スマートフォンに仮想通貨モネロの「マイニング機能」搭載へ:HTC

by BITTIMES

大手携帯電話メーカーとして知られる「HTC」は2020年4月10日に、同社が提供するブロックチェーンスマートフォン「EXODUS 1S」に匿名の高い仮想通貨モネロ(Monero/XMR)の"マイニング機能"を搭載することを明らかにしました。

こちらから読む:GMOコイン、BATの"貸出受付"を開始「仮想通貨」関連ニュース

スマホで効率的に「XMRマイニング」分散化を促進

HTCは同社のブロックチェーンスマートフォンに仮想通貨モネロ(Monero/XMR)のマイニング機能を搭載するために、高性能ASIC(特定用途向け集積回路)チップを開発している「Midas Labs社」と提携しています。Midas Labs社は「DeMiner」と呼ばれるアプリを開発しているため、このアプリを導入することによってXMRのマイニングが可能になるとのことです。

このアプリは、スマートフォンが使用されている時や、充電されていない時には自動的にマイニング機能をオフにするよう設計されているため、"マイニングによってスマートフォンのバッテリーがすぐに無くなる"といった問題を解決できるようになっています。

HTCの分散化チーム担当責任者であるPhil Chen氏は「DeMiner」アプリはマイニングを分散化し、コスト効率を高いものにするのに役立つと語っています。

仮想通貨業界は「巨大なマイニングプールによるハッシュレート(採掘速度)の支配」という脅威にさらされています。この問題を解決する最も効果的な方法は、大勢の人々がマイニングに参加できるようにすることです。

「DeMiner」アプリはスマートフォンによるマイニングの費用対効果を高め、それぞれのマイナーにインセンティブを与え、ネットワークの分散化を支援します。

Midas Labs社によると、一般的なノートパソコンを用いたモネロのマイニングでは「1日あたり約0.156ドル(約16.9円)の電力(65W)を消費して約0.06ドル(約6.5円)相当のXMR」をマイニングすることになるため、コスト効率が悪いとされています。

しかし「EXODUS 1S」と「DeMiner」を用いてマイニングする場合は、1日あたり少なくとも0.0038ドル(約0.41円)相当のXMRをその50%未満の電力でマイニングすることができるとのことです。

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)は特に人気の高い匿名通貨であり、記事執筆時点では時価総額ランキング14位に位置付けられています。日本では資金洗浄などへの悪用を考慮した上で取り扱い中止となっていますが、XMR自体は世界的に需要が高いため、「DeMiner」は世界的に注目を集めています。

なお「DeMiner」アプリは"2020年第2四半期"に利用できるようになる予定だと伝えられています。
>>「EXODUS 1S」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TronTV公開、動画・広告視聴で「仮想通貨がもらえる」ストリーミングプラットフォーム

TronTV公開、動画・広告視聴で「仮想通貨がもらえる」ストリーミングプラットフォーム

Ubisoft:EOSベースのブロックチェーンゲーム企業「Ultra/UOS」と提携

Ubisoft:EOSベースのブロックチェーンゲーム企業「Ultra/UOS」と提携

Braveアプリ:日本のAppStore無料ランキングで「2位」獲得

Braveアプリ:日本のAppStore無料ランキングで「2位」獲得

国税庁:暗号資産の税金制度「変更予定はない」と発言|藤巻議員が矛盾点を指摘

国税庁:暗号資産の税金制度「変更予定はない」と発言|藤巻議員が矛盾点を指摘

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

New Balance×Cardano:ブロックチェーン用いた「サプライチェーン管理」で提携

New Balance×Cardano:ブロックチェーン用いた「サプライチェーン管理」で提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

米ミズーリ州クールバレー市長「全世帯へビットコイン配布」を計画

米ミズーリ州クールバレー市長「全世帯へビットコイン配布」を計画

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す