Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

by BITTIMES

Mastercard(マスターカード)は2020年7月20日に、暗号資産(仮想通貨)関連企業のカード発行を支援するパートナープログラムを強化していくことを発表しました。これにより同社のパートナー企業は、規制に準拠した安全な決済カードを簡単かつ迅速に発行できるようになると説明されています。

こちらから読む:コインチェックで"仮想通貨BAT"が取引可能に「暗号資産」関連ニュース

仮想通貨カードのパートナープログラムを強化

Mastercard(マスターカード)は2020年7月20日に、暗号資産業界の発展を支援するために仮想通貨カード発行支援のパートナープログラムを加速させることを発表しました。これにより、同社のパートナー企業は規制に準拠した安全な決済用カードを簡単かつ迅速に発行できるようになり、仮想通貨関連企業も数週間で認定を受けることができるとされています。

マスターカードは『仮想通貨カードパートナー向けのプログラムを強化することによって、パートナシップの基本原則を維持しつつ、製品導入までの時間を短縮するための承認プロセスを合理化した』と述べていますが、それと同時に"パートナー企業は同社の基本原則に従わなければならない"ということも強調しており、以下のような項目を守ってサービスを運営しなければならないと説明しています。

  • ユーザー情報のプライバシーやセキュリティを確保して消費者保護に努めること
  • 金融機関・販売業者・携帯事業者などを含む全ての利害関係者に平等な競争の機会を提供すること
  • マネーロンダリング防止などを含む、全ての法律と規制を完全にに遵守して、ネットワークが運用されている国の経済システムとの整合性を保ちながら運用すること

仮想通貨決済企業「Wirex」が初のパートナーに

今回の発表では、SBIが出資していることでも知られるイギリス・ロンドンの仮想通貨決済企業「Wirex(ワイレックス)」が、"Mastercardプリンシパルメンバーシップ"を付与された最初の仮想通貨プラットフォームになったことも報告されています。

"プリンシパルメンバーシップ"を付与されたことによって「Wirex」は消費者に直接決済カードを発行することができるようになり、「Wirexカードの利用者」は自分が保有している暗号資産を即座に法定通貨に交換して、Mastercardの対応店舗で支払いを行うことができるようになると説明されています。

また、Wirexは「Cryptoback(クリプトバック)」と呼ばれる報酬プログラムも提供しているため、支払いを行う度にビットコイン(BTC)で最大1.5%の還元を受けることもできるとのことです。

イギリスの金融行動監視機構(FCA)からカード発行のライセンスを取得している「Wirex」は過去18ヶ月間で急速に成長しており、独自トークンである「ワイレックストークン(Wirex Token/WXT)」を発行していますが、今年後半には追加の通貨や無料の国際ATM出金機能などを備えた「次世代型のWirexカード」をヨーロッパ向けにリリースする他、「企業向けカード」の発行なども予定していると報告されています。

>>「Mastercard」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)トルコの仮想通貨取引所「Koineks」に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)トルコの仮想通貨取引所「Koineks」に上場

仮想通貨決済を「1,400店舗」に|オーストラリア大手スーパー「IGA」BTCなどを受け入れ

仮想通貨決済を「1,400店舗」に|オーストラリア大手スーパー「IGA」BTCなどを受け入れ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント・ジャパン:暗号資産「BAT」取扱いへ

ビットポイント・ジャパン:暗号資産「BAT」取扱いへ

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

電通など4社、ブロックチェーン活用を進める「コンテンツ関連企業連合」に入会

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

ビットポイントジャパン:暗号資産「BAT」正式に取扱い開始

ビットポイントジャパン:暗号資産「BAT」正式に取扱い開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す