XRP「15倍の価格上昇」を予想|ゴールドマンサックス元幹部、初めて暗号資産に投資

by BITTIMES

エックスアールピー(XRP)の価格は2017年頃の価格帯まで下落しており、時価総額ランキングでも4位までランクダウンしていますが、依然として投資家からの関心を集めています。「Goldman Sachs」や「Forbes」などに勤務した経歴を持つWill Meade氏は、2020年7月9日のツイートでXRPを初めて購入したことを明かし、『XRP価格は今の15倍以上にまで上昇する可能性がある』との考えを語りました。

こちらから読む:Ripple社、世界共通の送金ID"PayID"発表「Ripple/XRP」関連ニュース

初の暗号資産投資で「XRP」を選択

米国の金融大手「Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)」で幹部を務めた経歴を持ちながら、世界的に有名な経済誌「Forbes(フォーブス)」の元編集者であるWill Meade氏は、2020年7月9日のツイートで"自身が初めて暗号資産を購入したこと"を明らかにしました。

Will Meade氏は『私は仮想通貨についてほとんど知らない』と語ってはいるものの、自身がビットコイン(BTC)ではなくエックスアールピー(XRP)を購入したことを明かしており、第35代アメリカ合衆国大統領であるJohn F. Kennedy(ジョン・F・ケネディ)氏が語った言葉を引用して『本格的な価格上昇が始まれば、全ての仮想通貨が上昇することになるため、もしもBTC価格が過去最高値に到達した場合には、XRP価格は15倍以上になるだろう』との考えを語っています。

今週初めて暗号資産を購入しました。
XRP/Ripple

仮想通貨についてはほとんど知りませんが「上げ潮によって全てのボートが押し上げられる」と信じています。そのため、もしもビットコインが史上最高値まで回復した場合にはXRPも同様に回復し、その価格は今の15倍になると考えています。

XRPは総発行枚数の大半をRipple社が保有しており、やや中央集権的な状態となっているため、ビットコインなどの暗号資産と比べると「XRP」に対する批判は多く出ているものの、今回のツイートは「依然としてXRPの将来に期待している投資家が多数存在していること」を示しています。

Will Meade氏が語っているように過去の動き見てみると、ビットコインが本格的な強気相場に突入した場合にはその他のアルトコインも同様に上昇する傾向が見られるため、2017年代の価格帯まで下落しているXRPも再び過去最高値まで回復する可能性はあると予想されます。

BTCが現在の価格(約100万円)から過去最高値(約220万円)まで回復した場合には価格が約2倍になることになりますが、XRPが現在の価格(約21円)から過去最高値(約400円)まで回復した場合には価格は20倍ほどになるため、単純に考えるとXRPに投資した場合の方が利益率が高いと考えられます。

XRP価格はここ最近で急速に回復し始めているため、以前まで下落を予想していた投資家も予想を改め初めており、『XRPは"ゼロ"への道を歩んでいる』と語っていたベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏も先日9日のツイートで『(XRP価格は)上がるだろう』と発言しています。

2020年7月10日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月5日頃まで19円付近で推移していたものの、その後は急速に上昇しており、先日9日には22.58円付近まで回復しました。その後はやや下落しているものの、2020年7月10日時点では「1XRP=21.09円」付近の価格を維持しています。

2020年6月26日〜2020年7月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年6月26日〜2020年7月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

韓国ヒュンダイ関連企業:暗号資産関連で「3つの商標」を登録

韓国ヒュンダイ関連企業:暗号資産関連で「3つの商標」を登録

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

注目度の高い仮想通貨ニュース

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

CoinGecko:カルダノ上のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」の情報追加

CoinGecko:カルダノ上のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」の情報追加

GMOコイン「Flareトークンの付与日」を発表|FLR取引サービスも提供予定

GMOコイン「Flareトークンの付与日」を発表|FLR取引サービスも提供予定

1inch Network:カード型ハードウェアウォレット「1inch Hardware Wallet」を発表

1inch Network:カード型ハードウェアウォレット「1inch Hardware Wallet」を発表

メタマスク:拡張機能版ウォレットで「プライバシー関連のアップデート」実施

メタマスク:拡張機能版ウォレットで「プライバシー関連のアップデート」実施

著名アナリスト「今の仮想通貨は大規模サイクルの始まりにある」BTC・ETHの価格予想も

著名アナリスト「今の仮想通貨は大規模サイクルの始まりにある」BTC・ETHの価格予想も

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

カルダノ基盤ステーブルコイン「Djed」来週公開へ|Bitrueも上場発表

カルダノ基盤ステーブルコイン「Djed」来週公開へ|Bitrueも上場発表

【日本初】鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」展開へ:西日本鉄道

【日本初】鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」展開へ:西日本鉄道

c0ban取引所:停止していた各種サービスを再開|業務停止命令の期間が満了

c0ban取引所:停止していた各種サービスを再開|業務停止命令の期間が満了

米カリフォルニア州車両管理局:車の所有権管理で「Tezos」のブロックチェーン活用

米カリフォルニア州車両管理局:車の所有権管理で「Tezos」のブロックチェーン活用

Bitget「友達招待で互いに報酬を獲得、50,000USDTを山分け」イベント開催中

Bitget「友達招待で互いに報酬を獲得、50,000USDTを山分け」イベント開催中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す