デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

by BITTIMES

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の独自デジタル通貨である「coin(コイン)」が、2020年度下期に発行される予定であることが「毎日新聞・朝日新聞」などの報道で明らかになりました。まず最初は飲食店紹介サイト「ホットペッパーグルメ」や旅行予約サイト「じゃらん」などを運営している「リクルートグループ」と共同で、リクルートのサイトに加盟する店舗でスマートフォン決済を始める予定だと伝えられています。

こちらから読む:大手企業39社が加盟"JCBAステーブルコイン部会"発足「国内ニュース」

デジタル通貨「coin(コイン)」2020年度下期発行へ

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は2017年に独自のデジタル通貨である「MUFGコイン」を発行する計画を明らかにしており、2018年10月には"その他の企業がデジタル通貨を発行するプラットフォーム"として機能することも視野に入れて、デジタル通貨の名称を「coin(コイン)」へと変更したことが発表されていました。

"2019年後半には実用化される予定"だと報じられていた「coin(コイン)」はその後リリースに遅れが生じていたものの、「毎日新聞」の報道によると、三菱UFJフィナンシャル・グループの亀沢宏規(かめざわ ひろのり)社長は同社の取材に応じた際にcoinを2020年度下期に発行する方針を明らかにしたと報告されています。

「ホットペッパー・じゃらん」などでの導入を予定

まず最初は「リクルートグループ」と共同で、同社が運営している飲食店紹介サイト「ホットペッパーグルメ」、旅行予約サイト「じゃらん」、美容院予約サイト「ホットペッパービューティー」などで導入される予定となっており、「1コイン=1円」で支払いに使用することができると報じられています。

亀沢社長は毎日新聞の取材に対して『いろいろあって遅れた面があるが、新型コロナウイルス問題もあったのでタイミング的にはちょうど良いかもしれない』と述べており、約100万店舗の加盟店を有し、様々な店舗や若いアルバイトなどとの顧客接点も持っている「リクルート」との協業に期待感を示しています。

また亀沢社長は『オープンに皆が使える形で考えている』とも語っており、「コインを換金して銀行口座に戻すこと」や「個人間送金でコインを使用すること」などに加えて「将来的にはリクルートのサイト以外でも使用できるようになる予定」だと報告されています。

会社運営自体の「デジタル化」も計画

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は「会社の運営そのものをデジタル化すること」も計画しているとのことで、新型コロナウイルスの感染拡大で"新しい働き方"が注目されている中で、
・テレワーク促進のための勤務制度見直し
・ペーパーレス化の推進
・若手社員とのウェブ会議増加
などといった「業務のデジタル化」を一気に進めることも考えていると報じられています。

また、三菱UFJ銀行は2020年6月~9月の期間にかけて「みずほ銀行、三井住友銀行、ディーカレット、IIJ、KDDI、NTTグループ、JR東日本、セブン銀行、森・濱田松本法律事務所」などといった国内主要企業が参加する"デジタル通貨・デジタル決済に関連する勉強会"なども開催しているため、「coin(コイン)とSuica(スイカ)の連携」などといったその他大手企業との連携などにも期待が高まっています。

>>「毎日新聞」の報道はこちら
>>「朝日新聞」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

ビットコイン価格、2021年「2,000万円超え」を予想:著名BTCトレーダー

ビットコイン価格、2021年「2,000万円超え」を予想:著名BTCトレーダー

仮想通貨ネム【NEM】175倍に高騰中!今後さらに爆上げの理由

仮想通貨ネム【NEM】175倍に高騰中!今後さらに爆上げの理由

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

エルサルバドル政府:ビットコイン法定通貨化に向けた「動画広告」を公開

エルサルバドル政府:ビットコイン法定通貨化に向けた「動画広告」を公開

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す