著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

by BITTIMES   

ビットコイン強気派として知られる著名なベンチャーキャピタリストTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、最近開催された投資カンファレンスの中で自分が保有している暗号資産(仮想通貨)の一部を明らかにしました。同氏は以前からビットコイン(Bitcoin/BTC)を保有していることを明らかにしていましたが、今回のカンファレンスではその他複数のアルトコインを保有していることも明かされています。

BTCに加え「XRP・XTZ・BCH・ANT」なども保有

Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏はアメリカの著名なベンチャーキャピタル投資家であり、「Draper Fisher Jurvetson(DFJ)」の創設者でありながら「Draper Associates」や「Draper University」の創設者としても知られています。

純資産が10億ドル(1,000億円)を超えるとも言われている同氏は、2014年に有名なダークウェブサイト「Silk Road(シルクロード)」から米国政府が押収した約30,000BTCをオークションで632ドル(約66,000円)で落札したことを明かしていたため、大量のビットコインを保有していることでも知られていましたが、最近開催された投資カンファレンスではドレイパー氏が以下4種類の暗号資産を保有していることも明らかにされています。
エックスアールピー(XRP/XRP)
テゾス(Tezos/XTZ)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
・アラゴン(Aragon/ANT)

「XRPは0.9ドル以上で取引されるべき」との発言も

Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、2017年に実施されたテゾス(Tezos/XTZ)のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に参加したことを明かしている他、最近ではイーサリアムのブロックチェーン上に構築された分散型プラットフォームである「アラゴン(Aragon/ANT)」に100万ドル(約1億円)を投資してANT総供給量の2.52%を獲得したと報告されているため、これらの暗号資産も大量に保有している可能性が高いと予想されます。

また、同氏は2019年10月に開催されたフォーラムの中で「Ripple(リップル)」や「XRP」の将来に対して非常に強気であることを語っており、"Ripple社は全てにおいて正しい行動をとっている"との判断から『XRPは0.9ドル(約95円)以上で取引されるべきである』と語ったことも報告されています。

ドレイパー氏は以前から『BTC価格は2022年〜2023年頃に25万ドル(約2,600万円)まで上昇する』との予想を語っているため、仮想通貨業界では「ドレイパー氏は今後もこれらの暗号資産を保有し続ける可能性が高い」と予想されています。

ティム・ドレイパー氏は今回の投資カンファレンスの中で次のように語っています。

はい、私はXRPの保有者です。BTC・BCH・XTZの保有者でありながら、ANTの保有者でもあります。

私は信者です。私は技術採用が起こっており、その時が来ていると考えています。それは世界にとって非常に重要なことなので、私は世界にそれを知ってもらいたいし、世界中の他の人々に参加してもらいたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitcoin to the Moon|宇宙で行うビットコインマイニングとは?

Bitcoin to the Moon|宇宙で行うビットコインマイニングとは?

Opera Crypto Browser「NFTを簡単作成できる新機能」提供へ

Opera Crypto Browser「NFTを簡単作成できる新機能」提供へ

暗号資産取引所「BKEX」アクセスできない状態が続いていることが判明

暗号資産取引所「BKEX」アクセスできない状態が続いていることが判明

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

Coinbase Pro「CHZ・SHIB・KEEP」取扱いへ|上場発表で3銘柄とも価格上昇

Coinbase Pro「CHZ・SHIB・KEEP」取扱いへ|上場発表で3銘柄とも価格上昇

ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す