大手暗号資産データサイトで報酬ポイント「Candy」が収集可能に【CoinGecko】

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)の価格・取引量・チャートなどといった様々なデータを配信している情報サイト「CoinGecko(コインゲッコー)」は2020年6月23日に、同サイトにログインすることによって集めることができる報酬ポイント「CoinGecko Candy(コインゲッコー・キャンディー)」を発表しました。

こちらから読む:bitFlyerのテレビCMに"人気アイドル"が出演「暗号資産」関連ニュース

CoinGecko Candy(コインゲッコー・キャンディー)とは

CoinGecko(コインゲッコー)が発表した「CoinGecko Candy(コインゲッコー・キャンディー)」は、「CoinGecko」のサービスに毎日ログインすることによって獲得することができる報酬ポイントです。この報酬ポイントは「CoinGecko.com」のウェブサイトや、iOSとAndroidの両方で利用することができる「CoinGeckoアプリ」から同サイトにログインすることによって集めることができます。

受け取ることができる「Candy」の数量は"ログインした日数"によって変化する仕組みとなっており、獲得したCandyは以下のような様々な特典やサービスと交換することができると説明されています。
・CoinGeckoストアの割引クーポン
・分散型金融のハウツー本
・ハードウェアウォレット「Cobo」の15%割引クーポン
・「Blockchain Heroes」の限定盤NFT
・「Axie Infinity」の限定盤NFT
・「POAP」の限定盤NFT

(画像:CoinGecko)(画像:CoinGecko)

なお、これらの特典は"現時点"で交換可能な特典であり、今後はさらに多くの特典を追加していく予定だとされています。

CoinGecko(コインゲッコー)は、"暗号資産業界の全ての人々に正確なデータを提供すること"が同社の長年の使命であると述べており、「独立した中立的な市場データを提供すること」と「CoinGecko Candyで報酬を提供すること」によってユーザーに感謝の気持ちを示していると説明しています。

将来的には「暗号資産・トークン化」の可能性も?

CoinGecko(コインゲッコー)は今回発表された「CoinGecko Candy(コインゲッコー・キャンディー)」について、"CoinGecko利用者に報酬を提供するための集中型ロイヤルティポイント"のようなものだと説明しており、『暗号資産・トークンではなく、譲渡することもできない』とした上で"CoinGeckoの名前を使用した詐欺トークン"に注意するよう呼びかけています。

しかしながら同社は、これらの説明の中で『"まだ"暗号資産やトークンではない』と述べており、『長期的には"地方分権化"することを見据えている』と説明しているため、将来的には「Candy」がトークンとして発行される可能性もあると考えられます。

CoinGecko Candy(コインゲッコー・キャンディー)は記事執筆時点でも既に獲得できるようになっているため、既にアカウントをお持ちの方は「CoinGecko.com」へのログイン後に「CoinGecko Rewards」のページへと進むことによって、Candyを受け取ることができます。「CoinGecko Candy」の詳細は以下の公式発表ページをご覧ください。
>>「CoinGecko」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitTorrent:TRON(TRX)活用したライブストリーミングアプリ「BLive」のテスト開始へ

BitTorrent:TRON(TRX)活用したライブストリーミングアプリ「BLive」のテスト開始へ

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

ブロックチェーンゲーム資産の「市場価値」を簡単確認|Blockchain Game Infoに新機能追加

ブロックチェーンゲーム資産の「市場価値」を簡単確認|Blockchain Game Infoに新機能追加

ビットコイン価格、下落はまだ続く?複数のアナリスト「6,000ドル台」予想

ビットコイン価格、下落はまだ続く?複数のアナリスト「6,000ドル台」予想

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年4月19日〜25日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年4月19日〜25日

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産・金融アプリUphold「株式への少額投資機能」を追加

暗号資産・金融アプリUphold「株式への少額投資機能」を追加

暗号資産取引所BITMAX「指定価格通知・ショートカット機能」を追加

暗号資産取引所BITMAX「指定価格通知・ショートカット機能」を追加

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

Coinbase Custody「Cardano/ADA」のステーキング対応へ|年内上場の可能性も

Coinbase Custody「Cardano/ADA」のステーキング対応へ|年内上場の可能性も

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

未来予測市場オーガー:大型アップグレード「Augur v2」の公開日が明らかに

未来予測市場オーガー:大型アップグレード「Augur v2」の公開日が明らかに

Atari:eスポーツ関連企業「Unikrn」と提携|独自暗号資産をエコシステムに追加

Atari:eスポーツ関連企業「Unikrn」と提携|独自暗号資産をエコシステムに追加

bitFlyer:毎日ビットコインが当たる「アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始

bitFlyer:毎日ビットコインが当たる「アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始

日本発の暗号資産「Dev」Monex Venturesなどから資金調達|開発者の収益化を支援

日本発の暗号資産「Dev」Monex Venturesなどから資金調達|開発者の収益化を支援

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

ブロックチェーン電子署名用いた「携帯電話の保険補償サービス」提供へ:SKテレコム

ブロックチェーン電子署名用いた「携帯電話の保険補償サービス」提供へ:SKテレコム

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す