暗号資産取引所HBTC「Filecoin先物トークン(FIL3)」上場へ|キャンペーンも開催

by BITTIMES

暗号資産取引所「HBTC」は2020年7月18日に、将来的にファイルコイン(Filecoin/FIL)に交換することができる「Filecoin3ヶ月先物トークン(FIL3)」の取り扱いを日本時間2020年7月24日から開始することを発表しました。HBTCは通常価格の50%割引で「FIL3」を入手できる「HBCをHODLして半額でFIL3を手に入れよう!」キャンペーンも実施します。

こちらから読む:2020年注目の暗号資産「Filecoin/FIL」とは?関連ニュース一覧

Filecoin3ヶ月先物トークン(FIL3)とは

Filecoin3ヶ月先物トークン(FIL3)とは、将来的にファイルコイン(Filecoin/FIL)に交換することができるトークンであり、HBTCは『Filecoinのメインネット公開から3ヶ月以内にFIL3からFILへ1:1の割合でトークンスワップを行う』と説明しています。

FIL3は日本時間2020年7月24日21時00分から取り扱いが開始される予定となっており、米ドルに価値が連動した主流のステーブルコインである「テザー(Tether/USDT)」との取引ペアが提供されるとのことです。

ファイルコイン(Filecoin/FIL)は2020年7月時点ではまだ暗号資産取引所にも上場しておらず、一部の取引所で先物取引(IOU)が提供されているだけとなっていますが、FIL3を購入すれば早い段階でファイルコインを入手する権利を得ることができます。

50%割引FIL3が入手できるキャンペーンも開催

HBTCは日本時間2020年7月22日21時00分から、2つのフェイズに分けてFIL3の上場を記念したイベントである「HBCをHODLして半額でFIL3を手に入れよう!」キャンペーンも開催します。

このキャンペーンは、HBTCで「本人確認(KYC)レベル2」までを完了したり、特定の期間中にHBTCの独自トークンである「HBTC Captain Token(HBC)」を一定枚数以上保有していると、FIL3を一般的な市場価格の半額以下である「8USDT(約854円)」で購入できるキャンペーンとなっています。

「応募期間・条件・総販売枠・1名あたりの購入可能額」などはフェーズ毎に以下のように変化するようになっています。

【フェーズ1】
決済方法:テザー(Tether/USDT)
参加資格:KYCレベル2
応募期間:2020年7月22日21:00〜同日22:00(日本時間)
総販売枠:30,000FIL3
販売価格:1FIL3=8USDT相当額のHBC(HBC価格はイベント前日の終値を参照)
1名当たりの購入額:1〜10FIL3(先着順)

【フェーズ2】
決済方法:テザー(Tether/USDT)
参加資格:KYCレベル2 + 1,000HBC以上の保有
応募期間:2020年7月23日13:00〜2020年7月24日13:00(日本時間)
総販売枠:70,000FIL3
販売価格: 1FIL3=8USDT(他市場の半額以下)
1名当たりの購入限度額:ユーザーのUSDT資産から最大6000USDTの範囲内で割当

>>「HBTC」の公式発表はこちら
>>「修正後のキャンペーン情報」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Adam byGMO「初のお笑い芸人NFTトレーディングカード」販売へ

Adam byGMO「初のお笑い芸人NFTトレーディングカード」販売へ

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

BINANCE:アイオーエスティー(IOST)の「先物取引」提供へ

BINANCE:アイオーエスティー(IOST)の「先物取引」提供へ

NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

注目度の高い仮想通貨ニュース

EnjinStarter(EJS)高層ビル型メタバース「Bloktopia」にオフィス開設

EnjinStarter(EJS)高層ビル型メタバース「Bloktopia」にオフィス開設

The Sandbox:メタバース土地LANDを「Ethereum→Polygon」に移行

The Sandbox:メタバース土地LANDを「Ethereum→Polygon」に移行

MARBLEXのMBXトークン:韓国の大手暗号資産取引所「Bithumb」に上場

MARBLEXのMBXトークン:韓国の大手暗号資産取引所「Bithumb」に上場

Niftables:クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

Niftables:クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

SBIHD「リミックスポイント」と資本業務提携|ビットポイント株式の51%を取得

SBIHD「リミックスポイント」と資本業務提携|ビットポイント株式の51%を取得

FAME MMA「Everdomeのメタバース土地」を取得|アリーナでイベント開催へ

FAME MMA「Everdomeのメタバース土地」を取得|アリーナでイベント開催へ

3D仮想空間「HEXAメタバース・ゲートウェイα版」公開|家の編集・NFT展示などが可能に

3D仮想空間「HEXAメタバース・ゲートウェイα版」公開|家の編集・NFT展示などが可能に

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

米Coinbase:STEPN関連仮想通貨「GMT・GST」取扱いへ|価格はさらに上昇

米Coinbase:STEPN関連仮想通貨「GMT・GST」取扱いへ|価格はさらに上昇

OneSwap:仮想通貨市場予測で利益を獲得できる新機能「PREDICTION」公開へ

OneSwap:仮想通貨市場予測で利益を獲得できる新機能「PREDICTION」公開へ

暗号資産取引所「FTX Global」の使い方ガイド|各種サービスの概要・利用方法も解説

暗号資産取引所「FTX Global」の使い方ガイド|各種サービスの概要・利用方法も解説

パナマ議会:仮想通貨決済などを合法化する「暗号資産関連法案」可決

パナマ議会:仮想通貨決済などを合法化する「暗号資産関連法案」可決

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す