暗号資産取引所の安全性を評価する「サイバーセキュリティ・スコア」導入:CoinGecko

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)関連のデータ配信を行っている「CoinGecko(コインゲッコー)」は2020年7月1日に、サイバーセキュリティ企業である「Hacken(ハッケン)」と提携を結び、暗号資産取引所の安全性を評価する「Cybersecurity Score(サイバーセキュリティ・スコア)」を新たに導入したことを発表しました。

こちらから読む:マネックス証券、"JVCEAの第一種会員"に参加「暗号資産」関連ニュース

「Cybersecurity Score」を新たに導入

CoinGecko(コインゲッコー)は「暗号資産取引所が取引量を操作して"大規模な暗号資産取引所である"と偽装する可能性があること」などを考慮して、投資家の人々により信頼できる取引所データを提供するために2019年5月から「Trust Score(トラスト・スコア)」を導入しています。

Trust Score(トラスト・スコア)は「流動性・取引活動・規模・技術的専門知識」などといった複数の側面を考慮しながら暗号資産取引所の取引ペアをランク付けする仕組みであり、2019年9月には「Webトラフィック・流動性・スケール・APIカバレッジ」などに基づいて取引所をランク付けする「Trust Score 2.0」も導入されています。

今回の発表では、"安全性"も踏まえながら暗号資産取引所を評価できるようにするために、新しく「Cybersecurity Score(サイバーセキュリティ・スコア)」を導入したことが報告されています。なお、取引所の総合点数においてサイバーセキュリティは20%の比重で評価されるとのことです。

「サイバーセキュリティ対策の重要性」を強調

CoinGecko(コインゲッコー)は『暗号資産取引所は数百万〜数億ドルのユーザー資産を保有するウェブサイトであるため、ハッカーの主要な標的になっている』として『適切なサイバーセキュティ対策を講じていなければ資産が盗難されてしまう可能性があるため、どんなに優れた注文マッチングエンジンを搭載していても資産が安全であることを保証できなければ全く意味がない』と説明しています。

同社は暗号資産取引所の安全性を測るために、エストニアで設立されたサイバーセキュリティ企業である「Hacken(ハッケン)」と提携を結んでおり「サーバーとユーザーのセキュリティ・バグバウンティ・予防対策・過去のハッキング事件」などを考慮して取引所のサイバーセキュリティスコアを評価しています。

Cybersecurity Score「ランキングトップ10」

「Cybersecurity Score(サイバーセキュリティ・スコア)」の合計点数で見た場合のランキングトップ10は2020年7月2日時点で以下のようになっています。

順位取引所名点数
1位Binance US9.1
2位BtcTurk PRO9.0
3位Bilaxy8.8
4位KuCoin8.7
5位Binance.com8.7
6位BTC-Alpha8.6
7位BigONE8.6
8位Gate.io8.6
9位Kraken8.6
10位Coinbase8.5

(画像:CoinGecko)(画像:CoinGecko)

日本国内取引所のセキュリティ評価は?

日本国内の暗号資産取引所だけで見ると「bitbank(ビットバンク)」と「Huobi Japan(フォビ・ジャパン)」が最も評価が高く、bitFlyer(ビットフライヤー)、BTCBOX、Zaif(ザイフ)、GMOコイン、Coincheck(コインチェック)などがそれに続く形となっています。

取引所名点数
bitbank7.1
Huobi Japan7.1
bitFlyer6.8
BTCBOX6.6
Zaif6.4
GMOコイン6.1
Coincheck6.1

新たに導入された「Cybersecurity Score(サイバーセキュリティ・スコア)」の詳細などは以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Cybersecurity Score」はこちら
>>「CoinGecko」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Amazonで仮想通貨が使える「Purse」サービス終了へ

Amazonで仮想通貨が使える「Purse」サービス終了へ

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

暗号資産取引所OKX:ドバイ規制当局から「仮承認ライセンス」を取得

暗号資産取引所OKX:ドバイ規制当局から「仮承認ライセンス」を取得

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX Japan:確定申告などで必要となる「年間取引報告書」の交付を完了

FTX Japan:確定申告などで必要となる「年間取引報告書」の交付を完了

DEA:オリジナルNFTを作成できる広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」発表

DEA:オリジナルNFTを作成できる広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」発表

NFTドメイン関連の企業連合「Web3 Domain Alliance」52の新メンバーが参加

NFTドメイン関連の企業連合「Web3 Domain Alliance」52の新メンバーが参加

ブルマーケット指標で暗号資産市場が急騰!?アルトシグナルズの新コイン「ASI」が注目される理由

ブルマーケット指標で暗号資産市場が急騰!?アルトシグナルズの新コイン「ASI」が注目される理由

ビットトレード:Flare(FLR)取扱いへ|エアドロップ&ラップ分報酬も付与

ビットトレード:Flare(FLR)取扱いへ|エアドロップ&ラップ分報酬も付与

VRNFTアート制作アプリ「SnowCanvas」ベータ版公開

VRNFTアート制作アプリ「SnowCanvas」ベータ版公開

The Sandbox:分散型ID認証サービス「Polygon ID」実装へ|KYCプログラムを強化

The Sandbox:分散型ID認証サービス「Polygon ID」実装へ|KYCプログラムを強化

Startale Labs「東京都渋谷区」と連携|Astar Network活用したWeb3事業開発を推進

Startale Labs「東京都渋谷区」と連携|Astar Network活用したWeb3事業開発を推進

SQUARE ENIXのNFTプロジェクト「SYMBIOGENESIS」ティザーサイト公開

SQUARE ENIXのNFTプロジェクト「SYMBIOGENESIS」ティザーサイト公開

暗号資産取引所などで「Bone ShibaSwap(BONE)の上場・サポート発表」続く

暗号資産取引所などで「Bone ShibaSwap(BONE)の上場・サポート発表」続く

仮想通貨を安全に保管・管理する方法|人気のハードウェアウォレット「Ladger」とは?

仮想通貨を安全に保管・管理する方法|人気のハードウェアウォレット「Ladger」とは?

RSTAKINGのセキュリティ部門責任者Lee Kohn氏が語る、WEB3・ステーキング・暗号通貨

RSTAKINGのセキュリティ部門責任者Lee Kohn氏が語る、WEB3・ステーキング・暗号通貨

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

米ドル連動ステーブルコインのリアルタイム価格・チャート一覧

米ドル連動ステーブルコインのリアルタイム価格・チャート一覧

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FiNANCiEのフィナンシェトークン(FNCT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FiNANCiEのフィナンシェトークン(FNCT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

The Open Networkのトンコイン(Toncoin/TON)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

The Open Networkのトンコイン(Toncoin/TON)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す