ビットコインの「GiveAway詐欺」止まらず|数億円規模の被害報告も

by BITTIMES

著名人の名前を悪用して『ビットコイン(Bitcoin/BTC)を送金してくれれば、その倍額を返却する』などと主張し、暗号資産保有者から暗号資産を騙し取ろうとする「GiveAway(ギブアウェイ)詐欺」は、現在も様々な場面で続けられていると報告されています。最近の報告では『2020年4月下旬に作成された66の詐欺アドレスは200万ドル(約2億円)以上に相当するBTCを受け取っている』と伝えられています。

こちらから読む:BTC、トレード目的の保有は全体の19%「暗号資産」関連ニュース

BTCのギブアウェイ詐欺、短期間で「2億円以上」の被害

暗号資産業界では数年前から著名人などの名前を悪用して『ビットコインを送金してくれれば、その倍額を返却する』などと主張することによって、暗号資産保有者から暗号資産を騙し取ろうとする「GiveAway(ギブアウェイ)詐欺」が横行しています。

このような詐欺行為は「Twitter(ツイッター)」や「YouTube(ユーチューブ)」などといった有名なサービス上で今も続けられており、これまでにも様々な企業やメディアなどから注意喚起が行われていましたが、現在も被害者は増えていることが報告されています。

「Zdnet」の報道によると、サイバーセキュリティ企業「Adaptiv(アダプティブ)」のCEOであるJustin Lister氏は、ハッカーや犯罪者などが使用しているビットコインアドレスを公開しているサイト「Bitcoinabuse.com」に報告されたアドレスを追跡した上で『2020年4月下旬に作成された66のアドレスが200万ドル(約2億円)以上に相当する201BTC以上を受け取った』と報告しています。

イーロン・マスク氏などの名前を悪用

201BTC以上を受け取ったとされるこのアドレスは「SpaceX(スペースX)」や「Tesla(テスラ)」のCEOとして知られるElon Musk(イーロン・マスク)氏の名前を使用して詐欺行為を行なっている詐欺師のものであり、「1Musk…」や「1Elonmusk…」などといったウォレットアドレスを使用していると伝えられています。

Elon Musk(イーロン・マスク)氏は「ギブアウェイ詐欺」で名前が悪用されている人物の1人として広く知られていますが、実際にはその他にも様々な著名人の名前が悪用されていることが報告されており、別の報道では以下のような人物も詐欺師に名前を悪用されていると報告されています。
・Jeff Bezos氏(Amazon CEO)
・Bill Gates氏(Microsoft創設者)
・Eric Sc​​hmidt氏(元Google CEO)
・Tim Sweeney氏(Epic Games CEO)
・Daymond John氏(FUBU CEO)
Steve Wozniak氏(Apple共同創設者)
Brian Armstrong氏(Coinbase CEO)
Robert Kiyosaki氏(金持ち父さん貧乏父さん 著者)

このような著名人の中には『実際に自分自身が暗号資産を保有している』ということを公言している人物も含まれていますが、だからといって『暗号資産を無料でプレゼントする』などと公言している人物はいないため、『ビットコインを2倍にして返却する』などと主張する人物に暗号資産を送金するのは避けるのが賢明です。

「Bitcoinabuse.com」を使用すれば、特定のウォレットアドレスが"詐欺・犯罪関連のアドレス"として過去に報告されたことがあるかどうかなどを確認することができるため、もしもアドレス情報を確認したいのであれば「Bitcoinabuse.com」を利用するのも良いでしょう。なお、同サイトでは「詐欺師のアドレス」を報告することも可能です。

>>「Bitcoinabuse.com」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Bybit×BITTIMES】オリジナルグッズセットが当たる「プレゼントキャンペーン」開催

【Bybit×BITTIMES】オリジナルグッズセットが当たる「プレゼントキャンペーン」開催

POSデバイスに「ビットコイン決済機能」を導入|ブラジル最大の決済プロバイダーCielo

POSデバイスに「ビットコイン決済機能」を導入|ブラジル最大の決済プロバイダーCielo

ビットコインキャッシュクラシック(BCHC)とは?新暗号通貨誕生か?

ビットコインキャッシュクラシック(BCHC)とは?新暗号通貨誕生か?

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

c0ban取引所運営する「ラストルーツ」仮想通貨交換業のライセンス取得

c0ban取引所運営する「ラストルーツ」仮想通貨交換業のライセンス取得

2023年、ブロックチェーン市場の総収益は「100億ドル」に=ABI Research予測

2023年、ブロックチェーン市場の総収益は「100億ドル」に=ABI Research予測

注目度の高い仮想通貨ニュース

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ビットポイント「最大11,000円相当のBATがもらえる」上場記念キャンペーン開催

ビットポイント「最大11,000円相当のBATがもらえる」上場記念キャンペーン開催

Chiliz:トルコの強豪サッカークラブ「Trabzonspor」と提携|TRAトークン発行へ

Chiliz:トルコの強豪サッカークラブ「Trabzonspor」と提携|TRAトークン発行へ

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す