ブロックチェーン活用の「スマート自動販売機」開発企業、130万ドルの資金調達

by BITTIMES

ブロックチェーン・顔認証・機械学習などの技術を活用した「スマート自動販売機」を開発している企業「PopCom(ポップコム)」が、クラウドファンディングを通じて130万ドル(約1.4億円)の資金調達に成功したことが明らかになりました。

こちらから読む:リトアニア中銀、"LBコイン"今月発行へ「ブロックチェーン」関連ニュース

PopCom(ポップコム)とは?

PopCom-logo

PopCom(ポップコム)は、ブロックチェーン・顔認証・機械学習などの技術を活用した「スマート自動販売機」を開発している企業であり「大麻(マリファナ)」や「アルコール」などの規制が適用される商品を自動販売機で販売するための技術を有しています。

同社が開発したスマート自販機には「生体認証技術」が搭載されているため、大麻やアルコールなどの規制商品を販売する際には、購入者のID情報などを確認して、適切な購入者のみに商品を販売することができるように設計されています。

またこの自販機には、商品の在庫・販売履歴・コンバージョン率などといった様々な情報をリアルタイムで監視できる技術も搭載されているため、自動販売機の管理人は自宅のパソコンなどで自販機の状況を確認したり、状況に応じて価格を変更したりすることができます。自動販売機の操作画面はタッチパネルとなっているため、商品のキャッチコピーをパソコン上で変更することもできると伝えられています。

(画像:PopCom)(画像:PopCom)

Start Engineで「130万ドル」の資金調達

「Black Enterprise」の報道によると、PopCom(ポップコム)はクラウドファンディングプラットフォームである「Start Engine(スタートエンジン)」実施された資金調達ラウンドで130万ドル(約1.4億円)の資金を調達したと伝えられています。なお、同社はこれまでに実施された資金調達で合計230万ドル(約2.47億円)の資金を調達しているとのことです。

Start Engine(スタートエンジン)は2014年に設立された米国の大手クラウドファンディングプラットフォームであり、数年前からはセキュリティトークンを用いた資金調達方法である「セキュリティ・トークン・オファリング(STO)」関連の事業にも着手していると伝えられています。

「Black Enterprise」によると、PopComの創設者兼CEOであるDawn Dickson氏も、4,000人を超える投資家と共にSTOを通じたクラウドファンディングキャンペーンを立ち上げたとのことで、これによって企業は「公認投資家」と「非公認投資家」の両方から資金調達を行うことができるようになったとされています。

自動販売機にブロックチェーンや暗号資産を取り入れる事例は徐々に増えてきており、最近ではオーストラリアとニュージーランドにある2,000台以上の自動販売機で仮想通貨決済が可能になったことや、香港ディズニーランドなどの自販機で仮想通貨「Ghost」が利用可能になったことなども報告されています。

>>「PopCom」の公式サイトはこちら
>>「Black Enterprise」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ガラタサライSK:公式ファントークン「GAL」を発行|選手入場曲の投票受付開始

ガラタサライSK:公式ファントークン「GAL」を発行|選手入場曲の投票受付開始

ロシア民間商業銀行:ブロックチェーン活用した「公共料金決済システム」を開発

ロシア民間商業銀行:ブロックチェーン活用した「公共料金決済システム」を開発

リップル(Ripple/XRP)が「Coinbase.com」でも取引可能に|スマホアプリにも対応

リップル(Ripple/XRP)が「Coinbase.com」でも取引可能に|スマホアプリにも対応

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

Liquid Global:Zcashなど「暗号資産28銘柄」上場廃止の可能性

Liquid Global:Zcashなど「暗号資産28銘柄」上場廃止の可能性

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す