ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の総発行枚数である2,100万BTCのうちの1,850万BTCが既にマイニングされ、今後マイニングで発行される残りのBTC数量が全体の約10%にあたる「250万BTC」になったことが明らかになりました。このうちのさらに半分は今後4年間でマイニングされる予定となっています。

こちらから読む:Ontology、自動車大手"ダイムラー"と提携「暗号資産」関連ニュース

採掘可能なビットコインは「残り250万BTC」

ビットコイン(BTC)の総発行枚数はBTCが誕生した時点で「2,100万BTC」と決められており、マイニングによって新たに発行されるBTC数量は約4年周期で訪れる"半減期"のタイミングで半分になるように設計されています。

マイニング報酬として付与される最初の報酬額は50BTCであったものの、ビットコインはこれまでに3度の半減期を迎えているため、マイニング報酬額は「2012年11月に25BTC、2016年7月12.5BTC、2020年5月に6.25BTC」へと減少しています。

このような仕組みが採用されていることによって、ビットコインは『需要が高まるにつれて希少価値が高まる資産』として世界的に注目されていますが、先日27日には「ビットコインネットワークで既に1,850万BTCが採掘されたため、新規発行される残りのBTC数量は全体の約10%にあたる250万BTCになった」ということが報告されています。

ビットコインネットワークにおけるBTC流通量は「18,500,000BTC」を突破しました。残りは「2,500,000BTC」であり、そのうちの半分は今後4年間で採掘されます。

4度目のビットコイン半減期はさらに4年後である2024年頃に迎える予定となっており、その後も約4年周期で半減期が訪れ、最終的には2140年頃に最後のビットコインがマイニングされると予想されています。

なお、仮想通貨関連企業などからは『既に流通しているビットコインの中には"秘密鍵の紛失などによって二度とアクセスすることができなくなったBTC"が数百万BTCほど含まれている』ということが報告されているため、実際に利用可能なBTCの数量は現在の発行枚数よりもさらに少ないことになります。

新規発行されるBTC数量は数年前に比べるとかなり少なくなっているものの、大手企業や機関投資家などのビットコイン需要は着実に増加しており、最近では『カナダの飲食店が全ての準備金をBTCに交換した』などといったニュースも報告されているため、今後もビットコイン需要が高まり続けるのであれば、それに伴ってビットコイン価格も上昇すると期待されています。

2020年9月28日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は今月7日に105万円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年9月28日時点では「1BTC=1,151,480円」で取引されています。

2020年6月30日〜2020年9月28日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月30日〜2020年9月28日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【NEM】Symbol(XYM)受け取りに必要な申請手続き「9月15日」から受付開始へ

【NEM】Symbol(XYM)受け取りに必要な申請手続き「9月15日」から受付開始へ

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

BitMEXから「大量のメールアドレス」が流出|公式Twitterでハッキング被害も

BitMEXから「大量のメールアドレス」が流出|公式Twitterでハッキング被害も

ビットポイントジャパン:各種サービスの「再開予定日」を発表|今後の対応なども説明

ビットポイントジャパン:各種サービスの「再開予定日」を発表|今後の対応なども説明

北アイルランドの首都、独自仮想通貨「ベルファストコイン」を発表|都市の発展促進へ

北アイルランドの首都、独自仮想通貨「ベルファストコイン」を発表|都市の発展促進へ

FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

ファンタジーサッカーゲームSorare「パリ・サンジェルマンFC」とライセンス契約

ファンタジーサッカーゲームSorare「パリ・サンジェルマンFC」とライセンス契約

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す