仮想通貨マイニングに「スーパーコンピューター」を悪用|不正アクセス報告相次ぐ

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)のマイニングを行うことを目的として、大学などに設置されているスーパーコンピューターに不正アクセスを行うケースが多発していることが「ZDNet」などの報告によって明らかになりました。

こちらから読む:BTCトランザクション手数料、約10倍に増加「仮想通貨」関連ニュース

ヨーロッパ周辺地域で「多数の不正アクセス報告」

「仮想通貨のマイニングを行うために他人のコンピューターをハッキングして計算能力を不正利用する」という手口は以前から数多く報告されており、日本国内でもニュースになっていましたが、今回の報道では一般的なコンピューターよりも優れた計算能力を有している「スーパーコンピューター」を標的とした不正アクセス行為が相次いでいることが報告されています。

スーパーコンピューターをターゲットにした不正アクセス行為は「イギリスドイツスイススペイン」などといったヨーロッパ周辺の広い地域で行われていると報告されており、主に大学が研究などのために使用しているスーパーコンピューターが標的にされていると伝えられています。

具体的には、2020年5月10日にイギリスの「エジンバラ大学」が"スーパーコンピューターで不正ログインが検知された"と発表していますが、同大学は検知後にシステムをシャットダウンして、コンピューターを遠隔操作するための「SSHパスワード」をリセットすることによってそれ以上の侵入を防いだと報告しています。

しかしその同日には、ドイツの「bwHPC」からも同様の報告が行われており「シュトゥットガルト大学・カールスルーエ工科大学・ウルム大学・テュービンゲン大学」などで運用されている同組織の高性能コンピューティングクラスター5つがシャットダウンされたと発表されています。

盗まれたSSH認証情報を利用して不正アクセス

米国のサイバーセキュリティ企業「Cado Security」が2020年5月16日に公開した分析結果によると、不正アクセスを行った攻撃者は"盗まれたSSH認証情報"を利用してスーパーコンピュータークラスターへのアクセスを獲得したとみられています。

これらの認証情報は、スーパーコンピューターで処理を実行するためのアクセス権を持つ大学研究者から盗まれたものであり、乗っ取られたSSHのログインアカウントは「カナダ中国ポーランド」の研究者のものだったとされています。

またこれら複数の不正アクセスに関しては『その全てが同じグループによる犯行である確証はないものの、マルウェアのファイル名が似ていることや、ネットワークに残っていた情報などから、同じグループが実行した可能性もある』ということも報告されています。

具体的には『攻撃者は"CVE-2019-15666"の脆弱性を悪用してrootアクセスを獲得した後に、仮想通貨モネロ(Monero/XMR)をマイニングするためのアプリケーションを展開したとみられる』と報じられています。

モネロ(Monero/XMR)は、マイニングに特定用途向け集積回路(ASIC)を使用するビットコインなどの仮想通貨とは違いCPUでマイニングを行っても採算が取れる傾向にあり、匿名性が高く追跡が困難な仮想通貨であるため、不正行為などに悪用される事例が多数報告されています。

XMRは世界中で人気の仮想通貨の1つであり、時価総額ランキングでも14位前後をキープしていますが、最近では犯罪行為への悪用を懸念してXMRを上場廃止にする事例も増えてきており、最近では韓国の大手取引所である「Huobi Korea(フォビコリア)」や「Bithumb(ビッサム)」でもXMRの取扱いを終了とすることが発表されています。

>>「ZDNet」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

香港証券先物委員会:規制範囲「全ての暗号資産取引所」に拡大へ

香港証券先物委員会:規制範囲「全ての暗号資産取引所」に拡大へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す