DeFiプロジェクトKava:クロスチェーンマネーマーケット「Harvest」公開へ

by BITTIMES

複数の暗号資産を扱う分散型金融(DeFi)プラットフォーム「カヴァ(Kava/KAVA)」は2020年9月19日に、様々な暗号資産を貸し出すことによって別の暗号資産を稼ぐことができる世界初のクロスチェーンマネーマーケット「Harvest(ハーベスト)」をリリースすることを発表しました。

こちらから読む:LTCが稼げるRPG"LiteBringer"公開「暗号資産」関連ニュース

Harvest(ハーベスト)とは

Harvest-logo

カヴァ(Kava/KAVA)が新たに発表した「Harvest(ハーベスト)」は、ユーザー間で暗号資産の貸し借りを行ったり、それを通じて新しい暗号資産を稼ぐことができるクロスチェーンマネーマーケットであり、主に以下3つの機能を備えていると説明されています。

【Supply(供給)】
・Harvestでデジタル資産を安全に貸し出し、利益を得ることができる

【Borrow(借用)】
デジタル資産を担保として、その他の暗号資産を借りることができる

【Earn(稼ぐ)】
貸し手と借り手はHarvestのガバナンストークンである「HARD」を稼ぐことができる

初期段階で利用可能な暗号資産は「6銘柄」

「Harvest」のサービス開始初期で利用可能な暗号資産としては以下の6銘柄が挙げられており、サービスを利用する人々はHarvestのガバナンストークンである「HARD」を稼ぐことができると説明されています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)
・バイナンスUSD(BinanceUSD/BUSD)
・USDX(XRP活用のステーブルコイン)
・HARD(Harvestのガバナンストークン)

HARDトークンは参加者へのインセンティブとして付与されますが、その主な役割は『Harvestプラットフォームで所有者に発言権を与えること』だと説明されており、「サポートする資産・報酬の分配方法・プラットフォームの料金設定」などといったHarvestに関する重要な基本設計を管理する役割を担っていると説明されています。

なお"Harvestバージョン1"では「これらの暗号資産の貸し出しを行うための入金サービス」とそれに伴う「HARDインセンティブ機能」が提供され、"Harvestバージョン2"では「暗号資産の借入機能」と「借入側のインセンティブ機能」さらに「HARDガバナンスの拡張機能」が提供されるとのことです。

世界中の誰もがいつでも、どこからでも

公式発表によると『Harvestはオープンかつ無許可型のアプリケーションとして構築されているため、世界中の誰もがいつでも、どこからでもアクセスすることができる』とされています。取引所・フィンテックアプリ・金融機関などは「Harvest」のマネーマーケット製品を統合することによって、直接ユーザーに収益と借入の機会を提供することができると説明されています。

今後の予定としては、2020年9月21日に「Harvest v1」の内部テスト・外部監査を行い、2020年10月15日には「Harvest v1」の供給側サービスを開始、2020年12月30日には「Harvest v2」で借入側サービスを開始すると共にハーベストガバナンスの拡張を実施するとされています。

>>「Kava」の公式発表はこちら
>>「Harvest」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

P2P仮想通貨取引所Paxful「マーケットプレイスの一時停止」を発表

P2P仮想通貨取引所Paxful「マーケットプレイスの一時停止」を発表

分析サイト「DApp.com」カカオのブロックチェーンKlaytnと提携|掲載アプリ拡大へ

分析サイト「DApp.com」カカオのブロックチェーンKlaytnと提携|掲載アプリ拡大へ

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

米Coinbase:ビットコインSV(BSV)保有者に警告|完全にサポート終了へ

米Coinbase:ビットコインSV(BSV)保有者に警告|完全にサポート終了へ

Huawei:新型スマホMate 40に「デジタル人民元のハードウォレット」搭載

Huawei:新型スマホMate 40に「デジタル人民元のハードウォレット」搭載

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す