PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

by BITTIMES

暗号資産決済などのプロジェクトを手かげている「プンディエックス(Pundi X/NPXS)」は2020年6月6日に、日本のAmazon(アマゾン)で同社が展開している暗号資産決済に対応したPOSレジ端末「Pundi XPOS X2」の販売受付が開始されたことを発表しました。

こちらから読む:Brave、日本のAppStore無料ランキングで2位獲得「国内ニュース」

日本のAmazonで「XPOS」の販売受付開始

プンディエックス(Pundi X/NPXS)の日本向けTwitterアカウントは、2020年6月6日のツイートで同社が展開している暗号資産決済対応のPOSレジ端末(*1)「Pundi XPOS X2」の販売受付が日本のAmazon(アマゾン)で開始されたことを発表しました。XPOS端末を店舗などで導入する場合には、先に実機を購入して契約に進む形式になっていると説明されています。
(*1)POS端末:それぞれの商品がいつ、いくらで、何個売れたか?といった情報を収集・管理する端末のこと。商品の販売に関する詳しいデータを蓄積・分析することができるため、売上改善や業務効率化などに役立つ。

PundiXが展開している「XPOS」端末は暗号資産決済に対応したPOSレジ端末であり、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ネム(NEM/XEM)
バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)
クアンタム(Qtum/QTUM)
・ダイ(Dai/DAI)
・エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)
・プンディエックス(Pundi X/NPXS)
などといった20種類以上の暗号資産に対応しています。

この端末を導入すれば店舗・屋台経営者などは暗号資産に関連する専門知識を有していなくても比較的簡単に暗号資産決済を導入することができ、支払いを行う消費者の人々はPundiXが開発したモバイルアプリ「XWallet」やNFCカード「XPASS」などでスムーズに支払いを完了することができます。XPOSを利用すれば、ビットコイン決済でも約9秒ほどで支払いを完了することができるとのことです。

PundiXの暗号資産決済技術は世界的に普及してきており、昨年7月には世界150カ国に3,500万台以上の決済デバイスを提供している「VeriFone(ベリフォン)」の製品にPundiXの暗号資産決済技術が統合されたことなども報告されているため、日本市場での普及にも期待が高まります。XPOSを介した支払いにかかる手数料は0.5%以下となっており、XPOSの本体価格は35,000円となっています。

2020年6月8日|PundiX(NPXS)の価格

プンディエックス(PundiX/NPXS)の価格は今年3月に0.008円まで下落したものの、その後はやや回復してきており、2020年6月8日時点では「1NPXS=0.016円」で取引されています。

>>NPXSを取り扱っている取引所「BINANCE」はこちら

2020年3月10日〜2020年6月8日 NPXSのチャート(引用:coingecko.com)2020年3月10日〜2020年6月8日 NPXSのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

音楽配信サービスに「ブロックチェーン・NFT」活用|BlockBaseがネットレーベルと協力

音楽配信サービスに「ブロックチェーン・NFT」活用|BlockBaseがネットレーベルと協力

東京ハッシュ:貸暗号資産サービスで「コスモス(ATOM)」取扱開始

東京ハッシュ:貸暗号資産サービスで「コスモス(ATOM)」取扱開始

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

コスモス(Cosmos/ATOM)価格上昇続く|1年ぶりに「過去最高値」を突破

コスモス(Cosmos/ATOM)価格上昇続く|1年ぶりに「過去最高値」を突破

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

注目度の高い仮想通貨ニュース

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す