ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨「GHOST」発行へ|PoS採用でプライバシーも保護

by BITTIMES

ウイルス対策ソフト「McAfee」の創設者として知られるサイバーセキュリティの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は2020年4月11日に、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用した匿名性の高い仮想通貨「Ghost(ゴースト)」の開発に取り組んでいることを明らかにしました。

こちらから読む:BTC下落相場は今後も続く?「仮想通貨」関連ニュース

匿名仮想通貨ゴースト「McAfeeDex」で取扱いへ

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は2020年4月11日のツイートで、自身が新しく開発している仮想通貨「Ghost(ゴースト)」を発表しました。

この仮想通貨は匿名性の高い仮想通貨(プライバシーコイン)となっており、近年仮想通貨業界で注目を集めているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用していると伝えられています。

最新発表:GHOST

これはオンラインで取引する際に"ゴースト"になるプルーフ・オブ・ステークを採用したプライバシーコインです。

McAfeeDexのアトミックスワップにより、BTC/BCH/ETHなどの仮想通貨と取引できるようになります!

DEX/プライバシーコインの組み合わせを使用して、私たちは金融を完全にコントロールすることができます!

「McAfeeDex」とは、ジョン・マカフィー氏が立ち上げた分散型の仮想通貨取引所(DEX)であり、本人確認手続きを行うことなく、様々な仮想通貨を他のユーザーと直接取引することができるように設計されています。

プライバシー保護・安い手数料・迅速な取引

Ghost(ゴースト)の公式サイトによると、この仮想通貨は最新のエスクロープールを使用して取引履歴を保護・消去することによってユーザーのプライバシーを保護しているとのことで、取引はごくわずかな手数料で60秒以内に完了すると説明されています。

一般的に知られる匿名通貨「モネロ(Monero/XMR)」との違いについては『真に分散化された仮想通貨取引所で交換できるため、政府によるシャットダウンが不可能になる』とされています。

Ghostのホワイトペーパーは「2020年5月15日に公開される」と報告されており、仮想通貨発行時にGhostを無料で手に入れるためには2020年5月25日に「ESTトークン」を保有している必要があるとされています。GHOST今日給料の25%はESTトークン保有者に割り当てられることになっており、残りのGHOSTはPoSに割り当てられるとのことです。

マカフィー氏は仮想通貨業界の有名なインフルエンサーとして知られていますが、同氏の過激な発言や行動は物議を醸しています。同氏は以前まで『ビットコインの価格は2020年末までに100万ドル(約1億円)に達する』と語っていましたが、今年1月にはこの発言を取り下げた上で『ビットコインは真のクソコインだ』とまで発言しています。

>>「GHOST」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

BINANCE:カザフスタン・ペルー・ケニアなど「5カ国の法定通貨」をサポート

BINANCE:カザフスタン・ペルー・ケニアなど「5カ国の法定通貨」をサポート

ビットコイン急落「130万円」突破ならず|アルトコイン上昇も限定的

ビットコイン急落「130万円」突破ならず|アルトコイン上昇も限定的

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ファンタジーサッカーゲームSorare「パリ・サンジェルマンFC」とライセンス契約

ファンタジーサッカーゲームSorare「パリ・サンジェルマンFC」とライセンス契約

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す