PoL:ブロックチェーン学習で「決済用トークンがもらえる」新サービス提供開始

by BITTIMES

ブロックチェーン・仮想通貨のオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営している「株式会社techtec(テックテク)」は2020年4月10日に、カリキュラムを完了することによって"決済用トークン"がもらえる「PoL Payment Token(PPT)」の提供を開始しました。

こちらから読む:bitFlyer、仮想通貨"BAT"の取扱い開始「国内ニュース」

獲得したPoLトークンで「支払い」が可能に

ブロックチェーン・仮想通貨のオンライン学習サービス「PoL(ポル)」は、様々なカリキュラムを学習することによって「PoLトークン」を獲得することができるサービスを提供していましたが、今回の発表ではこの「PoLトークン」を決済で利用することができる「PoL Payment Token」の提供が開始されたことが発表されています。

PoLは学習によって獲得できる「PoLトークン」を
・PoL Verify Token(PVT)
・PoL Payment Token(PPT)
という2つのトークンに分けることによって支払いに利用できる環境を実現しており、これら2つのトークンは
・学習プロセスの可視化(PVT)
・さらなる学習機会の創出(PPT)
という機能性を有していると説明されています。

学習記録を示す「PoL Verify Token(PVT)」

PoL Verify Token(PVT)は「学習プロセスを可視化することを目的としたトークン」であり、PoLユーザーが学習した内容をトークン化(デジタル化)することによって、各ユーザーの学習状況を改ざんが極めて困難なブロックチェーン上で管理できるようにしています。

従来の方法で学歴情報を記録した場合には、何らかの方法でデータが改ざんされてしまう可能性があるため、学歴詐称問題の原因にもなっていましたが、PoLのサービスではカリキュラム完了後に学習プロセスを完了したことを示す「PoL Verify Token(PVT)」がブロックチェーン上で発行されるため、信頼できる形で各ユーザーの学習行動を評価することができます。

なお「PoL Verify Token」は学習プロセスを可視化するためのトークンであるため、一度取得したら減少することはなく、増え続けていくことになります。PVTは今後NFT(代替不可能なトークン)に転換してイーサリアムのブロックチェーンで管理していくとのことです。

決済に利用するための「PoL Payment Token(PPT)」

PoL Payment Token(PPT)は「さらなる学習機会を創出することを目的としたトークン」であり、無料カリキュラムを通じて獲得したPoLトークンを"有料カリキュラム"で使用することができる仕組みを実現しています。

PPTはPoLの学習カリキュラムをこなすことによって「PVTと同量のトークン」を受け取ることができるようになっていますが、PPTは決済に使用するためのトークンであるため、"使用した分だけ減少する"という点でPVTと大きく異なっています。

これらのサービスを要約すると、PoLの利用者は学習カリキュラムを完了することによって
・学習記録を表す「PVT」
・支払いに利用できる「PPT」
を"同量"獲得することができ、自分が学んだ内容を証明する際には「PVT」を、支払いを行う際には「PPT」を使用するということになります。

PoLトークンの「採用企業」なども募集

PoLは今回の発表の中で『今後も学習を起点とした経済圏の創出のためにPPTの使用シーンを増やしていく』と説明しており、「PoLトークンを自社サービスで利用できるようにしたい(例:文房具・衣類・食事など)」という事業者の受付も行っているため、将来的にはより多くの場面でPPTが利用できるようになると期待されます。

同社は、
仮想通貨
ブロックチェーン
・ブロックチェーンの応用
・英語コース
・ライターコース
といった様々なカリキュラムを提供しており、今回の発表では「PoLトークンの獲得量が"100万PoL"を突破したこと」も報告されています。

>>「PoL」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

HEXAメタバースβ版公開|先着順でNFT購入チケットがもらえるキャンペーンも

HEXAメタバースβ版公開|先着順でNFT購入チケットがもらえるキャンペーンも

中国小売大手JD.com「ブロックチェーン研究所」を新たに開設|産業への応用促進

中国小売大手JD.com「ブロックチェーン研究所」を新たに開設|産業への応用促進

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す