イラン「1,100の違法マイニングファーム」を特定・閉鎖|内部告発者と協力

by BITTIMES

イランの国有電力会社である「Tavanir(タヴァニール)」が内部告発者の協力を得て、ライセンス無しで稼働していた1,100の暗号資産マイニングファームを特定して閉鎖したことが現地メディア「Financial Tribune」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:XYM受け取りに必要な手続き、9月から可能に「暗号資産」関連ニュース

「無許可の違法マイニングファーム」を特定・閉鎖

イランでは、今年5月にHassan Rouhani(ハッサン・ロウハニ)大統領が「仮想通貨のマイニングに特化した新たな国家戦略」を策定するよう政府に命じたことが報告されていた他、副大統領が同国のマイニング事業者に対して「1ヶ月以内の情報登録」を命令するなど、仮想通貨マイニング関連のニュースが相次いで報告されていましたが、今回の報道ではイランの国有電力会社である「Tavanir(タヴァニール)」が、ライセンス無しで稼働していた1,100の暗号資産マイニングファームを特定して閉鎖したことが報告されています。

Tavanir社の責任者であるMostafa Rajabi Mashhadi(モスタファ・ラジャビ・マシュハディ)氏は2020年7月末に、地元メディアに対して『イラン国内の発電所は、税金を納めていて、必要なライセンスを有していれば、ビットコインのマイニングを行うことができる』と語っており、『仮想通貨マイニングに"電力補助金を受けている燃料"は使用できない』という強調していましたが、同社が調査を行なった結果、一部のマイニングファームは"高レベルの補助金付きの電力"を使用して仮想通貨のマイニングを行なっていたと伝えられています。

同社は違法にマイニングを行う事業者を特定するために"内部告発者"と協力しており、違法事業者の特定につながる情報を提供した個人には1億イラン・リヤル(約25万円)の報酬を支払ったと報告されています。内部告発者に協力を求めた理由しては『電力消費パターンを調査するだけでは、全ての違法なマイニングファームを特定することができなかったため』だと説明されています。

イランで進む「仮想通貨マイニング」の環境整備

イランでは現在、暗号資産のマイニングを行う個人や企業に対して「身元情報・マイニングファームの規模・使用しているハードウェアの種類・マイニングマシンの数」などに関する情報登録を行うことが義務付けられており、正式に認可・登録されたマイナーの情報は、国が発行する「暗号資産マイナーのリスト」に掲載される予定となっています。

違法なマイナーに対しては、使用しているハードウェア1台に対して2,000〜5,000ドル(約21万〜53万円)の罰金が課されることになっており、補助金を受けた電力を使用していた場合にはさらに2万ドル(約212万円)の罰金が課される可能性があると報告されています。

イランでは仮想通貨マイニング関連の環境整備が続いていますが、既にライセンスを取得している企業は大規模なマイニングファームを構築しており、今年5月にライセンスを取得したトルコ拠点の仮想通貨マイニング企業「iMiner」は、イランのセムナーン州に約6,000台のマイニングマシンを備えたマイニング施設を建設しています。

>>「Financial Tribune」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す