BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

by BITTIMES   

仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年4月3日の発表で、仮想通貨関連のデータ配信を行っている大手サイト「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」の買収を完了したことを明らかにしました。

こちらから読む:Binance KR、"取引手数料無料"で公開へ「仮想通貨」関連ニュース

買収後も「公平性・中立性」を維持

BINANCE(バイナンス)が「CoinMarketCap」の買収に向けた交渉を行っていたことは数日前から報じられていましたが、本日3日にはBINANCEから正式に『CoinMarketCapの買収を完了した』ということが発表されました。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は『BINANCEとCoinMarketCapは、自由・透明性・ユーザー重視などの観点で非常によく似ている』と述べており、『今回の買収によって両社共通のビジョンが強化され、業界のさらなる成長を促進し、透明性を高めることができる』と説明しています。

今回の買収の件が明るみになった際には『BINANCEが買収することによってCoinMarketCapで提供される情報の公平性・中立性が損なわれる可能性がある』といった意見が出ていましたが、BINANCEは『CoinMarketCapは創業以来、外部の利害関係者からの独立性を維持しており、今後も"独立した事業体"として引き続き運営される』と強調しています。

CoinMarketCap創設者は「アドバイザー」に

今回の買収に伴い「CoinMarketCap」の創設者であるBrandon Chez(ブランドン・チェズ)氏はCEOを辞任するとのことで、今後は現在同社で最高戦略責任者(CSO)を務めているCarylyne Chan(キャーリン・チャン)氏がCEOとしての役職を引き継ぐとされています。

Brandon Chez氏は辞任後、家族との時間に焦点を当てるものの、今後も"アドバイザー"として「CoinMarketCap」の運営に関わるとのことです。

買収額に関しては以前の報道で「4億ドル(約428億円)」だと報じられていましたが、実際の買収額については"秘密保持契約のために明かすことができない"とされています。なお、過去に報じられた内容では、今回の買収では「現金と株式取得」の形で買収が行われており、支払いには現金だけでなくBINANCE独自の仮想通貨であるバイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)も利用されたと報告されています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

21世紀の効率的な仮想通貨投資ファンド「Quantum Hedge Fund(QHF)」

21世紀の効率的な仮想通貨投資ファンド「Quantum Hedge Fund(QHF)」

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

南アフリカ準備銀行「リテール型中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の調査開始

南アフリカ準備銀行「リテール型中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の調査開始

【重要】Liquid:レバレッジ取引の最大倍率「25倍から4倍」に変更|2019年5月15日から

【重要】Liquid:レバレッジ取引の最大倍率「25倍から4倍」に変更|2019年5月15日から

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す