チリーズ(Chiliz/CHZ)ブラジル最大の暗号資産取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2020年7月13日に、ブラジル最大の暗号資産取引所である「MERCADO BITCOIN」で仮想通貨CHZの取扱いが開始されたことを発表しました。これにより、同取引所のユーザーはブラジルの法定通貨であるレアル(BRL)でCHZを売買することができるようになります。

こちらから読む:コインチェック、新たに"BAT"取扱へ「暗号資産」関連ニュース

ブラジルの法定通貨「レアル(BRL)」との取引が可能に

スポーツファンと選手・チームの交流を深めるファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」の開発を行っている「チリーズ(Chiliz/CHZ)」は、2020年7月13日にブラジル最大の暗号資産取引所である「MERCADO BITCOIN」で仮想通貨CHZの取扱いが開始されたことを発表しました。

CHZの入金受付は2020年7月13日からすでに開始されており、取引は2020年7月14日12時01分から開始されると報告されています。これにより「MERCADO BITCOIN」のユーザーはブラジルの法定通貨であるレアル(BRL)を使用して暗号資産CHZを売買することができるようになります。

「MERCADO BITCOIN」は登録ユーザー数が190万人を超える大手暗号資産取引所であるため、同取引所にCHZが上場することによって、ブラジル国内でチリーズの認知度が高まり、それと同時にチリーズが発行を支援しているスポーツクラブの公式ファントークンもさらに普及することになると期待されます。

チリーズはすでに複数のサッカークラブや総合格闘技団体などと提携を結んでいますが、「Chiliz」と「Socios.com」のCEO兼創設者であるAlexandre Dreyfus(アレクサンドル・ドレイファス)氏は、ブラジルが特にサッカー総合格闘技との関わりが強い地域であることを語っており、同社にとってもブラジルは非常に重要なマーケットだと説明しています。

ブラジルがサッカーをはじめとしたスポーツ大国であることは皆さんご存知の通りでしょう。今回の上場によって、ブラジル国内のスポーツファンおよび暗号資産ユーザーの皆様に$CHZをより簡単に手に入れていただけるようになりました。

Neilson Sports & Entertainment様と昨年おこなったアンケートでは、ブラジルの人口のおよそ96%がテレビで試合の生放送を視聴しており、86%の人々が投票参加を通してクラブに影響を与えたいと考えていることが判明しました。ブラジルにはなんと2100万人のサッカー選手が登録されているそうです。

また、ブラジルは世界で3番目に大きい総合格闘技市場を持つことで知られ、UFCとタッグを組みながら総合格闘技界のファンエンゲージメント向上を目指す我々にとっても非常に重要なマーケットと言えるでしょう。

チリーズ(CHZ)は暗号資産業界で今後の発展に注目が集まっている国の暗号資産取引所に続々と上場し始めており、今年5月にはインドの大手暗号資産取引所「CoinDCX」に上場したことも発表されています。

>>「Chiliz」の公式発表はこちら

2020年7月14日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格は先月22日に1.62円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年7月14日時点では「1CHZ=1.31円」で取引されています。

>>CHZを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

2020年4月15日〜2020年7月14日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2020年4月15日〜2020年7月14日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

Coinbase Custody「Cardano/ADA」のステーキング対応へ|年内上場の可能性も

Coinbase Custody「Cardano/ADA」のステーキング対応へ|年内上場の可能性も

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

キプロス:ブロックチェーン開発促進に向け「VeChain財団」とMoU締結

キプロス:ブロックチェーン開発促進に向け「VeChain財団」とMoU締結

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

カザフスタン:暗号資産マイニングへの「15%課税」計画か

カザフスタン:暗号資産マイニングへの「15%課税」計画か

Theta Network:韓国のゲームプラットフォーム「Ludena Protocol」と提携

Theta Network:韓国のゲームプラットフォーム「Ludena Protocol」と提携

DMMビットコイン:BAT・QTUMの「レバレッジ取引」正式に開始

DMMビットコイン:BAT・QTUMの「レバレッジ取引」正式に開始

【重要】ディーカレット:暗号資産の「レバレッジ取引サービス」終了へ

【重要】ディーカレット:暗号資産の「レバレッジ取引サービス」終了へ

カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

bitFlyer Holdings「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に参加

bitFlyer Holdings「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に参加

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月2日〜8日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月2日〜8日

BINANCE:スマホアプリに「Mining Pool Wallet」機能を追加

BINANCE:スマホアプリに「Mining Pool Wallet」機能を追加

日本政府「中央銀行デジタル通貨」本格的に検討へ|経済財政政策の基本方針に盛り込み

日本政府「中央銀行デジタル通貨」本格的に検討へ|経済財政政策の基本方針に盛り込み

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す