米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

by BITTIMES

米国の銀行規制当局である「米通貨監督庁(OCC)」は2020年7月22日に『米国の国立銀行と連邦貯蓄組合は顧客に暗号資産(仮想通貨)のカストディ(保管)サービスを提供する権限を有している』ということを明確にする書簡を公開しました。

こちらから読む:ロシア議会、デジタル金融資産法を可決「暗号資産」関連ニュース

リスク管理などの必要性も強調

米通貨監督庁(OCC)は2020年7月22日に、『米国の国立銀行と連邦貯蓄組合は顧客に暗号資産のカストディ(保管)サービスを提供する権限を有している』ということを記した書簡を公開しました。この書簡は「銀行の保管サービスは秘密鍵やその他の暗号資産にも拡張することができる」ということを明確に示しています。

米通貨監督庁は公式発表の中で『OCCは金融市場のデジタル化が進んでいる中で、銀行やその他のサービスプロバイダーが顧客のニーズに応えるために新しい技術や革新的な方法を活用する必要性が高まってきていることを認識している』と述べており、『暗号資産の保管サービスを提供することによって、銀行は支払い・ローン・預金サービスの提供でこれまでに果たしてきた金融仲介機能を引き続き果たすことができる』と説明しています。

またOCCは「暗号資産の保管サービスを提供する機関は適切なリスク管理を行う必要がある」ということも説明しており、「顧客資産と自社資産を分別管理する必要があること」や「資産が盗難・破壊・流用されないように安全な資産管理を行う必要があること」などが強調されています。

米通貨監督庁(OCC)の責任者であるBrian Brooks(ブライアン・ブルックス)氏は以前まで米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」で最高法務顧問を務めていた人物であるため、同氏が今年5月にOCCの責任者に就任したことによって米国の金融業界で仮想通貨に肯定的な動きが見られ始めていると期待が高まっています。

暗号資産のカストディサービスは政府から認められた特定の企業などが提供していましたが、今後は米国の銀行などでも暗号資産のカストディサービスが提供され始める可能性があるとして注目が集まっています。

>>「米通貨監督庁(OCC)」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ウクライナの薬局「Binance Pay」用いた仮想通貨決済に対応

ウクライナの薬局「Binance Pay」用いた仮想通貨決済に対応

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

Thirdverse社:Web3推進に向け「OKX Ventures」と資本業務提携

Thirdverse社:Web3推進に向け「OKX Ventures」と資本業務提携

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す