クリプトスペルズ:ユーザーがNFTカードを発行できる「クリスペS」ベータテスト開始へ

by BITTIMES   

ブロックチェーンゲームの開発を行なっている「クリプトゲームス(CryptoGames)」は、同社が運営しているブロックチェーンゲーム「CryptoSpells(クリプトスペルズ/クリスペ)」でユーザー自身がNFTカードを発行・売買することができる新機能「クリスペS」のベータ版テストを2020年6月25日から実施することを発表しました。

こちらから読む:Ubisoft、ETH基盤の収集アイテムをリリース「ゲーム」関連ニュース

CryptoSpellsの新機能「クリスペS」とは

クリプトゲームス(CryptoGames)が2020年6月25日からベータ版テストを開始する「クリスペS」は、同社が運営しているブロックチェーンゲーム「CryptoSpells(クリプトスペルズ/クリスペ)」でユーザー自身がNFTカード(代替不可能なトークンとして発行されるカード)を発行して、自由に売買することができる新機能です。

同社は「クリスペS」の提供を通じてクリプトスペルズに"ユーザーがNFTカードを発行・売買できる機能"を実装し「次世代型のカードゲーム」を目指すと説明しています。

ゲームサイクルとしては、
①素材を収集
②パラメータ設定
③バトルで使用
④自由なトレード
という4つのサイクルに分けて説明が行われており、それぞれの内容としては以下のように説明されています。

①素材を収集

  • 「ゲーム内クエスト・他ユーザーとのトレード・既存NFTのコンバート」などによって素材を入手することが可能

②パラメータ設定

  • 能力やイラストなどを設定して、ブロックチェーン上でNFT(代替不可能なトークン)としてカードを発行する
  • 「3種類のスピリット」と「攻撃力/体力/種族」を組み合わせて、一定のパラメータの範囲内でカード発行が可能
  • 一番最初にカードを発行したユーザーは「カード発明特許」を持つことになり、該当ユーザー以外は同じ能力(コスト/文明/種族/攻撃力/体力/キーワード能力/アビリティ能力)の組み合わせを発行することができなくなる
  • 「カード発明特許」所持ユーザーのみが再度スピリットを消費することで、同カードの発行を行うことが可能

③バトルで使用

  • 「クリプトスペルズ」のゲーム内で自分が発行したNFTカードなどを用いてデッキを編成し、バトルと楽しむことができる

④自由なトレード

  • ゲーム内マーケットや「Opensea・Miime」などといった第3者が提供するマーケットを通じて、発行したNFTカードを自由に売買することができる

(画像:CryptoGames プレスリリース )(画像:CryptoGames プレスリリース )

将来的には「約1億種類のカード作成」も可能に

「クリスペS」ベータ版テストは、日本時間2020年6月25日16時00分頃〜2020年6月30日14時00分頃まで実施される予定となっています。

なお、発行できるカードのパラメータは、月1回程度のアップデートによる「スピリットの追加」「発行カードのパラメータ上限の微上昇」によって緩やかにインフレしていくように設定されています。

「クリスペS」の提供初期段階では約1,000万種類のカードを作成することができ、中期的には約1億種類のカードを作成することができるようになるとのことです。

「クリスペS」の詳細などについては以下の公式発表ページをご覧ください。
>>「CryptoSpells」の公式サイトはこちら
>>「クリスペS」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

【速報】コインチェック:取引所で「アルトコイン」の取り扱い開始

【速報】コインチェック:取引所で「アルトコイン」の取り扱い開始

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

注目度の高い仮想通貨ニュース

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

砂漠の仮想通貨都市実現に向けネバダ州に「独自行政組織」の設立申請:Blockchains社

砂漠の仮想通貨都市実現に向けネバダ州に「独自行政組織」の設立申請:Blockchains社

非営利団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」設立|日本の分散型金融を推進

非営利団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」設立|日本の分散型金融を推進

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

BNY Mellon:業界初の「暗号資産カストディ事業」2021年後半にも展開へ

BNY Mellon:業界初の「暗号資産カストディ事業」2021年後半にも展開へ

Twitter CEO:Jay-Z氏とビットコイン基金「₿trust」を共同設立|BTC開発を促進

Twitter CEO:Jay-Z氏とビットコイン基金「₿trust」を共同設立|BTC開発を促進

ONE PIECEなどの「ブロックチェーン証明書付きマンガアート作品」販売開始:集英社

ONE PIECEなどの「ブロックチェーン証明書付きマンガアート作品」販売開始:集英社

日本暗号資産市場×スマートアプリ「日本円ステーブルコイン×NFT」の可能性拡大へ

日本暗号資産市場×スマートアプリ「日本円ステーブルコイン×NFT」の可能性拡大へ

Axie Infinityの土地NFT、歴史上最高額となる「150万ドル」で落札

Axie Infinityの土地NFT、歴史上最高額となる「150万ドル」で落札

イーロン・マスク氏:ドージコイン大量保有者の「売却」望む|DOGE集中化を問題視

イーロン・マスク氏:ドージコイン大量保有者の「売却」望む|DOGE集中化を問題視

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す