ESPN Global:ビットコイン決済対応の「ゲームプラットフォーム」を発表

by BITTIMES

英国を拠点とするモバイルeスポーツプラットフォーム「ESPN Global(E-Sports Programming Network)」は2020年7月23日に、オンラインゲームとブロックチェーン技術を融合した「バトルやトーナメントで勝利した個人が現金などの報酬を獲得することができるゲームプラットフォーム」を立ち上げたことを発表しました。このプラットフォームでは、ビットコイン(BTC)などといった"暗号資産の入出金"もサポートされる予定となっています。

こちらから読む:NEM技術活用の音楽イベント開催へ「暗号資産」関連ニュース

「仮想通貨対応のゲームプラットフォーム」公開へ

ESPN Global(E-Sports Programming Network)は、英国を拠点とするモバイルeスポーツプラットフォームであり、オンラインゲームとブロックチェーン技術を組み合わせた新しいゲームプラットフォームを提供しています。

今回発表されたプラットフォームは「ブロックチェーンを基盤としたゲーム革命」だとされており、プラットフォームの参加者はバトルやトーナメントで勝利することによって現金で報酬を獲得することができると説明されています。

このプラットフォームは現在リリース前の段階にあるとのことで、今後はビットコイン(BTC)をはじめとする様々な暗号資産で入出金ができるようになるとされています。また、同社は仮想通貨決済などのサービスを提供している「Cryptopay(クリプトペイ)」と協力して、プロセスを大幅に簡素化し、迅速かつ安全にしているとも説明しています。

「ESPN Global」は人気の高いゲームを複数提供するとのことで、このアプリを使用するとユーザーは好きなゲームを選んでグループに参加し、ゲームをプレイすることができるとのことです。ゲームの勝者は最高スコアに基づいて決定され、ユーザーはリアルタイムで互いに競争することもできるとされています。

Smart Gaming Token(SGT)の発行も計画

「ESPN Global」は、暗号資産取引所でトークンを販売して資金調達を行う方法であるイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)を通じて独自のERC-20トークンである「スマートゲーミングトークン(Smart Gaming Token/SGT)」を発行することも計画していると述べています。

SGTは運営開始日からエアドロップ(無料配布)を通じて全ての登録済みプレイヤーに配布されることになっています。エアドロップ開始時のトークン評価額は「1SGT=0.001ドル(約0.1円)」で、トークンの価値はコミュニティの成長に応じて増加していくとのことです。

eスポーツやゲームの分野では、暗号資産やブロックチェーン技術の活用に注目が集まっており、今年6月には自分の時間を売買することができるサービス「TimeTicket(タイムチケット)」などを展開している「株式会社タイムチケット」が暗号資産活用したeスポーツ関連の新サービス「eSportStars」を発表しています。

>>「ESPN Global」の公式サイトはこちら
>>「ESPN Global」のプレスリリースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

リップル社の国際送金ネットワークに加盟する金融機関「200以上」に:RippleNet

リップル社の国際送金ネットワークに加盟する金融機関「200以上」に:RippleNet

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

ステラ(Stellar/XLM)が「Samsung Galaxyスマートフォン」で利用可能に

ステラ(Stellar/XLM)が「Samsung Galaxyスマートフォン」で利用可能に

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ビットコイン誕生10周年記念「限定モデル」を発売|スイス高級腕時計ブランド:Hublot

ビットコイン誕生10周年記念「限定モデル」を発売|スイス高級腕時計ブランド:Hublot

注目度の高い仮想通貨ニュース

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す