主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

by BITTIMES

Telegram(テレグラム)を使用してビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、エックスアールピー(XRP)といった主流の仮想通貨や、クレジットカード情報を盗む「Masad Clipper and Stealer」と呼ばれるマルウェアが闇市場で販売されていることが「Juniper Threat Labs」の報告で明らかになりました。

こちらから読む:BITPoint Japan、送金サービス再開へ「仮想通貨」関連ニュース

市販のマルウェア「Masad Clipper and Stealer」

闇市場で見つかった「Masad Stealer」の広告(画像:juniper.net)闇市場で見つかった「Masad Stealer」の広告(画像:juniper.net)

「Masad Clipper and Stealer」は、仮想通貨・プライベートパスワード・クレジットカード情報などを盗む 新しいマルウェアであり、"市販のマルウェア"として闇市場で販売されているため、悪意を持った複数のハッカーに悪用される可能性があると報告されています。

このマルウェアが盗む可能性のある仮想通貨としては、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
モネロ(Monero/XMR)
ダッシュ(Dash/DASH)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
などが挙げられており、クリップボードにコピーされた仮想通貨ウォレットアドレスをハッカーのアドレスに自動的に置き換えることによってユーザーの資金を盗むと伝えられています。

マルウェアは「Windows OS」で動作し、一度被害者のコンピューターにインストールされると
・仮想通貨ウォレット
・PCおよびシステム情報
・クレジットカードのブラウザデータ
・ブラウザのパスワード
・インストールされたソフトウェアとプロセス
・デスクトップファイル
・デスクトップのスクリーンショット
・ブラウザのクッキー
・Steamファイル
・オートフィルブラウザのフィールド
・DiscordとTelegramデータ
・FileZillaファイル
などの情報を盗み出すとのことです。

報告によると、マルウェアに接続されているビットコインアドレスは既に9,000ドル(約97万円)以上のBTCを受け取っているとされているため、実際に被害を受けたユーザーが存在している可能性があります。

このマルウェアは、正当なツールを装っていたり、サードパーティ製のツールに組み込まれています。このマルウェアを使用してユーザー情報を盗んでいる人々は、それらのツールを「ダウンロードサイト」や「ファイル共有サイト」などに掲載することによってエンドユーザーのPCへとマルウェアを送り込むため、いろいろなツールを頻繁にダウンロードしている人は注意が必要です。

「Masad Clipper and Stealer」に関する詳しい情報は、以下のサイトで詳しく説明されています。
>>「Masad Clipper and Stealer」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

Xtheta「新規上場暗号資産のアンケート調査」を実施|ADA・BRDなども候補に

Xtheta「新規上場暗号資産のアンケート調査」を実施|ADA・BRDなども候補に

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す