Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

by BITTIMES   

次世代型ブラウザとして人気を高めている「Brave(ブレイブ)」は2020年3月24日に、大手仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」と提携を結び、BINANCEの公式サイトにアクセスすることなくブラウザ上でスムーズに仮想通貨を取引することができるウィジット(*1)を追加することを発表しました。
(*1)ウィジット:ホーム画面上でひと目で情報を得られるように小型化されたアプリのこと

こちらから読む:XRP Ledger基盤の銀行アプリ、近日公開へ「仮想通貨」関連ニュース

ブラウザ上で「BINANCEウィジット」の表示が可能に

Brave(ブレイブ)BINANCE(バイナンス)は、Braveブラウザの利用者がブラウザ上でBINANCEを介してスムーズに仮想通貨を取引できるようにするためのウィジット開発に向けて提携を結んだことを発表しました。この新機能は2020年4月に一般公開される予定となっています。

(画像:Brave)(画像:Brave)

BINANCEのウィジットが追加されることによって、Braveブラウザは「仮想通貨売買機能」を提供する唯一のブラウザになるとされています。この機能を利用することによってBraveユーザーは「Binance.com」や「Binance.US」のアカウントに素早くアクセスして、BINANCEで取引可能な様々な仮想通貨を売買したり、資産残高を確認したり、ブラウザを離れることなく入金アドレスを確認することができるようになります。
※BINANCEの全ての機能が利用できる訳ではありません。

(画像:Brave)(画像:Brave)

さらにこのウィジットは「ユーザーのプライバシーも保護するように設計されている」とも説明されています。Braveブラウザは、ユーザーのプライバシー保護を重視していることでも人気を集めているため、これは既存ユーザーにとっても魅力的であると考えられます。BINANCEのウィジットはデフォルトで有効となっていますが、ユーザーは必要に応じてこの機能をオフにしたり、設定を変更したりすることもできるとのことです。

なお、BINANCEのウィジット機能はBraveの開発・テスト用バージョンである「Brave Nightly」のデスクトップバージョンでは2020年3月24日から利用できるようになっています。一般ユーザー向けのバージョンは2020年4月にリリースされる予定となっており、モバイル版での提供については後日改めて報告するとされています。

>>「Brave」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式発表はこちら

2020年3月25日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は今月13日に10円台まで急落したものの、その後はやや回復傾向が見られ始めており、2020年3月25日時点では「1BAT=17.23円」で取引されています。

BATを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年3月11日〜2020年3月25日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年3月11日〜2020年3月25日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

ベーシックアテンショントークン(BAT)を購入することができる暗号資産取引所GMOコインの登録はこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画NEW

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

c0ban取引所運営する「ラストルーツ」仮想通貨交換業のライセンス取得

c0ban取引所運営する「ラストルーツ」仮想通貨交換業のライセンス取得

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

ライトコイン活用したRPGゲーム「LiteBringer(ライトブリンガー)」公開

ライトコイン活用したRPGゲーム「LiteBringer(ライトブリンガー)」公開

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す