仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

by BITTIMES

最大100倍のレバレッジ取引を行うことができることなどで知られている海外の大手仮想通貨デリバティブ取引所「Deribit(デリビット)」が、日本居住者のアクセスを制限し、日本市場から撤退することが明らかになりました。

こちらから読む:Huobi Japanで"お友達紹介キャンペーン"開催中「取引所」関連ニュース

仮想通貨規制厳格化を受け「日本市場から一時撤退」

日本では2020年5月1日から仮想通貨関連の法律が改正されたため、先月末には大手仮想通貨取引所「BitMEX(ビットメックス)」が日本居住者のアクセスを制限することを発表していましたが、この流れに続いて海外の大手仮想通貨取引所である「Deribit(デリビット)」も日本市場から撤退することが明らかになりました。

Deribit(デリビット)はプロトレーダー向けのビットコインオプション取引サービスを提供している他、最大100倍のレバレッジ取引サービスなども提供しており、ビットコインオプションの世界シェアでは1位を獲得していました。

複数の報道によると、今回の対応は「日本の仮想通貨関連規制が厳格化されたこと」を受けて取られたものであり、これらのルールに対応するために日本ユーザーへのサービスを停止する必要があったことが報告されています。そのため、同社は2020年5月1日時点で「日本居住者のサービス利用」を停止しており、公式サイトでも「日本居住者の新規登録」は既にできなくなっています。

ただし同社は"将来的に日本の規制に準拠した上で仮想通貨取引サービスを再び提供すること"も検討しているとのことです。

日本で有名なその他の海外取引所としては「OKEx」や「FTX」などが挙げられますが、これらの取引所も日本の仮想通貨規制に対応したベストな解決策を取るための検討を行っていると報告されているため、今後はその他の仮想通貨取引所からも同様の発表が行われる可能性はあると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

カルダノ(Cardano/ADA)ウォレット数「100万」を突破|半年で約5倍に増加

カルダノ(Cardano/ADA)ウォレット数「100万」を突破|半年で約5倍に増加

OasysのLayer2ブロックチェーン「HOME Verse」正式稼働|掲載タイトルも発表

OasysのLayer2ブロックチェーン「HOME Verse」正式稼働|掲載タイトルも発表

Coinbase「仮想通貨オープン特許アライアンス(COPA)」に参加

Coinbase「仮想通貨オープン特許アライアンス(COPA)」に参加

HashGames:牧場育成シミュレーションゲーム「サンシャイン牧場」のNFT版リリースへ

HashGames:牧場育成シミュレーションゲーム「サンシャイン牧場」のNFT版リリースへ

ブラジル最大手銀行「仮想通貨取引サービス」提供開始|取扱銘柄も拡充予定

ブラジル最大手銀行「仮想通貨取引サービス」提供開始|取扱銘柄も拡充予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説