Chiliz:新型コロナの免疫証明に役立つ「Socios Pass」を考案|試合観戦時の安全対策に

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2020年4月13日、スポーツファンの人々がいち早く試合観戦できるようにするために、新型コロナウイルスに対する免疫情報など記録した「Socios Pass(ソシオスパス)」を発行するアイデアを発表しました。

こちらから読む:BINANCE、BTCオプション取引提供開始「仮想通貨」関連ニュース

Socios Pass(ソシオスパス)とは

チリーズ(Chiliz/CHZ)が発表した「Socios Pass(ソシオスパス)」は、同社が支えているファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」のアカウント情報に紐づけられた個人を識別するための証明書であり、全ての「Socios.com」ユーザーは"Socios Pass"を有していると説明されています。

今回の発表では、この「Socios Pass」に新型コロナウイルスの感染歴と回復歴を記録することによって、スポーツ試合などといった大人数が集まるイベントに参加する際に使用できる"1つの判断基準"として役立てるアイデアが発表されています。

「Socios Pass」に記録される免疫情報は、政府機関やその他の規制機関から発行される"免疫証明書"に基づいてブロックチェーン上に記録される仕組みが採用されているため、情報の信頼性も保つことができると期待されます。

実際に「Socios Pass」を使用する際には、QRコードをスキャンすることによって証明書情報を確認する仕組みが取られており、スタジアム入場前にこれらの情報を確認することによって、試合会場内での感染拡大を防止できると期待されています。

安全対策をとるための「1つのツール」として

「Socios Pass」で新型コロナウイルスの免疫情報を証明するというアイデアは、現時点でコミュニティーや参加クラブなどから肯定的な反応を得ていると報告されています。

ただし、新型コロナウイルスは「回復後に再び感染した」というケースも報告されており、根本的に「検査の精度が完璧ではない」という問題もあるため、"免疫証明"という考え方には批判的な意見も出ており、個人情報保護の観点でも問題視する意見が出ています。

このような意見に対してChilizのCEOであるAlexandre Dreyfus(アレクサンダー・ドレイファス)氏は『私たちは個人情報にアクセスしたいと考えていないし、アクセスしないだろう。ブロックチェーン技術は人々の情報が改ざんされていないことを保証する』と説明しています。

また"免疫証明書"のアイデアに関しては、完璧な解決策ではないがスタジアムで試合を観戦したいファンの人々にとっては他に選択肢がないため、あくまでも"大規模なイベントで安全策を講じるための1つのツール"として考案したということを説明しています。

新型コロナウイルスは現時点で研究が進められている段階であるため「実際に免疫証明書を実用化するかどうか」に関してはこれから議論が行われていくことになると考えられますが、イギリスなどでも「免疫パスポート」を発行する計画などが明かされているため、治療法などが確立してこのような動きが本格化した場合には「Socios Pass」も解決策として広く役立つと期待されます。

>>「Chiliz」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)通貨ペア15種類の分散型取引所DCEXで登録開始|Cardano(ADA)も予定

リップル(XRP)通貨ペア15種類の分散型取引所DCEXで登録開始|Cardano(ADA)も予定

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

ブロックチェーンゲーム資産の「市場価値」を簡単確認|Blockchain Game Infoに新機能追加

ブロックチェーンゲーム資産の「市場価値」を簡単確認|Blockchain Game Infoに新機能追加

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

ブロックチェーン基盤の地震対策コイン「ナマズトークン」を発表:ツバイスペース

ブロックチェーン基盤の地震対策コイン「ナマズトークン」を発表:ツバイスペース

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

ビットポイント「ビットコインがもらえる!新規口座開設キャンペーン」開催

ビットポイント「ビットコインがもらえる!新規口座開設キャンペーン」開催

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す