仮想通貨への関心「女性・若者」の間で大幅増加:CoinMarketCap調査報告

by BITTIMES   

仮想通貨(暗号資産)関連の様々な情報を発信している「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」は、2020年5月1日に仮想通貨市場やユーザーの傾向をまとめたレポートの"2020年第1四半期版"を公開しました。このレポートでは、世界複数の地域に住む女性や若者の間で仮想通貨への関心が高まっていることが報告されています。

こちらから読む:EOS開発企業、"SNS投稿の収益化"で特許取得「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨市場レポート「2020年第1四半期版」公開

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)は2020年5月1日に、仮想通貨市場やユーザーの傾向をまとめた2020年第1四半期版のレポートを公開しました。このレポートは「独自の時価総額データ」や「同社の大規模なユーザー基盤」に基づいて作成されたと説明されています。

女性ユーザー数は「43.24%」増加

今回のレポートでは、女性ユーザーの数が前四半期と比べて43.24%増加したことが報告されています。

地域別に見ると「アメリカヨーロッパでは50%以上の増加が見られており、コロンビアベネズエラルーマニア・ギリシャなどの国々では女性ユーザーが80%以上増加した」と報告されています。

(画像:CoinMarketCap)(画像:CoinMarketCap)

若者ユーザー数は「46.04%」増加

また、若者のユーザー数(18〜24歳)は前四半期と比べて46.04%増加したとも報告されています。

若者ユーザー数に関しては、特定の地域で大幅な増加が確認されたことも報告されており、オセアニア大陸では151.95%、アフリカ大陸では91.47%、インドイギリススペインメキシコなどでも80%以上の増加が確認されたと報告されています。

(画像:CoinMarketCap)(画像:CoinMarketCap)

順調に成長を続ける仮想通貨市場

CoinMarketCapはその他複数のデータを調査した上での結論として『これらのデータは仮想通貨業界がいかに初期段階であり、進化し続けているかを示している』と述べています。

仮想通貨への関心が高まっている理由としては、最も有名な仮想通貨であるビットコイン(BTC)半減期が2020年5月12日頃に控えていることなどが影響していると考えられますが、コインマーケットキャップはBTC以外の様々な仮想通貨でも大きな成長が見られていることを報告しているため、半減期以外の面でも関心は高まっていると考えられます。

先月3日に「CoinMarketCapの買収」を発表した大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)はここ数ヶ月間で急速にサービス提供地域を拡大しており、様々な国の法定通貨をサポートしているため、このような取り組みもユーザー増加を促進していると予想されます。

BINANCEは昨年末に「合計180種類の法定通貨をサポートする」という目標を明かしているため、BINANCEでサポートされる法定通貨が拡大されれば、ユーザー数もさらに増加していくことになると期待されます。

>>「CoinMarketCap」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

香取慎吾氏「NFTアートチャリティプロジェクト」開催へ|寄付金はパラサポに全額寄付

香取慎吾氏「NFTアートチャリティプロジェクト」開催へ|寄付金はパラサポに全額寄付

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

英金融規制当局「Binance Group」について消費者に警告

英金融規制当局「Binance Group」について消費者に警告

2018年12月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年12月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

ビットバンク「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱いへ

ビットバンク「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

元IOHKの主力エンジニア、カルダノ関連開発企業「dcSpark」に入社

元IOHKの主力エンジニア、カルダノ関連開発企業「dcSpark」に入社

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

ビットポイント「カルダノ・エイダ(ADA)がもらえる口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント「カルダノ・エイダ(ADA)がもらえる口座開設キャンペーン」開始

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

LINE BITMAX:NFT・現金・ギフト券がもらえる「6つの記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:NFT・現金・ギフト券がもらえる「6つの記念キャンペーン」開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す