米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

by BITTIMES

アメリカ・ニューヨーク州南部地区の連邦地方裁判所は2020年3月24日に、米国証券取引委員会(SEC)が要求していたメッセンジャーアプリTelegram(テレグラム)の独自仮想通貨Gram(グラム)の配布を禁止する"仮差止命令"を認め、テレグラムに対してトークンの配布を控えるように命じました。

こちらから読む:SEC、テレグラムに"財務報告"を要求「Telegram」関連ニュース

「未登録証券の販売に該当する」と判断

Telegram(テレグラム)は2018年に実施したイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で独自仮想通貨「Gram(グラム)」を販売し、約17億ドル(約1,890億円)の資金を調達しましたが、米国証券取引委員会(SEC)は『テレグラムが実施したICOは"未登録証券の販売"であり、証券法に違反している』としてGramトークンの配布を一時的に停止することを要求していました。

アメリカ・ニューヨーク州南部地区の連邦地方裁判所は2020年3月24日にSECからの要求を認め、テレグラムに対して来月に予定されていたGramトークンの発行を控えるように命じました。この"仮差止命令"は一時的なものであるため「Gramトークンの配布が完全に中止される」ということではありませんが、今後の展開によっては「永久的な差止命令」に発展する可能性もあるとして注目が集まっています。

裁判所側は今回公開された書類の中で、仮想通貨が"証券"に該当するかを判定するためのHowey Test(ハウェイ・テスト)に基づいて『Gramを市場で販売することは、必要とされる登録なしで証券を販売することに該当する』との見解を示しています。

Gramトークンは元々2019年10月末に公開される予定となっていましたが、公開直前にSECが緊急声明を発表したことによってその後は議論が続けられており、テレグラムは独自ブロックチェーンである「テレグラム・オープン・ネットワーク(Telegram Open Network/TON)」と「Gramトークン」の公開時期を4月末まで延期することをコミュニティに提案した上で、同意を得て延期を決定していました。

この時点で多くの投資家は「投資金額の約77%で返還を受けること」よりも「SECの訴訟問題を解決してGramトークンを発行すること」を望んでいましたが、ここからさらにトークン配布時期が延期されることになれば、投資金の返還を希望する投資家も増加する可能性があると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月13日〜19日

バスケ業界を代表する「仮想通貨投資家」|NBA選手Spencer Dinwiddie

バスケ業界を代表する「仮想通貨投資家」|NBA選手Spencer Dinwiddie

CARDANO(ADA)の今後に影響大?仮想通貨取引所「IronX」正式オープン【日本語対応】

CARDANO(ADA)の今後に影響大?仮想通貨取引所「IronX」正式オープン【日本語対応】

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

注目度の高い仮想通貨ニュース

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:取引所で「パレットトークン」取扱い開始|PLT価格は40円台まで高騰

コインチェック:取引所で「パレットトークン」取扱い開始|PLT価格は40円台まで高騰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す