クリプトスペルズ:ユーザーがNFTカードを発行できる「クリスペS」ベータテスト開始へ

by BITTIMES   

ブロックチェーンゲームの開発を行なっている「クリプトゲームス(CryptoGames)」は、同社が運営しているブロックチェーンゲーム「CryptoSpells(クリプトスペルズ/クリスペ)」でユーザー自身がNFTカードを発行・売買することができる新機能「クリスペS」のベータ版テストを2020年6月25日から実施することを発表しました。

こちらから読む:Ubisoft、ETH基盤の収集アイテムをリリース「ゲーム」関連ニュース

CryptoSpellsの新機能「クリスペS」とは

クリプトゲームス(CryptoGames)が2020年6月25日からベータ版テストを開始する「クリスペS」は、同社が運営しているブロックチェーンゲーム「CryptoSpells(クリプトスペルズ/クリスペ)」でユーザー自身がNFTカード(代替不可能なトークンとして発行されるカード)を発行して、自由に売買することができる新機能です。

同社は「クリスペS」の提供を通じてクリプトスペルズに"ユーザーがNFTカードを発行・売買できる機能"を実装し「次世代型のカードゲーム」を目指すと説明しています。

ゲームサイクルとしては、
①素材を収集
②パラメータ設定
③バトルで使用
④自由なトレード
という4つのサイクルに分けて説明が行われており、それぞれの内容としては以下のように説明されています。

①素材を収集

  • 「ゲーム内クエスト・他ユーザーとのトレード・既存NFTのコンバート」などによって素材を入手することが可能

②パラメータ設定

  • 能力やイラストなどを設定して、ブロックチェーン上でNFT(代替不可能なトークン)としてカードを発行する
  • 「3種類のスピリット」と「攻撃力/体力/種族」を組み合わせて、一定のパラメータの範囲内でカード発行が可能
  • 一番最初にカードを発行したユーザーは「カード発明特許」を持つことになり、該当ユーザー以外は同じ能力(コスト/文明/種族/攻撃力/体力/キーワード能力/アビリティ能力)の組み合わせを発行することができなくなる
  • 「カード発明特許」所持ユーザーのみが再度スピリットを消費することで、同カードの発行を行うことが可能

③バトルで使用

  • 「クリプトスペルズ」のゲーム内で自分が発行したNFTカードなどを用いてデッキを編成し、バトルと楽しむことができる

④自由なトレード

  • ゲーム内マーケットや「Opensea・Miime」などといった第3者が提供するマーケットを通じて、発行したNFTカードを自由に売買することができる

(画像:CryptoGames プレスリリース )(画像:CryptoGames プレスリリース )

将来的には「約1億種類のカード作成」も可能に

「クリスペS」ベータ版テストは、日本時間2020年6月25日16時00分頃〜2020年6月30日14時00分頃まで実施される予定となっています。

なお、発行できるカードのパラメータは、月1回程度のアップデートによる「スピリットの追加」「発行カードのパラメータ上限の微上昇」によって緩やかにインフレしていくように設定されています。

「クリスペS」の提供初期段階では約1,000万種類のカードを作成することができ、中期的には約1億種類のカードを作成することができるようになるとのことです。

「クリスペS」の詳細などについては以下の公式発表ページをご覧ください。
>>「CryptoSpells」の公式サイトはこちら
>>「クリスペS」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

『サトシ・ナカモトは誰だと思う?』Cardano創設者Charles Hoskinson氏が回答

『サトシ・ナカモトは誰だと思う?』Cardano創設者Charles Hoskinson氏が回答

Zaif・フィスコ仮想通貨取引所「サービス統合」を完了

Zaif・フィスコ仮想通貨取引所「サービス統合」を完了

俳優ジョニー・デップ氏:NFTアートコレクション「Never Fear Truth」発売へ

俳優ジョニー・デップ氏:NFTアートコレクション「Never Fear Truth」発売へ

BINANCEと米SEC「米顧客資産の取扱い」に関する話し合いで合意

BINANCEと米SEC「米顧客資産の取扱い」に関する話し合いで合意

OKCoinJapan:アービトラム(Arbitrum/ARB)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:アービトラム(Arbitrum/ARB)取扱いへ【国内初上場】

注目度の高い仮想通貨ニュース

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

NTT Digital:電話番号で利用できる仮想通貨ウォレット「scramberry WALLET」提供開始

NTT Digital:電話番号で利用できる仮想通貨ウォレット「scramberry WALLET」提供開始

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

メタマスク×マスターカード「仮想通貨対応の完全オンチェーン決済カード」をテスト=報道

メタマスク×マスターカード「仮想通貨対応の完全オンチェーン決済カード」をテスト=報道

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す