PoL:ブロックチェーン学習で「決済用トークンがもらえる」新サービス提供開始

by BITTIMES

ブロックチェーン・仮想通貨のオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営している「株式会社techtec(テックテク)」は2020年4月10日に、カリキュラムを完了することによって"決済用トークン"がもらえる「PoL Payment Token(PPT)」の提供を開始しました。

こちらから読む:bitFlyer、仮想通貨"BAT"の取扱い開始「国内ニュース」

獲得したPoLトークンで「支払い」が可能に

ブロックチェーン・仮想通貨のオンライン学習サービス「PoL(ポル)」は、様々なカリキュラムを学習することによって「PoLトークン」を獲得することができるサービスを提供していましたが、今回の発表ではこの「PoLトークン」を決済で利用することができる「PoL Payment Token」の提供が開始されたことが発表されています。

PoLは学習によって獲得できる「PoLトークン」を
・PoL Verify Token(PVT)
・PoL Payment Token(PPT)
という2つのトークンに分けることによって支払いに利用できる環境を実現しており、これら2つのトークンは
・学習プロセスの可視化(PVT)
・さらなる学習機会の創出(PPT)
という機能性を有していると説明されています。

学習記録を示す「PoL Verify Token(PVT)」

PoL Verify Token(PVT)は「学習プロセスを可視化することを目的としたトークン」であり、PoLユーザーが学習した内容をトークン化(デジタル化)することによって、各ユーザーの学習状況を改ざんが極めて困難なブロックチェーン上で管理できるようにしています。

従来の方法で学歴情報を記録した場合には、何らかの方法でデータが改ざんされてしまう可能性があるため、学歴詐称問題の原因にもなっていましたが、PoLのサービスではカリキュラム完了後に学習プロセスを完了したことを示す「PoL Verify Token(PVT)」がブロックチェーン上で発行されるため、信頼できる形で各ユーザーの学習行動を評価することができます。

なお「PoL Verify Token」は学習プロセスを可視化するためのトークンであるため、一度取得したら減少することはなく、増え続けていくことになります。PVTは今後NFT(代替不可能なトークン)に転換してイーサリアムのブロックチェーンで管理していくとのことです。

決済に利用するための「PoL Payment Token(PPT)」

PoL Payment Token(PPT)は「さらなる学習機会を創出することを目的としたトークン」であり、無料カリキュラムを通じて獲得したPoLトークンを"有料カリキュラム"で使用することができる仕組みを実現しています。

PPTはPoLの学習カリキュラムをこなすことによって「PVTと同量のトークン」を受け取ることができるようになっていますが、PPTは決済に使用するためのトークンであるため、"使用した分だけ減少する"という点でPVTと大きく異なっています。

これらのサービスを要約すると、PoLの利用者は学習カリキュラムを完了することによって
・学習記録を表す「PVT」
・支払いに利用できる「PPT」
を"同量"獲得することができ、自分が学んだ内容を証明する際には「PVT」を、支払いを行う際には「PPT」を使用するということになります。

PoLトークンの「採用企業」なども募集

PoLは今回の発表の中で『今後も学習を起点とした経済圏の創出のためにPPTの使用シーンを増やしていく』と説明しており、「PoLトークンを自社サービスで利用できるようにしたい(例:文房具・衣類・食事など)」という事業者の受付も行っているため、将来的にはより多くの場面でPPTが利用できるようになると期待されます。

同社は、
仮想通貨
ブロックチェーン
・ブロックチェーンの応用
・英語コース
・ライターコース
といった様々なカリキュラムを提供しており、今回の発表では「PoLトークンの獲得量が"100万PoL"を突破したこと」も報告されています。

>>「PoL」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Web3プロジェクト「MetaSolare(メタソレア)」発足|エンターテインメント体験を提供

Web3プロジェクト「MetaSolare(メタソレア)」発足|エンターテインメント体験を提供

bitFlyer Europe「クレジットカード」などによる仮想通貨購入をサポート

bitFlyer Europe「クレジットカード」などによる仮想通貨購入をサポート

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

トロン(TRON/TRX)DApps開発促進に向けた「支援プログラム」を開始

トロン(TRON/TRX)DApps開発促進に向けた「支援プログラム」を開始

北米2位の大手ネットショップ「Newegg」シバイヌ(SHIB)決済対応へ

北米2位の大手ネットショップ「Newegg」シバイヌ(SHIB)決済対応へ

BINANCE:イギリス・ロンドンのバス停に「ビットコイン広告」を掲載

BINANCE:イギリス・ロンドンのバス停に「ビットコイン広告」を掲載

注目度の高い仮想通貨ニュース

自動車大手「Renault」業界初の産業用メタバースを構築

自動車大手「Renault」業界初の産業用メタバースを構築

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

MetaMask「NFTコレクションの価格情報」提供へ|NFTBankと提携

MetaMask「NFTコレクションの価格情報」提供へ|NFTBankと提携

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年10月30日〜11月5日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年10月30日〜11月5日

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「Huobi Japan」の魅力を解説

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「Huobi Japan」の魅力を解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す