Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジェット追加へ

by BITTIMES   

次世代型ブラウザとして人気を高めている「Brave(ブレイブ)」は2020年3月24日に、大手仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」と提携を結び、BINANCEの公式サイトにアクセスすることなくブラウザ上でスムーズに仮想通貨を取引することができるウィジェット(*1)を追加することを発表しました。
(*1)ウィジェット:ホーム画面上でひと目で情報を得られるように小型化されたアプリのこと

こちらから読む:XRP Ledger基盤の銀行アプリ、近日公開へ「仮想通貨」関連ニュース

ブラウザ上で「BINANCEウィジェット」の表示が可能に

Brave(ブレイブ)BINANCE(バイナンス)は、Braveブラウザの利用者がブラウザ上でBINANCEを介してスムーズに仮想通貨を取引できるようにするためのウィジェット開発に向けて提携を結んだことを発表しました。この新機能は2020年4月に一般公開される予定となっています。

(画像:Brave)(画像:Brave)

BINANCEのウィジェットが追加されることによって、Braveブラウザは「仮想通貨売買機能」を提供する唯一のブラウザになるとされています。この機能を利用することによってBraveユーザーは「Binance.com」や「Binance.US」のアカウントに素早くアクセスして、BINANCEで取引可能な様々な仮想通貨を売買したり、資産残高を確認したり、ブラウザを離れることなく入金アドレスを確認することができるようになります。
※BINANCEの全ての機能が利用できる訳ではありません。

(画像:Brave)(画像:Brave)

さらにこのウィジェットは「ユーザーのプライバシーも保護するように設計されている」とも説明されています。Braveブラウザは、ユーザーのプライバシー保護を重視していることでも人気を集めているため、これは既存ユーザーにとっても魅力的であると考えられます。BINANCEのウィジェットはデフォルトで有効となっていますが、ユーザーは必要に応じてこの機能をオフにしたり、設定を変更したりすることもできるとのことです。

なお、BINANCEのウィジェット機能はBraveの開発・テスト用バージョンである「Brave Nightly」のデスクトップバージョンでは2020年3月24日から利用できるようになっています。一般ユーザー向けのバージョンは2020年4月にリリースされる予定となっており、モバイル版での提供については後日改めて報告するとされています。

>>「Brave」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式発表はこちら

2020年3月25日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は今月13日に10円台まで急落したものの、その後はやや回復傾向が見られ始めており、2020年3月25日時点では「1BAT=17.23円」で取引されています。

BATを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年3月11日〜2020年3月25日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年3月11日〜2020年3月25日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

ベーシックアテンショントークン(BAT)を購入することができる暗号資産取引所GMOコインの登録はこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

GUCCI(グッチ)初のNFT作品「Christie's」でオークション販売開始

GUCCI(グッチ)初のNFT作品「Christie's」でオークション販売開始

ベネズエラ独自の仮想通貨ペトロ(PTR)に厳しい意見相次ぐ

ベネズエラ独自の仮想通貨ペトロ(PTR)に厳しい意見相次ぐ

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

仮想通貨取引所「LiteBit」にネム(NEM/XEM)が上場 ー オランダ

仮想通貨取引所「LiteBit」にネム(NEM/XEM)が上場 ー オランダ

アルトコイン市場活性化なるか|NY金融当局「ビットライセンス」規約内容更新へ【5年ぶり】

アルトコイン市場活性化なるか|NY金融当局「ビットライセンス」規約内容更新へ【5年ぶり】

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)取扱いへ|pPLT・ePLTの両方に対応

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)取扱いへ|pPLT・ePLTの両方に対応

SBI FXトレードの「暗号資産CFD」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

SBI FXトレードの「暗号資産CFD」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

The Sandbox「The Mega City 2 LANDセール」4月28日から開催へ

The Sandbox「The Mega City 2 LANDセール」4月28日から開催へ

Coincheck NFT:ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱開始

Coincheck NFT:ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱開始

JCBA「暗号資産の税務申告・税制改正要望に関するアンケート調査」を開始|6月中旬まで

JCBA「暗号資産の税務申告・税制改正要望に関するアンケート調査」を開始|6月中旬まで

FAME MMA「初のPlay to Earnゲームアプリ」iOS・Android向けに提供開始

FAME MMA「初のPlay to Earnゲームアプリ」iOS・Android向けに提供開始

DoraHacks「2000万ドル」を調達|Web3スタートアッププラットフォームを支援

DoraHacks「2000万ドル」を調達|Web3スタートアッププラットフォームを支援

中央アフリカ共和国:ビットコイン(BTC)を「通貨」として採用

中央アフリカ共和国:ビットコイン(BTC)を「通貨」として採用

HEXA(ヘキサ)住民票NFTの「第3回無償配布」登録受付開始

HEXA(ヘキサ)住民票NFTの「第3回無償配布」登録受付開始

ビットバンク×三井住友TH:暗号資産信託会社「日本デジタルアセットトラスト」設立へ

ビットバンク×三井住友TH:暗号資産信託会社「日本デジタルアセットトラスト」設立へ

bitFlyer「友達招待で最大10,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン」開始

bitFlyer「友達招待で最大10,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン」開始

XANAの「ご当地アトムNFT鳥取県編」BINANCE NFTで発売へ:NOBORDERZ

XANAの「ご当地アトムNFT鳥取県編」BINANCE NFTで発売へ:NOBORDERZ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す