Braveアプリ:日本のAppStore無料ランキングで「2位」獲得

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)ブロックチェーン技術を取り入れた次世代型ブラウザ「Brave(ブレイブ)」は2020年6月6日のツイートで、Braveアプリが日本のAppStore無料ランキングで2位、Google Playの無料ランキングで7位を獲得したことを報告しました。

PayPay・TikTokなどを抑え「ランキング上位」に

Brave(ブレイブ)の日本向けTwitterアカウントは、2020年6月6日のツイートで「Braveアプリ」がAppStoreの無料アプリランキングで2位を、Google Playの無料アプリランキングで7位を獲得したことを発表しました。

ランキング上位には「TikTok・PayPay・Instagram・LINE」などといった日本中で非常に多くの人々に利用されている人気のアプリがランクインしていますが、Braveはそれらのアプリを抑えて上位を獲得しています。

Braveブラウザは「広告のブロック機能」や「暗号資産BAT(日本ではBATポイント)による報酬・寄付機能」などを搭載したプライバシー重視型の次世代ブラウザーとして世界的に人気を集めており、今月1日には月刊アクティブユーザー数が1,500万人を突破したことも報告されていました。

ここ最近では新たな機能も追加され初めており、今年3月にはBATが「Amazon・Apple・Starbucks・PlayStation」などのギフト券と交換できるようになったことが発表された他、先月末には無制限の人々が同時参加できるビデオ通話機能「Brave Together」のテストが行われていることなども報告されています。

また先日4日には、日本国内のeスポーツチーム&ブランド「Rush Gaming(ラッシュゲーミング)」と連携した限定版のブラウザなども発表されているため、今後もBraveユーザー数はさらに増加していくことになると予想されます。

>>「Braveの日本向け公式サイト」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

前澤友作氏のMZDAO「クレカなし初期メンバー募集」開始|目標は年間利益100億円以上

前澤友作氏のMZDAO「クレカなし初期メンバー募集」開始|目標は年間利益100億円以上

ビットポイント「チェーンリンク(Chainlink/LNK)の現物取引サービス」提供へ

ビットポイント「チェーンリンク(Chainlink/LNK)の現物取引サービス」提供へ

The Sandbox「メタバース関連スタートアップ支援プログラム」開始|約58億円を投資

The Sandbox「メタバース関連スタートアップ支援プログラム」開始|約58億円を投資

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説