デジタルドルプロジェクト:米CBDCの基盤となる「ホワイトペーパー」公開

by BITTIMES

米国連邦準備制度理事会(FRB)が発行する中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタルドル」についての調査・研究・提案などを行うプロジェクトである「Digital Dollar Project(デジタルドルプロジェクト)」は、2020年5月28日にデジタルドルの目的や使用例などを説明したホワイトペーパーを公開しました。

こちらから読む:フランス中銀、デジタルユーロのテストに成功「CBDC」関連ニュース

デジタルドルプロジェクトとは

Digital-Dollar-Project-logo

Digital Dollar Project(デジタルドルプロジェクト)とは、米ドルのデジタル化に向けた取り組みを推進する非営利団体である「Digital Dollar Foundation(デジタルドル財団)」と、コンサルティング大手「Accenture(アクセンチュア)」のパートナーシップによって立ち上げられたプロジェクトです。

「デジタルドル財団」は米商品先物取引委員会(CFTC)の元委員長であるJ.Christopher Giancarlo(J・クリストファー・ジャンカルロ)氏、LabCFTCの元ディレクターであるDaniel Gorfine(ダニエル・ゴーファイン)氏、投資家のCharles Giancarlo(チャールズ・ジャンカルロ)氏らによって設立され、連邦準備制度理事会(FRB)とは別に活動を行なっています。

このプロジェクトは、米国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)にあたる"デジタルドル"のメリットに関する研究や議論を促進し、デジタルドルの開発・テスト・採用を検討する際になど活用できるモデルを提案することを目的としていると説明されています。

ホワイトペーパーで「デジタルドル」の概要説明

今回公開されたホワイトペーパーでは、
・デジタルドルプロジェクトの概要
・中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概要・説明
・デジタルドルの具体的な内容やメリット
・デジタルドルの活用方法
などといった様々な項目について、合計50ページの資料で詳しく説明されています。

デジタルドルプロジェクトが提案している"デジタルドル"は、現行の通貨を置き換えるのではなく、すでに流通している硬貨や紙幣と共存するものであることが説明されており、通貨の流通は"既存の2層銀行システムを維持すべきである"とされています。

デジタルドルは「金融機関間の取引で利用される"ホールセール決済"」と「企業・個人が利用する"リテール決済"」の両方で活用されることとなっており、FRBは商業銀行などの金融機関にデジタルドルを発行して流通させ、消費者の人々は自分の口座に資金を保管したり、デジタルウォレットでデジタルドルを保管したりできる仕組みとなっています。

(画像:Digital Dollar Project ホワイトペーパー )(画像:Digital Dollar Project ホワイトペーパー )

ホワイトペーパーでは『非常に重要な公共財である米ドルのインフラをアップグレードすることによって、現在・将来の世代に柔軟性・オプション性・安定性・繁栄がもたらされると信じている』と説明されており、デジタルドルを発行することによってもたらされる利点が強調されています。

また、規制要件を満たすために「プライバシー対策・本人確認・資金洗浄対策」なども導入されることになっており、金融政策やインフレ対策に影響を与えないように、あくまでも"新しいツール"として活用していくことが説明されています。

米ドルに裏付けられたステーブルコインは既に複数発行されていますが、デジタルドルはそのような民間企業の取り組みに対抗するためのものではないとのことで、イノベーションのきっかけとなる存在を目指しているとのことです。

今後の取り組みとしては、潜在的なユースケースの調査やテストなどを実施していく予定であるとされており、パブリック・プライベート両方の主要な構成グループとの議論も行なっていくと説明されています。

>>「デジタルドルプロジェクト」のホワイトペーパーはこちら(PDF)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ゴールドマンサックス「独自仮想通貨」発行の可能性|CEOが語る金融業界の今

ゴールドマンサックス「独自仮想通貨」発行の可能性|CEOが語る金融業界の今

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

SBI・三井住友「デジタル分野」で提携|ブロックチェーン投資の新ファンドでも協力

SBI・三井住友「デジタル分野」で提携|ブロックチェーン投資の新ファンドでも協力

米国議員全員をトークン化、仮想通貨取引所「McAfeeDex」上場へ:ジョン・マカフィー

米国議員全員をトークン化、仮想通貨取引所「McAfeeDex」上場へ:ジョン・マカフィー

Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

デジタル担当相に「ブロックチェーン推進派」の平井卓也氏|業界で期待高まる

デジタル担当相に「ブロックチェーン推進派」の平井卓也氏|業界で期待高まる

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

コインチェック:暗号資産「アイオーエスティー(IOST)」取扱いへ【日本国内初】

コインチェック:暗号資産「アイオーエスティー(IOST)」取扱いへ【日本国内初】

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

BINANCE:イギリス・ロンドンのバス停に「ビットコイン広告」を掲載

BINANCE:イギリス・ロンドンのバス停に「ビットコイン広告」を掲載

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

ビットポイント:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ビットポイント:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す