【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

by BITTIMES

ブロックチェーン・仮想通貨業界の著名人が多数参加するブロックチェーンカンファレンス「BlockDown 2020」が2020年4月16日〜18日にかけてオンラインイベントとしてバーチャル空間(VR)上で開催されます。

こちらから読む:Tim Draper、"さらなる経済悪化"を警告「仮想通貨」関連ニュース

「BlockDown 2020」とは

BlockDown 2020は、ブロックチェーン・仮想通貨業界の著名人が数多く参加するブロックチェーンイベントであり、イベント内で議論される内容は「投資・社会的影響・ゲーム・トレード・安全保障・プライバシー・企業・分散型金融(DiFi)」など多岐に渡ります。

イベントに登壇する著名人の中には、
AKON氏(仮想通貨Akoinクリエイター)
Changpeng Zhao氏(BINANCE CEO)
Roger Ver(Bitcoin.com会長)
・Da Hongfei氏(NEO創設者)
・Erik Voorhees氏(ShapeShift.io創設者兼CEO)
・Jimmy Song氏(ビットコイン開発者)
・Mati Greenspan(Quantum Economics創業者)
などといった仮想通貨業界で有名で人物が多数含まれています。

ブロックチェーン関連のカンファレンスはイベント会場で開催されるのが一般的であるため、実際に参加するためにはチケットを購入して実際にイベント会場を訪れる必要がありましたが、最近では新型コロナウイルスの影響を考慮して、バーチャル空間上でイベントを開催するケースも増えてきています。

「BlockDown 2020」もオンライン上で開催される予定となっており、2020年4月16日17時00分〜2020年4月18日05時00分(日本時間)にかけて3Dバーチャル空間上で参加できるようになっています。そのため「BlockDown 2020」には新型コロナウイルスの影響で自宅待機している方でも参加することができ、3D空間上で講演を聞いたり、チャットをしたり、会社のブースを見学したりなど、様々な体験をすることができます。

参加者は自分専用の"3Dアバター"を作成して会場に入ることができ「展示フロア・メインステージ・アフターパーティー」などを自由に歩き回ることができるとのことです。BlockDownの創設者であるErhan Korhaliller氏は今回のカンファンレンスを人気のシミュレーションゲーム「The Sims」の"仮想通貨バージョン"と例えています。

最近では仮想空間上で開催されるブロックチェーン関連イベントが増えてきており、中には"無料"で参加できるものなども存在しているため、興味のある方は参加してみると良いでしょう。

>>「BlockDown 2020」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

イーサリアムブロックチェーン用いた「音楽レーベル」を設立:RAC×Goldroom

イーサリアムブロックチェーン用いた「音楽レーベル」を設立:RAC×Goldroom

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す