【Klaytn】韓国Kakaoのブロックチェーンが「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

by BITTIMES   

韓国のインターネット大手「Kakao(カカオ)」のパブリックブロックチェーンプロジェクトである「Klaytn(クレイトン)」は、2020年5月18日に分散型オラクル(*1)ネットワークである「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とのパートナーシップを発表しました。
(*1)オラクル:ブロックチェーンと世の中の情報を繋ぐシステムのこと。このシステムを利用することによって、ブロックチェーンの外部から情報・データを引っ張ってくることができる

こちらから読む:BINANCE、中国ドメインのウェブサイト公開「仮想通貨」関連ニュース

Klaytnエコシステムと外部リソースを接続

Kakao(カカオ)のパブリックブロックチェーンプロジェクトである「Klaytn(クレイトン)」は2020年5月18日に、分散型オラクルネットワークである「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」がKlaytnのエコシステムに参加したことを発表しました。

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は「異なるブロックチェーン同士」や「データプロバイダー・Web API・IoTデバイス・支払いシステム」などを安全かつ信頼性の高い方法で繋ぐ、オープンソースの分散型オラクルネットワークであり、CoinMarketCapにおける時価総額ランキングでは記事執筆時点で13位に位置付けられています。

Chainlinkのネットワークが「Klaytn」のエコシステムに統合されることによって、Klaytnのスマートコントラクトはブロックチェーン外部のリソースに接続することができるようになり、実世界のデータやシステムにアクセス可能なアプリケーションを作成することができるようになると説明されています。これらの外部リソースとのつながりは「分散型金融(DeFi)・Non-Fungible Token(NFT)・保険・ゲーム」などといった様々な市場で利用することができるとのことです。

(画像:Klaytn)(画像:Klaytn)

Klaytnの開発を担っているKakaoのブロックチェーン関連会社「Ground X」のプラットフォームグループ責任者であるSangmin Seo氏は『Chainlinkは従来のインフラストラクチャとの相互運用が可能なブロックチェーンアプリケーションを構築するための安全なオラクルフレームワークをKlaytnに提供するため、様々な市場でより高度な製品を開発できるようになる』と説明しています。

また、Chainlinkの共同創設者であるSergey Nazarov(セルゲイ・ナザロフ)氏は『Chainlinkを統合することによって、Klaytnは"ブロックチェーンの大量採用"という目標に向けてプロジェクトを加速させることができる』と語っています。

Klaytnは「エンターテイメントゲーム旅行スポーツ美容食品金融ヘルスケアソーシャルメディア」などといった"幅広い業界を巻き込んだ大規模なブロックチェーンエコシステム"を構築しており、現在も提携企業の拡大を続けているため、Chainlinkの技術を活用することによって、エコシステム全体でサービスの利便性を向上させることができると期待されます。

>>「Klaytn」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バンドルカードとは?手数料が安い・使えるお店使えないお店一覧

バンドルカードとは?手数料が安い・使えるお店使えないお店一覧

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

TRON:ステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」立ち上げ

TRON:ステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」立ち上げ

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

仮想通貨投資企業Genesis Block Ventures「OMG Network」を買収

仮想通貨投資企業Genesis Block Ventures「OMG Network」を買収

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す