国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

by BITTIMES   

ステーブルコインに特化した暗号資産取引所「VirgoX(ヴィルゴX)」とブロックチェーン資本市場会社「Global Digital Assets(GDA Capital)」は2020年7月23日に、ステーブルコイン関連のグローバル組織である「世界ステーブルコイン協会(World Stablecoin Association/WSA)」を立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:BINANCE、ドイツの投資会社と提携「暗号資産」関連ニュース

非営利組織「世界ステーブルコイン協会(WSA)」設立

「VirgoX(ヴィルゴX)」と「Global Digital Assets(GDA Capital)」が立ち上げた「世界ステーブルコイン協会(World Stablecoin Association/WSA)」は、スイスのジュネーブに本部を置く独立した非営利組織であり、『ビジネスリーダー・企業・コミュニティ・規制当局をステーブルコイン業界で国際的に統合することを目指している』と説明されています。

世界ステーブルコイン協会(World Stablecoin Association/WSA)には、設立時点で「VirgoX(ヴィルゴX)、Global Digital Assets(グローバル・デジタル・アセッツ)、BlockGeeks(ブロックギークス)」が参加しており、
テザー(Tether/USDT)
・USDコイン(USD Coin/USDC)
・ダイ(Dai/DAI)
・フォビUSD(Huobi USD/HUSD)
などといった主要なステーブルコインの運営企業と協議を進めていると報告されています。

これらのステーブルコイン運営企業は2020年末までに加入する予定であり、今後はさらに多くのステーブルコインプロジェクトも参加する可能性があるとされています。公式発表の中では「BRZ、CBRL、Peg Network、QCAD、QC、Ren、Stably、USDK、XDB」などのステーブルコインプロジェクトや「Alpha Sigma Capital、Consensus Labs、Nova Club」などの企業名も挙げられています。

「VirgoX」のCEOであるAdam Cai氏は「世界ステーブルコイン協会(WSA)」の設立について次のようにコメントしています。

ステーブルコインは過去数年間にわたる時価総額の急激な増加に伴って急速に進化しています。ステーブルコインアプリケーションの可能性はまだ完全に明らかにされていません。

WSAはさまざまなステーブルコインイニシアチブを支援して、業界内で開発・接続するために設立されました。すべてのメンバーはWSAが構築しているオープンエコシステムから恩恵を受けることができます。

世界ステーブルコイン協会(WSA)の活動内容は?

世界ステーブルコイン協会(WSA)には「ポリシー分析・教育・パートナーシップ、アドボカシー」という4つの柱があるとのことで、それぞれの委員会は以下のような活動を行うと説明されています。

【ポリシー分析委員会】
・他の研究機関・シンクタンク・団体と協力してステーブルコインの国際的な規制と経済状況を分析

【教育委員会】
・教育資料を発行して毎年開催される「World Stablecoin Summit」を含む会合や会議を手配

【パートナーシップ委員会】
・業界のパートナーシップを活用してメンバーが有意義なグローバルアライアンスを形成するのをサポート

【アドボカシー委員会】
・ステーブルコイン業界の声として機能し、ステーブルコインプロジェクトやその他の業界を代表してステーブルコインのポリシー作成プロセスを加速

ステーブルコイン関連の団体は日本でも

ステーブルコイン関連の団体は日本でも立ち上げられており、「日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)」は2020年7月10日に暗号資産交換業者・金融機関・ブロックチェーン事業者・ウォレット業者・弁護士法人・税理士法人・監査法人などが参加する「ステーブルコイン部会」を発足したことを発表しています。

ステーブルコイン部会は、2020年7月8日に「第1回目の会合」を開催して"ステーブルコインの法的分類や論点の共有、検討すべき課題"について議論と行ったと報告されており、発表時点では日本国内の大手企業を多数含む合計39社が会員として参加していると報告されています。

>>「VirgoX」の公式発表はこちら
>>「世界ステーブルコイン協会」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bill Harris「ビットコイン(Bitcoin/BTC)には価値がない」

Bill Harris「ビットコイン(Bitcoin/BTC)には価値がない」

Huobi Japan「IEOによる資金調達支援事業」の準備開始

Huobi Japan「IEOによる資金調達支援事業」の準備開始

Zaif「自動売買おてがるトレード」正式リリース|暗号資産14銘柄に対応

Zaif「自動売買おてがるトレード」正式リリース|暗号資産14銘柄に対応

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

米メトロマイル:自動車保険で「ビットコイン」に対応|10億円相当のBTC購入も予定

米メトロマイル:自動車保険で「ビットコイン」に対応|10億円相当のBTC購入も予定

米バイデン大統領「暗号資産に関する大統領令」に署名|仮想通貨業界からは歓迎の声

米バイデン大統領「暗号資産に関する大統領令」に署名|仮想通貨業界からは歓迎の声

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

GMOコイン「JTB旅行券10万円分が当たる」ステーキングキャンペーン開始

GMOコイン「JTB旅行券10万円分が当たる」ステーキングキャンペーン開始

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す