ESPN Global:ビットコイン決済対応の「ゲームプラットフォーム」を発表

by BITTIMES

英国を拠点とするモバイルeスポーツプラットフォーム「ESPN Global(E-Sports Programming Network)」は2020年7月23日に、オンラインゲームとブロックチェーン技術を融合した「バトルやトーナメントで勝利した個人が現金などの報酬を獲得することができるゲームプラットフォーム」を立ち上げたことを発表しました。このプラットフォームでは、ビットコイン(BTC)などといった"暗号資産の入出金"もサポートされる予定となっています。

こちらから読む:NEM技術活用の音楽イベント開催へ「暗号資産」関連ニュース

「仮想通貨対応のゲームプラットフォーム」公開へ

ESPN Global(E-Sports Programming Network)は、英国を拠点とするモバイルeスポーツプラットフォームであり、オンラインゲームとブロックチェーン技術を組み合わせた新しいゲームプラットフォームを提供しています。

今回発表されたプラットフォームは「ブロックチェーンを基盤としたゲーム革命」だとされており、プラットフォームの参加者はバトルやトーナメントで勝利することによって現金で報酬を獲得することができると説明されています。

このプラットフォームは現在リリース前の段階にあるとのことで、今後はビットコイン(BTC)をはじめとする様々な暗号資産で入出金ができるようになるとされています。また、同社は仮想通貨決済などのサービスを提供している「Cryptopay(クリプトペイ)」と協力して、プロセスを大幅に簡素化し、迅速かつ安全にしているとも説明しています。

「ESPN Global」は人気の高いゲームを複数提供するとのことで、このアプリを使用するとユーザーは好きなゲームを選んでグループに参加し、ゲームをプレイすることができるとのことです。ゲームの勝者は最高スコアに基づいて決定され、ユーザーはリアルタイムで互いに競争することもできるとされています。

Smart Gaming Token(SGT)の発行も計画

「ESPN Global」は、暗号資産取引所でトークンを販売して資金調達を行う方法であるイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)を通じて独自のERC-20トークンである「スマートゲーミングトークン(Smart Gaming Token/SGT)」を発行することも計画していると述べています。

SGTは運営開始日からエアドロップ(無料配布)を通じて全ての登録済みプレイヤーに配布されることになっています。エアドロップ開始時のトークン評価額は「1SGT=0.001ドル(約0.1円)」で、トークンの価値はコミュニティの成長に応じて増加していくとのことです。

eスポーツやゲームの分野では、暗号資産やブロックチェーン技術の活用に注目が集まっており、今年6月には自分の時間を売買することができるサービス「TimeTicket(タイムチケット)」などを展開している「株式会社タイムチケット」が暗号資産活用したeスポーツ関連の新サービス「eSportStars」を発表しています。

>>「ESPN Global」の公式サイトはこちら
>>「ESPN Global」のプレスリリースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

韓国・寿城大学「AIブロックチェーンキャンパス」設立へ|人工知能協会とMoU締結

韓国・寿城大学「AIブロックチェーンキャンパス」設立へ|人工知能協会とMoU締結

c0ban取引所運営する「ラストルーツ」仮想通貨交換業のライセンス取得

c0ban取引所運営する「ラストルーツ」仮想通貨交換業のライセンス取得

SIRIN LABS:IOTAではなくEthereumブロックチェーンを使用する

SIRIN LABS:IOTAではなくEthereumブロックチェーンを使用する

ブロックチェーンとは社会のルールを変えた革命である

ブロックチェーンとは社会のルールを変えた革命である

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

VISA:リップル社と提携する金融サービス会社「Earthport」を買収

注目度の高い仮想通貨ニュース

ベネズエラ政府:公共住宅での暗号資産マイニングは「違法」だと説明

ベネズエラ政府:公共住宅での暗号資産マイニングは「違法」だと説明

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

NFTオークションに特化したマーケットプレイス「Los Dorados」β版公開:Factory

NFTオークションに特化したマーケットプレイス「Los Dorados」β版公開:Factory

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

カルダノ財団:スイスのフィンテック企業「Lykke Corp」と提携へ

カルダノ財団:スイスのフィンテック企業「Lykke Corp」と提携へ

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

コインチェック:10,000円が当たる「MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)」開催

コインチェック:10,000円が当たる「MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)」開催

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

日本暗号資産ビジネス協会「ステーブルコイン部会」発足|合計39社が参加

ビットメイン:モンゴル施設内の「マイニングマシン1万台」が行方不明に

ビットメイン:モンゴル施設内の「マイニングマシン1万台」が行方不明に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す