SOCIOSアプリ:ファントークン・CHZの「出金機能」追加|取引所への送金が可能に

by BITTIMES

スポーツファンと選手をつなぐファン投票&報酬プラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」は、2020年4月9日から「Socios.comアプリ」で保有している仮想通貨チリーズ(Chiliz/CHZ)やファントークンを外部の仮想通貨取引所に出金できるようになったことを発表しました。

こちらから読む:投資会社CEO、BTCの"爆発的上昇"を予想「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨CHZ・ファントークンの「出金」が可能に

Socios.com(ソシオスドットコム)は、仮想通貨やブロックチェーン技術を用いてスポーツファンの人々とスポーツチーム・選手を直接繋ぐサービスを提供しており、「Socios.com」のユーザーは有名なスポーツチームが発行している「公式ファントークン」を購入・収集することによって、"チームの入場曲を決定する"などといった重要な決定を行う際の投票に参加することができます。

これらの「公式ファントークン」や「チリーズ(Chiliz/CHZ)」は、これまでソシオスドットコムのサービス内で利用されていましたが、今回の発表ではこれらの仮想通貨・トークンを外部の仮想通貨取引所に出金できるようになったことが報告されています。

「出金機能」が実装されたことによってアプリ内で仮想通貨CHZを保有している"認証レベル2以上のユーザー"は、アプリ内の「ウォレット(Wallet)」タブへと移動し、「送る(Withdraw)」を選択することによって
BINANCE(バイナンス)
・Paribu(パリブ)
・Upbit(アップビット)
・Bitpanda(ビットパンダ)
などといった世界中の仮想通貨取引所にCHZを出金することができるようになります。

(画像:Socios.com)(画像:Socios.com)

また「ファントークン」と「CHZ」は、世界初のスポーツ&エンタメ向け暗号資産取引プラットフォーム「Chiliz.net」に送金することができます。現在出金可能なファントークンは「Juventus FC(ユヴェントスFC)」のファントークン"JUV"となっており、そのほかのファントークンも順次出金できるようになる予定だとされています。

「Socios.com」のアプリには、拡張現実(AR)の機能を使用して各種トークンを収集できる「Token Hunt(トークンハント)」と呼ばれる機能も実装されているため、ファントークンやCHZは無料で入手することも可能です。今回新たに「出金機能」が追加されたことによって、CHZの流動性向上にも繋がると期待されます。

>>「Socios.com」の公式発表はこちら
>>「Chiliz」の公式発表はこちら

2020年4月13日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格は先月13日に0.5円付近まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2020年4月13日時点では「1CHZ=0.69円」で取引されています。

CHZを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月13日〜2020年4月13日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2020年2月13日〜2020年4月13日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

IG証券株式会社:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

IG証券株式会社:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

バハマが仮想通貨を試験導入!ブロックチェーン・アイランド計画進行中

バハマが仮想通貨を試験導入!ブロックチェーン・アイランド計画進行中

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所:最大5,000円相当のRYOがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」開始

c0ban取引所:最大5,000円相当のRYOがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」開始

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す