Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

by BITTIMES

米国の金融大手「Fidelity(フィデリティ)」の幹部が、ビットコイン(BTC)のインデックスファンドを提供するための申請書類を「米国証券取引委員会(SEC)」に提出したことが明らかになりました。

こちらから読む:韓国大手取引所、取引量の"99%"水増しか「暗号資産」関連ニュース

ビットコインファンド、機関投資家向けに提供か

Fidelity(フィデリティ)の幹部が、ビットコイン(BTC)のインデックスファンドを提供するための申請書類を「米国証券取引委員会(SEC)」に提出したことが明らかになりました。

米国証券取引委員会(SEC)が公開している申請書類には、ビットコインのインデックスファンドを提供する企業が「Wise Origin Bitcoin Index Fund I(ワイズ・オリジン・ビットコイン・インデックス・ファンド Ⅰ)」という合資会社であることが記されています。

「Wise Origin Bitcoin Index Fund I」は今年法人化された企業であり、Fidelityと同じ住所で申請を行なわれています。また、同社の役員にはフィデリティのチーフストラテジストであるPeter Jubber(ピーター・ジュバー)氏が就任する予定だと報告されています。

ファンドに関する具体的な情報については明らかにされていないものの、同社が提供するビットコインファンドは最低投資額が10万ドル(約1,060万円)とされているため、このファンドは機関投資家や適格投資家などを対象としたものであると考えられています。

Fidelityの子会社である「Fidelity Digital Assets」が今年6月に公開した調査報告では『欧米の機関投資家の36%が暗号資産に投資していて、機関投資家の約80%が暗号資産に魅力を感じている』と報告されていたため、このような需要に答えるためにビットコインのインデックスファンド提供を計画しているのではないかと見られています。

Fidelity(フィデリティ)は800兆円を超える資産を運用する金融大手であるため、仮想通貨業界では『Fidelityがビットコインファンドを提供することによって、大規模な資金が仮想通貨業界に流れる可能性がある』と期待する声が多数出ています。

>>「米SEC」が公開した書類はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格は「55万円」程度がちょうど良い|モハメド・エラリアン ー 金融専門家

ビットコイン価格は「55万円」程度がちょうど良い|モハメド・エラリアン ー 金融専門家

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月28日〜8月3日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月28日〜8月3日

全ての準備金を「法定通貨→ビットコイン」に交換:カナダの地中海料理レストラン

全ての準備金を「法定通貨→ビットコイン」に交換:カナダの地中海料理レストラン

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

バヌアツの証券取引所DSTOQ:ライセンスを受けた仮想通貨取引プラットフォームを公開

バヌアツの証券取引所DSTOQ:ライセンスを受けた仮想通貨取引プラットフォームを公開

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

注目度の高い仮想通貨ニュース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

ビットコイン価格「60,000ドル」突破|BTC関連の注目ニュースもまとめて

ビットコイン価格「60,000ドル」突破|BTC関連の注目ニュースもまとめて

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す