BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

by BITTIMES   

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年9月6日に、既存のトークンをステークすることによって報酬として新しい別のトークンを獲得することができる新しいプラットフォーム「Launchpool」を発表しました。今回の発表では「Launchpool」で報酬として支払われる最初のトークンとして「ベラプロトコル(Bella Protocol/BEL)」が採用されたことも報告されています。

こちらから読む:BITMAX、"開業1周年記念キャンペーン"開催「暗号資産」関連ニュース

BINANCE:新サービス「Launchpool」公開へ

BINANCE(バイナンス)が新たに発表した「Launchpool」は、ユーザーがバイナンスコイン(BNB)やバイナンスUSD(BUSD)などといった既存のトークンをステークすることによって、新しい別のトークンを報酬として獲得できるサービスです。

「Launchpool」における報酬用トークンとして最初に採用されたプロジェクトは「ベラプロトコル(Bella Protocol/BEL)」と呼ばれるプロジェクトであり、BINANCEユーザーは「BNB、BUSD、ARPA」のいずれかをステークすることによって「BEL」を獲得することができるとされています。

BINANCEは日本時間2020年9月09日午前9時00分〜2020年10月09日午前9時00分までの30日間にかけて「BNB、BUSD、ARPA」のステークを受付けます。なお、ステーキングの上限は設定されておらず、本人確認(KTC)も不要だとされていますが、支払われるBEL報酬の割合はステークする通貨によって以下のように変化すると説明されています。
BNB:4,500,000 BELの報酬(90%)
BUSD:450,000 BELの報酬(9%)
ARPA:50,000 BELの報酬(1%)

また、BINANCEは日本時間2020年9月16日15時00分に「ベラプロトコル(Bella Protocol/BEL)」を上場させ、BEL/BTC、BEL/BNB、BEL/BUSD、BEL/USDTという4種類の取引ペアを提供することも予定しています。

ベラプロトコル(Bella Protocol/BEL)とは

ベラプロトコル(Bella Protocol/BEL)とは、既存の分散型金融(DeFi)プロトコル用の集約型ユーザーインターフェースであり、既存のDeFiプロトコルのユーザーエクスペリエンスを簡素化することによって、ユーザーがより簡単に収益を得られるようにすることを目的としたサービスを構築しています。

「Bella Liquidity Mining、Bella Flex Savings、Bella One-Click、Bella Lending、Bella Robo-Advisor」などといった様々な製品を展開することを計画している「Bella Protocol」は、2020年8月に実施されたプライベートトークンセールで450万ドル(約4億8,000万円)を調達しています。

Bellaエコシステムのネイティブユーティリティトークンである「BEL」は、手数料の徴収、割引、ステーキング、ガバナンス投票などで使用することができるようになっています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

フィナンシェ:堀江貴文氏の「HORIE MOBILE」と連携|HORIE MOBILE Token発行へ

フィナンシェ:堀江貴文氏の「HORIE MOBILE」と連携|HORIE MOBILE Token発行へ

コインチェック「Coincheck IEO」7月1日提供開始|Palette Token(PLT)の購入申込みも

コインチェック「Coincheck IEO」7月1日提供開始|Palette Token(PLT)の購入申込みも

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

注目度の高い仮想通貨ニュース

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す