会社「Simplex」日本円・カナダドルに対応

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す