主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

by BITTIMES

Telegram(テレグラム)を使用してビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、エックスアールピー(XRP)といった主流の仮想通貨や、クレジットカード情報を盗む「Masad Clipper and Stealer」と呼ばれるマルウェアが闇市場で販売されていることが「Juniper Threat Labs」の報告で明らかになりました。

こちらから読む:BITPoint Japan、送金サービス再開へ「仮想通貨」関連ニュース

市販のマルウェア「Masad Clipper and Stealer」

闇市場で見つかった「Masad Stealer」の広告(画像:juniper.net)闇市場で見つかった「Masad Stealer」の広告(画像:juniper.net)

「Masad Clipper and Stealer」は、仮想通貨・プライベートパスワード・クレジットカード情報などを盗む 新しいマルウェアであり、"市販のマルウェア"として闇市場で販売されているため、悪意を持った複数のハッカーに悪用される可能性があると報告されています。

このマルウェアが盗む可能性のある仮想通貨としては、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
モネロ(Monero/XMR)
ダッシュ(Dash/DASH)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
などが挙げられており、クリップボードにコピーされた仮想通貨ウォレットアドレスをハッカーのアドレスに自動的に置き換えることによってユーザーの資金を盗むと伝えられています。

マルウェアは「Windows OS」で動作し、一度被害者のコンピューターにインストールされると
・仮想通貨ウォレット
・PCおよびシステム情報
・クレジットカードのブラウザデータ
・ブラウザのパスワード
・インストールされたソフトウェアとプロセス
・デスクトップファイル
・デスクトップのスクリーンショット
・ブラウザのクッキー
・Steamファイル
・オートフィルブラウザのフィールド
・DiscordとTelegramデータ
・FileZillaファイル
などの情報を盗み出すとのことです。

報告によると、マルウェアに接続されているビットコインアドレスは既に9,000ドル(約97万円)以上のBTCを受け取っているとされているため、実際に被害を受けたユーザーが存在している可能性があります。

このマルウェアは、正当なツールを装っていたり、サードパーティ製のツールに組み込まれています。このマルウェアを使用してユーザー情報を盗んでいる人々は、それらのツールを「ダウンロードサイト」や「ファイル共有サイト」などに掲載することによってエンドユーザーのPCへとマルウェアを送り込むため、いろいろなツールを頻繁にダウンロードしている人は注意が必要です。

「Masad Clipper and Stealer」に関する詳しい情報は、以下のサイトで詳しく説明されています。
>>「Masad Clipper and Stealer」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

X(Twitter)の有料化はデマ?「少額課金プラン導入の計画」が話題に

X(Twitter)の有料化はデマ?「少額課金プラン導入の計画」が話題に

SBI VCトレード「取引所サービス」正式リリース|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード「取引所サービス」正式リリース|記念キャンペーンも開催

新作ゲーム「GOLDEN BROS」の早期アクセス・追加プレセール情報公開:ネットマーブル

新作ゲーム「GOLDEN BROS」の早期アクセス・追加プレセール情報公開:ネットマーブル

注目度の高い仮想通貨ニュース

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

MicroStrategy「1,200億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は競争状態に

MicroStrategy「1,200億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は競争状態に

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す