ビットコイン「価格上昇の時は近い」著名アナリストPlanB氏が予想

by BITTIMES   

ストック・フロー(S2F)モデルを用いて仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想を行っていることで知られる著名アナリスト「PlanB」氏は2020年9月14日のツイートで同モデルを用いた価格分析を更新し、『ビットコイン価格はそろそろ上がる』との見解を示しました。

こちらから読む:香港の路面電車に大々的なBTC広告「ビットコイン」関連ニュース

PlanB氏「ビットコイン価格分析の最新版」を公開

PlanB(@100trillionUSD)氏が提唱する「ストック・フロー(S2F)モデル」は、対象となる資産の流通量(ストック)とこれから新たに発行される採掘量(フロー)などのデータに基づいて適正価格を導き出すモデルのことであり、ビットコインの価格分析ではBTC流通量「約1,800万BTC」と1年間に生成されるBTC数量「約65万BTC」、さらにサトシ・ナカモトが所有しているとされる「100万BTC」などを考慮してグラフが作成されています。

このモデルを用いて長期的にビットコイン価格を予測しているPlanB氏やその予想内容は、予測精度が高いことなどから仮想通貨業界でも高い評価を受けており、PlanB氏のフォロワー数は2020年9月時点で13万人を超えています。

PlanB氏は2020年6月1日のツイートで「S2Fモデル上で半減期後の価格上昇時に点灯していた"赤点"が点灯したこと」を報告していましたが、2020年9月14日のツイートでは「S2Fバージョン1の最新版」が公開され『(BTC価格は)そろそろ上がる時だ』との予想が語られています。

(画像:PlanB氏Twitter)(画像:PlanB氏Twitter

ビットコインは2020年5月12日に「3度目の半減期」を迎えたため、マイニングによって獲得できるBTCの数量は「12.5BTC→6.25BTC」に半減しています。これによってストックに対するフロー(流通量に対する年間生産量)は大幅に減少しているため、理論的にはまもなくBTC価格が上昇することになると考えられています。

PlanB氏が公開した画像の白線(半減期後のモデル価格)は10万ドル(約1,057万円)を示していますが、現在のBTC価格は依然として110万円前後に留まっているため、これらの考え方に基づいて考えると近い将来にはBTC価格が1,000万円に向けた上昇を開始する可能性があると考えられます。

なお、PlanB氏が掲載している画像では、2016年7月9日に迎えた「2回目の半減期」でもビットコイン価格がそれほど上昇せずに、半減期から数ヶ月が経過したタイミングで本格的な価格上昇が始まったことが示されています。

ビットコイン価格に関しては『2020〜2021年頃には再び大幅な価格上昇がみられる』という予想が多数語られており、具体的な価格に関しては数百万円〜数千万円と意見が分かれています。

2020年9月15日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は今月7日に100万円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年9月15日時点では「1BTC=1,135,943円」で取引されています。

2020年7月17日〜2020年9月15日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月17日〜2020年9月15日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィー:プライバシー重視の「携帯電話データ通信サービス」を発表

ジョン・マカフィー:プライバシー重視の「携帯電話データ通信サービス」を発表

ディープコイン(DEP)インド・台湾など「3つの暗号資産取引所」に今月上場

ディープコイン(DEP)インド・台湾など「3つの暗号資産取引所」に今月上場

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

イーサリアムとビットコインの決定的な違い

イーサリアムとビットコインの決定的な違い

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

三井物産:金連動ステーブルコイン「ジパングコイン(ZPG)」発行へ=日経報道

三井物産:金連動ステーブルコイン「ジパングコイン(ZPG)」発行へ=日経報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

Bitget:ソーシャルトレーディングで人々のつながりと取引のあり方を変えることを目指す

Bitget:ソーシャルトレーディングで人々のつながりと取引のあり方を変えることを目指す

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「フルミネンセFC」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「フルミネンセFC」と提携|公式ファントークン発行へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円付与」を完了

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円付与」を完了

Bitget:Amazonギフト券やその他報酬がもらえる「友達を招待して報酬獲得キャンペーン」開催

Bitget:Amazonギフト券やその他報酬がもらえる「友達を招待して報酬獲得キャンペーン」開催

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

カルダノ創設者:米国下院農業委員会で「暗号資産・ブロックチェーン」について講演へ

カルダノ創設者:米国下院農業委員会で「暗号資産・ブロックチェーン」について講演へ

メタバースジャパン「Metaverse Japan Summit 2022」7月14日に開催へ

メタバースジャパン「Metaverse Japan Summit 2022」7月14日に開催へ

イーロン・マスク氏:訴訟後も「ドージコイン」を強く支持|DOGE価格も反応

イーロン・マスク氏:訴訟後も「ドージコイン」を強く支持|DOGE価格も反応

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す