Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の開発者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、先日13日に公開したライブ配信動画の中でカルダノプロジェクトの進捗や今後の予定などについて報告し、今後数ヶ月間で「Cardano Commercially Critical Infrastructure(CCCI)」と呼ばれる重要な商用インフラに関する公式発表が行われる予定であることなどを明らかにしました。

こちらから読む:YOROIでのステーキング参加方法公開「Cardano」関連ニュース

商用インフラ「CCCI」などについて報告

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年3月13日に公開されたライブ配信動画の中で、カルダノプロジェクトの進捗や今後の予定などについて語りました。

商用インフラ「CCCI」今後数ヶ月で公式発表

ホスキンソン氏は今回の動画の中で、今後数ヶ月間で「Cardano Commercially Critical Infrastructure(CCCI)」と呼ばれる商用インフラに関する公式発表が行われる予定であることを明らかにしています。CCCIは『カルダノが他の仮想通貨に対する優位性を得るために必要なものである』とされており、現在はCCCIを展開していくための資金が集められていると説明されています。

ステーブルコイン・スマートコントラクトなどの報告も

また「分散型金融(DiFi)関連のステーブルコインに関する検討が行われていること」や「Goguen・Plutusの開発チームがスマートコントラクトをテストネットで簡単に構築できるようにしていること」なども報告されており、「Basho・Hydraに関するブログ記事や動画が近い将来に公開されること」なども明かされています。

京都イベントは「オンライン開催」の可能性

京都で開催される予定となっていた"Shelleyメインネット公開の記念イベント"に関しては、新型コロナウイルスの影響などを踏まえた上で「オンラインカンファレンス」としての開催になる可能性があることが報告されています。しかしながらホスキンソン氏は、
・日本のコミュニティが非常に重要であること
・日本がカルダノ発祥の地であり、最も優れた国1つであること
・日本コミュニティの5年の忍耐と信念に敬意を払いたいこと
などを理由に、イベントを京都で開催するかどうかに関わらずShelley公開のために京都に訪れるつもりだと語っています。

カルダノの"不正確な情報"に関する注意喚起も

ホスキンソン氏は動画の冒頭で、カルダノプロジェクトに関する"不正確な情報"が多くのWEBサイトで出回っていることも報告しており、正確な情報を取得するための信頼できるWEBサイトとして「CardanoUpdate.com」というサイトを確認するようにと推奨しています。

同氏は先日15日のツイートで「コロナウイルスの影響によってShelleyのアップデートが延期される」という一部メディアの報道が"フェイクニュース"であることを報告しています。しかしながらホスキンソン氏は、今後数カ月ほどでカルダノ財団のホームページが変わり「信頼できる情報源」として機能するようになることなども報告しています。

パンデミック後に訪れる「テクノロジー新時代」

ホスキンソン氏は先日12日に公開したライブ配信動画の中で新型コロナウイルスなどについても語っており、パンデミックが過ぎ去ったあとには"テクノロジーの新時代"が到来し、人々の生活を大きく改善するという考えを語っています。

同氏は具体的なテクノロジーの例として、自身が「グラフェン電池」と呼ばれるバッテリーを受け取ったことを報告しており、このバッテリーを使用することによって「充電せずに3〜4日間ほど使用することができる携帯電話」や「1,000マイル走行することができる電気自動車」などが実現すると説明しています。

ホスキンソン氏はこのバッテリーは今後10年〜20年の間に登場するテクノロジーの中の1つの例にしか過ぎないと語っており、人工知能(AI)やナノテクノロジーなどといった様々な技術の進歩によって、私たちは豊かな新しい時代を楽しむことができると語っています。

仮想通貨業界では先週のビットコイン価格暴落などによって、仮想通貨の将来を不安視する意見も出ていますが、ホスキンソン氏は最近のツイートで仮想通貨の将来に対する自信を改めて表しており、ビットコイン価格に関しても"将来的に1,000万円に到達する可能性は100%だ"という考えを示しています。

2020年3月16日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月13日に2.29円付近まで下落したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年3月16日時点では「1ADA=2.69円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年3月9日〜2020年3月16日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年3月9日〜2020年3月16日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

【プレセール中】ユニコーン育成ゲーム『UnicornGO』

【プレセール中】ユニコーン育成ゲーム『UnicornGO』

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

トロン財団:TRXネットワークの「重大な脆弱性」を報告|アクセス不能の危機を回避

トロン財団:TRXネットワークの「重大な脆弱性」を報告|アクセス不能の危機を回避

注目度の高い仮想通貨ニュース

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

Zaif:仮想通貨3銘柄の「取り扱い終了」を発表

Zaif:仮想通貨3銘柄の「取り扱い終了」を発表

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」開始|専用スマホアプリも公開

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」開始|専用スマホアプリも公開

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

コインベースが「日本仮想通貨交換業協会」に参加|サービス提供に進展か

コインベースが「日本仮想通貨交換業協会」に参加|サービス提供に進展か

Coinbase Commerce:仮想通貨決済の処理総額「200億円」を突破

Coinbase Commerce:仮想通貨決済の処理総額「200億円」を突破

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す