【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)の創設者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年8月3日のツイートで、Cardanoの「スマートコントラクト」と「ネイティブアセット」が2020年内に登場予定であることを明らかにしました。同氏は『カルダノのスケーリングソリューションHydra(ヒドラ)によってデータ転送の遅延時間は1秒未満になる』とも語っています。

こちらから読む:稼働済みステークプール"400"を突破「Cardano/ADA」関連ニュース

データ転送の遅延時間は「1秒未満」に

カルダノ(Cardano/ADA)の創設者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年8月3日に、イオス(EOS)のCTOであるDaniel Larimer(ダニエル・ラリマー)氏から『カルダノのブロックチェーンエコシステムは分散型金融(DeFi)やその他の分散型アプリケーション(Dapps)を実行するのに十分ではない』という指摘を受けた際に、「スマートコントラクト」と「ネイティブアセット」を2020年内に発表する予定であることを明らかにしました。

ホスキンソン氏は『カルダノのレイテンシ(データ転送時の遅延時間)はイーサリアムの主要なDeFiプラットフォームよりも低くなっている』と述べており、カルダノのスケーリングソリューションである「Hydra(ヒドラ)」によって遅延時間は1秒未満になると説明しています。

スマートコントラクトとネイティブアセットが今年登場します。レイテンシはイーサリアムの主要なDeFiプラットフォームよりも低くなっています(Hydraがそれを1秒未満にします)。:すいません、詳しく説明する時間がありません。

秒間100万件のトランザクションを処理する「Hydra」

カルダノの開発を担当している「IOHK」の開発チームと「エディンバラ大学」のブロックチェーン研究所が共同開発した「Hydra(ヒドラ)」は、5年の開発期間をかけて2020年3月に発表されたセカンドレイヤーのスケーリングソリューションであり、Cardanoネットワークのノードでストレージをほとんど使用せずに、データ転送時の通信遅延時間を大幅に短縮することができる技術だと説明されていました。

Hydra(ヒドラ)はCardanoを"水平方向"にスケーリングすることができる技術となっており、ネットワークに接続するそれぞれのユーザーは1秒あたり約1,000件のトランザクションを処理することができる「Head(ヘッド)」を同時に10個作成することができるため、ヘッドの数が1,000個になった場合には理論的に"1秒あたり100万件のトランザクション"を処理することができる仕組みとなっています。

分散型アプリケーション(Dapps)や分散型金融(DeFi)関連サービスがCardanoネットワーク上で構築されはじめた場合には大量のトランザクションが発生することになると予想されるため、それに耐えれるだけの処理能力が必要となりますが、「Hydra」の技術を活用することによってそのような問題は解決できると考えられます。

現在利用されている一般的な分散型アプリケーションの多くは「イーサリアム」の技術を用いて構築されていますが、カルダノの技術開発が順調に進みすべての機能が本格的に稼働すれば、カルダノはそのような状況を大きく変える重要な存在になる可能性があると注目されています。

2020年8月4日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月26日に16.29円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年8月4日時点では「1ADA=14.57円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年7月5日〜2020年8月4日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月5日〜2020年8月4日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

次の標的は

次の標的は"仮想通貨取引禁止"のインド中央銀行|John McAfee

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

【仮想通貨不要】ブロックチェーンゲーム「Crypto Alchemist」正式リリース

【仮想通貨不要】ブロックチェーンゲーム「Crypto Alchemist」正式リリース

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

Adobe Photoshop作品「仮想通貨ウォレットアドレス」と紐付け可能に|NFTマーケットとも提携

Adobe Photoshop作品「仮想通貨ウォレットアドレス」と紐付け可能に|NFTマーケットとも提携

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す