ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨「GHOST」発行へ|PoS採用でプライバシーも保護

by BITTIMES

ウイルス対策ソフト「McAfee」の創設者として知られるサイバーセキュリティの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は2020年4月11日に、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用した匿名性の高い仮想通貨「Ghost(ゴースト)」の開発に取り組んでいることを明らかにしました。

こちらから読む:BTC下落相場は今後も続く?「仮想通貨」関連ニュース

匿名仮想通貨ゴースト「McAfeeDex」で取扱いへ

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は2020年4月11日のツイートで、自身が新しく開発している仮想通貨「Ghost(ゴースト)」を発表しました。

この仮想通貨は匿名性の高い仮想通貨(プライバシーコイン)となっており、近年仮想通貨業界で注目を集めているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用していると伝えられています。

最新発表:GHOST

これはオンラインで取引する際に"ゴースト"になるプルーフ・オブ・ステークを採用したプライバシーコインです。

McAfeeDexのアトミックスワップにより、BTC/BCH/ETHなどの仮想通貨と取引できるようになります!

DEX/プライバシーコインの組み合わせを使用して、私たちは金融を完全にコントロールすることができます!

「McAfeeDex」とは、ジョン・マカフィー氏が立ち上げた分散型の仮想通貨取引所(DEX)であり、本人確認手続きを行うことなく、様々な仮想通貨を他のユーザーと直接取引することができるように設計されています。

プライバシー保護・安い手数料・迅速な取引

Ghost(ゴースト)の公式サイトによると、この仮想通貨は最新のエスクロープールを使用して取引履歴を保護・消去することによってユーザーのプライバシーを保護しているとのことで、取引はごくわずかな手数料で60秒以内に完了すると説明されています。

一般的に知られる匿名通貨「モネロ(Monero/XMR)」との違いについては『真に分散化された仮想通貨取引所で交換できるため、政府によるシャットダウンが不可能になる』とされています。

Ghostのホワイトペーパーは「2020年5月15日に公開される」と報告されており、仮想通貨発行時にGhostを無料で手に入れるためには2020年5月25日に「ESTトークン」を保有している必要があるとされています。GHOST今日給料の25%はESTトークン保有者に割り当てられることになっており、残りのGHOSTはPoSに割り当てられるとのことです。

マカフィー氏は仮想通貨業界の有名なインフルエンサーとして知られていますが、同氏の過激な発言や行動は物議を醸しています。同氏は以前まで『ビットコインの価格は2020年末までに100万ドル(約1億円)に達する』と語っていましたが、今年1月にはこの発言を取り下げた上で『ビットコインは真のクソコインだ』とまで発言しています。

>>「GHOST」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

仮想通貨を「金融商品」として認めるガイドライン公開:ドイツ規制当局

仮想通貨を「金融商品」として認めるガイドライン公開:ドイツ規制当局

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

BINANCE:イギリス・ロンドンのバス停に「ビットコイン広告」を掲載

BINANCE:イギリス・ロンドンのバス停に「ビットコイン広告」を掲載

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

『サトシ・ナカモトは誰だと思う?』Cardano創設者Charles Hoskinson氏が回答

『サトシ・ナカモトは誰だと思う?』Cardano創設者Charles Hoskinson氏が回答

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す