Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を行っている「IOHK」は、2020年の取り組みで"教育活動"に注力していくことを発表しました。同社はカルダノの理解を深めるために「新たな教材の発行」や「大規模なオンライン学習コース」の公開なども計画していると説明しています。

こちらから読む:テスト用ウォレットの最新版公開「Cardano/ADA」関連ニュース

IOHK:2020年は「カルダノの教育活動」に集中

IOHKは2020年2月27日の発表で、同社が2020年に"教育活動"を積極的に行っていく計画であることを明らかにしました。同社はカルダノ開発の第2段階〜第3段階である「Shelley〜Goguen」に完全に移行する際に、カルダノの教材を開発・拡張していくと述べており『2020年は教材の幅を広げるために多大な時間と労力を費やす』と説明しています。

IOHKの教育チームは今年、教材の幅を広げるために多大な時間と労力を費やします。社内外の幅広いステークホルダーを対象とした様々な学習・研修資産を使用して技術的な理解を深めることを目指しています。IOHKのテクノロジーを大勢の人々に使用して頂くためには教育が必要不可欠です。

また、企業の意思決定者に知識と情報を提供し、テクノロジーが解決できるビジネス上の問題を把握できるようにすることも目指しています。カルダノを社会・金融におけるグローバルなオペレーティングシステムへと成長させるための多くの計画・プロジェクトが進行中です。

大規模な「オンライン学習コース」なども計画

IOHKはこれまでにもスマートコントラクト用のプログラミング言語である「Plutus」と「Marlowe」の講義を行っており、2020年にはマルタ大学でも講義が行われたと報告されています。これらの講義は現時点でも非常に人気があり、PlutusとMarloweの「無料Udemyコース」には5,000人以上の学生が参加したとのことです。

現在はこれらのコースを次のレベルへと高めることが計画されており、両方のコースを更新して最新の変更や新機能に対応できるようにすることも予定されています。また、スマートコントラクトの記述方法などについて学ぶことができる電子書籍「Plutus:信頼できるスマートコントラクトの書き方」の第2版も作成されており、2020年後半頃には公開される予定だと説明されています。

さらにトレーニングコースとコンテンツの範囲を拡大するために、IOHKが愛用している関数型プログラミング言語「Haskell」のトレーニングコースを"大規模なオンラインコース"へと移行し、PlutusとMarloweの資料を含めることでより包括的なものにする方法も調査していると報告されています。

IOHKはこの他にも「モンゴル」や「カナダ・ケベック州」などをはじめとする世界中の複数の場所で教育イベントを開催することを予定しているため、2020年以降はカルダノ関連の技術者が増加し、技術開発が活発化していくことになると予想されます。

>>「IOHK」の公式発表はこちら

2020年3月2日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月13日に8円付近まで回復したものの、その後は下落傾向が続いており、2020年3月2日時点では「1ADA=5.00円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年12月3日〜2020年3月2日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月3日〜2020年3月2日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「半減期直後の価格下落」に要注意|資産運用会社CEOが警告

ビットコイン「半減期直後の価格下落」に要注意|資産運用会社CEOが警告

ブロックチェーンが物流業界にもたらす可能性とは?

ブロックチェーンが物流業界にもたらす可能性とは?

Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

Sologenic:XRP Ledger基盤トークンと互換性のある「証券取引所リスト」を公開

Sologenic:XRP Ledger基盤トークンと互換性のある「証券取引所リスト」を公開

Sorare:韓国サッカー「Kリーグ1」と提携|所属選手のブロックチェーンカード発行へ

Sorare:韓国サッカー「Kリーグ1」と提携|所属選手のブロックチェーンカード発行へ

暗号資産「ETF」に対する金融庁・国税庁の見解は?税金制度に関する質問にも返答

暗号資産「ETF」に対する金融庁・国税庁の見解は?税金制度に関する質問にも返答

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:独自暗号資産「フォビトークン(HT)」正式に取扱い開始

Huobi Japan:独自暗号資産「フォビトークン(HT)」正式に取扱い開始

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

タイ中銀:中央銀行デジタル通貨の「企業向け決済システム開発プロジェクト」を発表

タイ中銀:中央銀行デジタル通貨の「企業向け決済システム開発プロジェクト」を発表

NASDAQにマイニング機器製造大手「Ebang」が上場|暗号資産取引所の設立も計画

NASDAQにマイニング機器製造大手「Ebang」が上場|暗号資産取引所の設立も計画

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

BINANCE:オミセゴー(OmiseGO/OMG)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:オミセゴー(OmiseGO/OMG)の「永久先物取引」提供へ

EMURGO×ERGO:ブロックチェーン基盤の「分散型金融ソリューション」構築へ

EMURGO×ERGO:ブロックチェーン基盤の「分散型金融ソリューション」構築へ

SBI VCトレード×SBI FXトレード「暗号資産XRPがもらえる」コラボキャンペーン開催

SBI VCトレード×SBI FXトレード「暗号資産XRPがもらえる」コラボキャンペーン開催

暗号資産・金融アプリUphold「株式への少額投資機能」を追加

暗号資産・金融アプリUphold「株式への少額投資機能」を追加

コインベース:暗号資産「コンパウンド(Compound/COMP)」の取り扱い開始

コインベース:暗号資産「コンパウンド(Compound/COMP)」の取り扱い開始

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

中東の電気通信大手Zain:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営委員会に参加

中東の電気通信大手Zain:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営委員会に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

人気のタグから探す