Crypto.comなどの暗号資産デビットカード「利用不可」に|Wirecardの会計問題が影響

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)に対応したデビットカードを発行していた「Wirecard Card Solutions(WCS)」がイギリスの金融行為規制機構(FCA)から業務停止命令を受けたことによって、「Crypto.com」や「TenX」などの企業が提供している暗号資産デビットカードが欧州で利用できなくなったことが明らかになりました。

こちらから読む:"Eメールアドレス宛て"のBCH送金サービス登場「暗号資産」関連ニュース

Wirecard子会社に業務停止命令

イギリスの金融庁にあたる「金融行為規制機構(FCA)」は2020年6月26日に、ドイツの決済サービス企業「Wirecard(ワイヤーカード)」の英国子会社である「Wirecard Card Solutions(WCS)」に業務停止命令を下しました。

Wirecard(ワイヤーカード)は同社の監査人である「Ernst & Young」が21億ドル(約2250億円)もの不明金に気付いたことを発端として、同社の前CEOであるMarkus Braun(マークス・ブラウン)氏が詐欺容疑で逮捕されるなどの問題に直面しており、今月25日には『差し迫った破産と債務超過により、ミュンヘン地方裁判所に破産手続きを申請することを決定した』との公式発表が行われていました。

Wirecard Card Solutions(WCS)は、FCAからライセンスを得た上で暗号資産に対応したVisaデビットカードをを展開していましたが、これらの件に関連して業務停止命令を受ける形となりました。

一部の「暗号資産関連企業」に影響

WCSに対する業務停止命令は、同社に関連する暗号資産関連企業にも影響を与えており、"暗号資産対応のVisaデビットカード"などのサービスを提供していた「Crypto.com」や「TenX」のVisa暗号資産デビットカードも2020年6月26日から欧州で利用不可になったことが報告されています。

しかしながら両者は顧客資産などが安全であることを報告しており、「Crypto.com」は『顧客の資産はすべて安全で、48時間以内には利用者のウォレットに資産が全額返金される』と、「TenX」は『顧客資産はWirecardではなくTenXによって保管されているため安全であり、ウォレットサービスなどは通常通り使用できる』ということを説明しています。

なお「Crypto.com」は、暗号資産デビットカードのサービス再開に向けて、新しいベンダーに移行する準備を進めていることも明かしています。

追記:FCA、WCSの活動再開・発行を許可

(追記:2020年7月1日)
金融行為規制機構(FCA)は2020年6月29日に「Wirecard Card Solutions(WCS)」の活動再開と発行を許可しました。これにより「Crypto.com」や「TenX」の暗号資産デビットカードも許可されており、この両社も暗号資産デビットカードが再び使用可能となったことを報告しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

ブロックチェーン基盤のホームシェアリングサービス「Dtravel」公開|TRVL配布も予定

ブロックチェーン基盤のホームシェアリングサービス「Dtravel」公開|TRVL配布も予定

ノートルダム大聖堂に「仮想通貨」で寄付を|BTC・ETHなどによる支援活動広がる

ノートルダム大聖堂に「仮想通貨」で寄付を|BTC・ETHなどによる支援活動広がる

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Himalaya Exchange Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Himalaya Exchange Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

マクロ環境の低迷が続く中、暗号分野も厳しいベアマーケットが到来

マクロ環境の低迷が続く中、暗号分野も厳しいベアマーケットが到来

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

南アフリカ最大級のスーパーマーケット「仮想通貨決済」の対応店舗を拡大

南アフリカ最大級のスーパーマーケット「仮想通貨決済」の対応店舗を拡大

三菱UFJ信託銀行など42組織「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置

三菱UFJ信託銀行など42組織「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

NTTドコモ:Web3の普及・社会実装の加速に向け「アクセンチュア」と連携

NTTドコモ:Web3の普及・社会実装の加速に向け「アクセンチュア」と連携

BINANCE:暗号資産取引所「FTX.com」の買収で合意|FTT価格は700円台まで急落

BINANCE:暗号資産取引所「FTX.com」の買収で合意|FTT価格は700円台まで急落

SQUARE ENIX:初のNFTコレクティブルアートプロジェクト『SYMBIOGENESIS』を発表

SQUARE ENIX:初のNFTコレクティブルアートプロジェクト『SYMBIOGENESIS』を発表

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す