アメリカ宇宙軍(USSF)ブロックチェーン企業「Xage Security」と提携

by BITTIMES

アメリカ・カリフォルニア州に本社を構えるブロックチェーン企業「Xage Security」は、2020年9月17日に昨年米国で設立された「アメリカ宇宙軍(U.S. Space Force/USSF)」と提携したことを発表しました。「Xage Security」と「アメリカ宇宙軍」はデータセキュリティシステムの開発などでブロックチェーン基盤のソリューションを活用していくことを説明しています。

こちらから読む:EU、2024年までに新たな規制導入へ「ブロックチェーン」関連ニュース

アメリカ宇宙軍(U.S. Space Force/USSF)とは

US-Space-Force-Logo

アメリカ宇宙軍(U.S. Space Force/USSF)は、2019年12月20日に国防総省内の空軍省の管轄下に設置された宇宙空間を担任範囲とするアメリカの軍事組織であり、アメリカに8個ある武官組織の一つです。

宇宙関連の事業や研究が急速に進んでいる中で最近設立された「アメリカ宇宙軍」は、アメリカやその同盟国の宇宙空間における安全保障、経済活動の確保、宇宙空間における敵対勢力からの保護、統合軍への宇宙関連能力の提供、宇宙空間経由の戦力投射及び関連人材の育成」などに取り組んでいます。

データセキュリティ関連で「Xage Security」と提携

Xage-Security-Logo

今回の発表では「アメリカ宇宙軍」がデータセキュリティシステムの開発に向けてブロックチェーン企業である「Xage Security」と提携したことが報告されています。

Xage Securityはアメリカ・カリフォルニア州に本社を構えるブロックチェーン関連のスタートアップ企業であり、エネルギー・電気通信・公益事業・建物管理・製造現場といった様々な分野でインフラとデバイス間で改ざん防止のコミュニケーションを可能にする技術を開発している他、データセキュリティ関連のブロックチェーンソリューションなどを提供しています。

「アメリカ宇宙軍」と「Xage Security」は、空軍研究所から軍事・民間資産全体にわたるあらゆる分野でデータ保護を実現するために協力します。このプロジェクトでは「Xage Security Fabric」と呼ばれるブロックチェーン基盤のソリューションが活用されるとのことです。

アメリカ宇宙軍の様々なデータを保護

「Xage Security Fabric」はブロックチェーンを使用してネットワーク内の個々のノードへのアクセスを検証し、ネットワークによって提供されるデータが信頼できるものであることを保証します。このソリューションは特に『軍事及び民間衛星を改ざん不可能な方法で地上の基地局に接続する際の課題に対処するために使用される』とも報告されています。

「Xage Security」は、アメリカ宇宙軍が使用する宇宙システムが"安全で正確なデータに依存する様々なサービス"を採用していることから『サイバー攻撃をブロックして、細かいレベルで宇宙プラットフォームを保護し、様々な組織やユニット全体でデータの整合性・機密性・アクセスを保証するセキュリティソリューションが必要』だと述べており、同社のソリューションがそのような課題解決に役立つことを説明しています。

なお「Xage Security」が「アメリカ宇宙軍」と結んだ今回の契約は、同社が2019年12月に米空軍との間で結んだ契約に続く2番目の契約であると報告されています。

>>「Xage Security」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

仮想通貨×バスケットボールまとめ:ブロックチェーンを活用するNBAや人気選手

仮想通貨×バスケットボールまとめ:ブロックチェーンを活用するNBAや人気選手

タイの仮想通貨取引所「TOK Exchange」リップル(Ripple/XRP)取扱いへ|11月14日から

タイの仮想通貨取引所「TOK Exchange」リップル(Ripple/XRP)取扱いへ|11月14日から

フランクミュラー:世界初のビットコイン腕時計「Encrypto」を発売

フランクミュラー:世界初のビットコイン腕時計「Encrypto」を発売

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

注目度の高い仮想通貨ニュース

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

アメリカ・ユタ州:米大統領選挙初の「ブロックチェーン投票アプリ」活用

アメリカ・ユタ州:米大統領選挙初の「ブロックチェーン投票アプリ」活用

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す