DeFiプロジェクトKava:クロスチェーンマネーマーケット「Harvest」公開へ

by BITTIMES

複数の暗号資産を扱う分散型金融(DeFi)プラットフォーム「カヴァ(Kava/KAVA)」は2020年9月19日に、様々な暗号資産を貸し出すことによって別の暗号資産を稼ぐことができる世界初のクロスチェーンマネーマーケット「Harvest(ハーベスト)」をリリースすることを発表しました。

こちらから読む:LTCが稼げるRPG"LiteBringer"公開「暗号資産」関連ニュース

Harvest(ハーベスト)とは

Harvest-logo

カヴァ(Kava/KAVA)が新たに発表した「Harvest(ハーベスト)」は、ユーザー間で暗号資産の貸し借りを行ったり、それを通じて新しい暗号資産を稼ぐことができるクロスチェーンマネーマーケットであり、主に以下3つの機能を備えていると説明されています。

【Supply(供給)】
・Harvestでデジタル資産を安全に貸し出し、利益を得ることができる

【Borrow(借用)】
デジタル資産を担保として、その他の暗号資産を借りることができる

【Earn(稼ぐ)】
貸し手と借り手はHarvestのガバナンストークンである「HARD」を稼ぐことができる

初期段階で利用可能な暗号資産は「6銘柄」

「Harvest」のサービス開始初期で利用可能な暗号資産としては以下の6銘柄が挙げられており、サービスを利用する人々はHarvestのガバナンストークンである「HARD」を稼ぐことができると説明されています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)
・バイナンスUSD(BinanceUSD/BUSD)
・USDX(XRP活用のステーブルコイン)
・HARD(Harvestのガバナンストークン)

HARDトークンは参加者へのインセンティブとして付与されますが、その主な役割は『Harvestプラットフォームで所有者に発言権を与えること』だと説明されており、「サポートする資産・報酬の分配方法・プラットフォームの料金設定」などといったHarvestに関する重要な基本設計を管理する役割を担っていると説明されています。

なお"Harvestバージョン1"では「これらの暗号資産の貸し出しを行うための入金サービス」とそれに伴う「HARDインセンティブ機能」が提供され、"Harvestバージョン2"では「暗号資産の借入機能」と「借入側のインセンティブ機能」さらに「HARDガバナンスの拡張機能」が提供されるとのことです。

世界中の誰もがいつでも、どこからでも

公式発表によると『Harvestはオープンかつ無許可型のアプリケーションとして構築されているため、世界中の誰もがいつでも、どこからでもアクセスすることができる』とされています。取引所・フィンテックアプリ・金融機関などは「Harvest」のマネーマーケット製品を統合することによって、直接ユーザーに収益と借入の機会を提供することができると説明されています。

今後の予定としては、2020年9月21日に「Harvest v1」の内部テスト・外部監査を行い、2020年10月15日には「Harvest v1」の供給側サービスを開始、2020年12月30日には「Harvest v2」で借入側サービスを開始すると共にハーベストガバナンスの拡張を実施するとされています。

>>「Kava」の公式発表はこちら
>>「Harvest」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

連邦準備制度理事会(FRB)ブロックチェーン決済システムの「テスト結果」を報告

連邦準備制度理事会(FRB)ブロックチェーン決済システムの「テスト結果」を報告

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

ブロックチェーン活用した「住宅ローン」サービス提供へ|Ethereumで家をトークン化

ブロックチェーン活用した「住宅ローン」サービス提供へ|Ethereumで家をトークン化

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

BINANCE CEO「米SECのBNB調査」についてコメント

BINANCE CEO「米SECのBNB調査」についてコメント

Octagon Networks「バランスシート全体をビットコインに変換」サイバーセキュリティ企業初

Octagon Networks「バランスシート全体をビットコインに変換」サイバーセキュリティ企業初

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

Kraken:国内初「元素騎士メタバース(MV)」取扱開始|販売所・取引所でサポート

Kraken:国内初「元素騎士メタバース(MV)」取扱開始|販売所・取引所でサポート

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

ビットバンク:2,000円が当たる「暗号資産はじめようキャンペーン」開始

ビットバンク:2,000円が当たる「暗号資産はじめようキャンペーン」開始

HEXA×クラウドサーカス「企業向けWEB3.0/NFT活用支援ソリューション」提供へ

HEXA×クラウドサーカス「企業向けWEB3.0/NFT活用支援ソリューション」提供へ

スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す