中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

by BITTIMES

中国の四大商業銀行の1つとされる国有商業銀行「中国建設銀行(CCB)」が、同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタル人民元を保管するためのウォレット機能を一時的に公開したことが複数の報道で明らかになりました。この「デジタル人民元用ウォレット機能」は数時間だけ公開された後に再び利用不可になっているものの、一部のメディアでは公開時に撮影されたアプリのスクリーンショットが公開されています。

こちらから読む:フィリピン中銀、CBDC発行を検討「CBDC」関連ニュース

「CBDC用ウォレット機能」が一時的に利用可能に

中国では同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)にあたる「デジタル人民元」の開発・テストが順調に進められており、今月初めには中国の主要な国営商業銀行が「デジタル人民元用のデジタルウォレット」の内部テストを実施していることなども報告されていましたが、今回の報道では同国の国有商業銀行である「中国建設銀行(CCB)」がこのデジタルウォレット機能を一時的に公開したことが報告されています。

報道によると、先日29日頃に中国建設銀行のユーザーが同銀行のモバイルアプリ内で「中央銀行デジタル用のウォレット機能」が利用できることに気付き始めたとのことで、アプリ利用者は中国語で『デジタル通貨』と検索することによって"デジタル人民元のウォレットサービス"へと移動し、CCBの銀行口座に関連付けられた携帯電話番号を登録することによって機能をアクティブ化できたと報告されています。

中国建設銀行(CCB)がサービスを開始した時期は不明であるものの、このニュースは土曜日の間に中国の仮想通貨コミュニティやメディアで急速に広がり『一部のユーザーは自分の銀行口座をウォレットにリンクすることによって、小額のトランザクションを管理することに成功した』とも報じられています。

ただし、この「デジタル人民元用デジタルウォレット機能」はすでに一般ユーザーからはアクセスできないようになっているとのことで、現在は同アプリ内で『デジタル通貨』と検索しても『この機能はまだ公式には利用できません。お待ちください。』と表示される仕様に変更されているとのことです。

「ウォレットIDや電話番号」で送金が可能?

報道によると「デジタル人民元用デジタルウォレット機能」では、サービスを有効化した各ユーザーに対して"特定のウォレットID"が割り当てられており、このIDが「デジタル人民元用デジタルウォレット」と「中国建設銀行の銀行口座」間での取引に使用できたとされています。

またこの他にも『ユーザーは自分のウォレットIDアドレスや携帯電話番号を入力することによって、デジタル人民元を互いに送受信することができた』とも報告されています。

今回一時的に公開された「デジタル人民元用デジタルウォレット機能」のスクリーンショット画像は、仮想通貨メディア「Bitcoin.com」などで公開されています。

>>「Bitcoin.com」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

Animoca Brands:Atari製人気ゲームの「ブロックチェーン版」開発へ|NFTなども発行

Animoca Brands:Atari製人気ゲームの「ブロックチェーン版」開発へ|NFTなども発行

投資家の「ビットコイン離れ」進む|金の需要増加、再び:Van Eck社調査

投資家の「ビットコイン離れ」進む|金の需要増加、再び:Van Eck社調査

BINANCE「NEM保有者に対するSymbol(XYM)の付与」対応へ

BINANCE「NEM保有者に対するSymbol(XYM)の付与」対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社に対する米SECの訴訟「現時点で和解の可能性はない」XRP裁判前の文書公開

Ripple社に対する米SECの訴訟「現時点で和解の可能性はない」XRP裁判前の文書公開

暗号資産全体の合計時価総額「Google(グーグル)」上回る145兆円に到達

暗号資産全体の合計時価総額「Google(グーグル)」上回る145兆円に到達

MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

GMOコイン「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取扱い開始|積立サービスでもサポート

GMOコイン「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取扱い開始|積立サービスでもサポート

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

スイス大手銀行「Bordier」暗号資産取引サービス提供開始|Sygnum Bankと提携

スイス大手銀行「Bordier」暗号資産取引サービス提供開始|Sygnum Bankと提携

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

エンタメ特化ブロックチェーン「パレット」テストネット運用開始|合計13社が参画

エンタメ特化ブロックチェーン「パレット」テストネット運用開始|合計13社が参画

MicroStrategy「10億円相当のビットコイン」を追加購入

MicroStrategy「10億円相当のビットコイン」を追加購入

Ripple社:暗号資産に友好的な「ワイオミング州」で事業登録

Ripple社:暗号資産に友好的な「ワイオミング州」で事業登録

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す