ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

by BITTIMES   

暗号資産取引所「BITPoint Japan」を運営している「株式会社ビットポイントジャパン」が、ブロックチェーン技術の活用を中心に"Web3.0"の実現を推進している「Stake Technologies(ステイクテクノロジーズ)」と共同で独自のブロックチェーン基盤の開発に取り組んでいくことが明らかになりました。

こちらから読む:コインチェック、MinecraftのNFT取扱へ「国内ニュース」

技術力を融合させ「独自のブロックチェーン基盤」開発へ

株式会社リミックスポイントは2020年9月9日に、同社の孫会社である「株式会社ビットポイントジャパン」が「Stake Technologies株式会社」と共同で"独自のブロックチェーン基盤開発"に取り組んでいくことを発表しました。

Stake Technologies(ステイクテクノロジーズ)は、プロトコル開発・ブロックチェーンシステム開発・技術コンサルティングなどを手掛けている東京都のテクノロジー企業であり、ブロックチェーンの抱える相互運用性等の課題を解決するネットワーク・プロトコルである「ポルカドット(Polkadot/DOT)」を含めた次世代の分散型Web「Web3.0」に注力しています。

仮想通貨・ブロックチェーン業界では「分散型金融(DeFi)」や「Non-fungible Token(NFT)」などのようなブロックチェーン技術を活用した次世代型の金融サービスが続々と開発されてきており、その他の業界でも新型コロナウイルスなどの影響によって様々な業務やデータをデジタル化する動きが加速してきています。

「ビットポイントジャパン」と「ステイクテクノロジーズ」はこのような状況を踏まえた上で、ブロックチェーン技術を有効活用してバーチャルとリアルを繋いでいく体験としてデジタル資産の所有・交換を実現し、今の時代に沿った価値を提供していくために、両社の技術力を組み合わせて『独自の新しいブロックチェーンプラットフォーム』を構築することを決定したと説明しています。

「独自暗号資産・NFT/DeFi関連サービス」などを開発

具体的な「ビットポイントジャパン」の今後の取り組みとしては、「交換所独自の暗号資産」や「NFT/DeFi関連サービス」の提供などに向けて企画・開発を推進すると説明されているほか、同社の当社のエネルギー関連事業への支援として『P2P電力取引のサービス基盤として独自のブロックチェーンを用いたアプリケーション基盤の構築も視野に入れて活動する』と説明されています。

また「新しいプラットフォーム」の構築に際しては『ステイクテクノロジーズによるアーキテクチャ設計・コードレビューなどの技術的フォローアップを受けながら、ビットポイントジャパンはビジネスモデリング・要件定義・実装などを主体的に進め、両社の強みを活かして実用化に向けて推進していく』とされています。

このほかにも『2020年8月に大幅リニューアルを実施したビットポイントジャパンの取引サイト・アプリでも、継続的な機能改善を行い、包括的な価値の向上につながるよう努めていく』と説明されているため、今後はビットポイントジャパンのサービス全体で大幅な改善・改良が進められていくことになると期待されます。

ビットポイントジャパンは今月1日に新しく「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」の取扱いも開始しているため、今後のさらなるサービス拡大にも注目です。

>>「リミックスポイント」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「3度目の半減期」を通過|価格への影響と今後予想される動き

ビットコイン「3度目の半減期」を通過|価格への影響と今後予想される動き

SportyCo:ブロックチェーンで「スポーツファイナンス」に革命を|クラブや選手を支援

SportyCo:ブロックチェーンで「スポーツファイナンス」に革命を|クラブや選手を支援

国際配送でのブロックチェーン利用「義務化」すべき|航空貨物輸送大手FedEx

国際配送でのブロックチェーン利用「義務化」すべき|航空貨物輸送大手FedEx

強気派Brian Kellyが語る「ビットコイン市場の懸念点」今後価格はどう動くのか?

強気派Brian Kellyが語る「ビットコイン市場の懸念点」今後価格はどう動くのか?

ファイルコイン(FIL)メインネット「2020年夏」にも公開へ|Q&Aセッションも開催予定

ファイルコイン(FIL)メインネット「2020年夏」にも公開へ|Q&Aセッションも開催予定

テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー:イーサリアムクラシック(ETC)の「預入れ」一時停止へ

ビットフライヤー:イーサリアムクラシック(ETC)の「預入れ」一時停止へ

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

デジタル担当相に「ブロックチェーン推進派」の平井卓也氏|業界で期待高まる

デジタル担当相に「ブロックチェーン推進派」の平井卓也氏|業界で期待高まる

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

暗号資産取引所「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す