BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

by BITTIMES

仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」が、独自のマイニングプールを立ち上げていることが明らかになりました。同社はすでにマイニングプールを構築するための専門家を雇っていると伝えられています。

こちらから読む:コインチェック、板取引に"アルトコイン"を追加「取引所」関連ニュース

マイニングプール構築に向け専門家も雇用

BINANCE(バイナンス)が"独自のマイニングプールを立ち上げている"ということは、ロシアのメディアである「Coinlife」が最初に報じていましたが、その後2020年4月1日にBINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏がこの報道内容を認めました。

はい、BinanceMiningPoolが間もなく登場します。👀

私たちが提供する「Staking・Earn・Savings・Loans」といったBinance金融商品の一つとして新たに追加します。

マイニングプールとは、仮想通貨のマイニングを行う人々(マイナー)が集まって共同でマイニングを行い、それによって得られた収益を分配するサービスのことであり、高い計算能力が必要となる仮想通貨のマイニングに個人が参加して収益を得るための方法の一つとして知られています。

BINANCEはマイニングプールのサービス開始に向けて、すでにマイニングプールを構築のための専門家を雇っており、その専門家の中には大手マイニング企業である「BITMAIN(ビットメイン)」の出身者も含まれていると伝えられています。

「Coinlife」の報道によると、BINANCEのマイニングプールは2020年第2四半期(4〜6月)頃に開始される予定だと伝えられています。

>>「Coinlife」の報道はこちら
>>「BINANCE」の新規登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イスラエル発のLayer3ブロックチェーン「Orbs」東京ミートアップ開催へ

イスラエル発のLayer3ブロックチェーン「Orbs」東京ミートアップ開催へ

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

Cardano(ADA)「Catalyst FUND4の有権者登録」期限迫る|本日11日20時まで

Cardano(ADA)「Catalyst FUND4の有権者登録」期限迫る|本日11日20時まで

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

暗号通貨銀行Crypterium(クリプテリウム)CEOにマーク・オブライエン氏が就任

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説