著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

by BITTIMES

ビットコイン強気派として知られる著名なベンチャーキャピタリストTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、最近開催された投資カンファレンスの中で自分が保有している暗号資産(仮想通貨)の一部を明らかにしました。同氏は以前からビットコイン(Bitcoin/BTC)を保有していることを明らかにしていましたが、今回のカンファレンスではその他複数のアルトコインを保有していることも明かされています。

こちらから読む:CoinBest、暗号資産交換業者の登録を完了「暗号資産」関連ニュース

BTCに加え「XRP・XTZ・BCH・ANT」なども保有

Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏はアメリカの著名なベンチャーキャピタル投資家であり、「Draper Fisher Jurvetson(DFJ)」の創設者でありながら「Draper Associates」や「Draper University」の創設者としても知られています。

純資産が10億ドル(1,000億円)を超えるとも言われている同氏は、2014年に有名なダークウェブサイト「Silk Road(シルクロード)」から米国政府が押収した約30,000BTCをオークションで632ドル(約66,000円)で落札したことを明かしていたため、大量のビットコインを保有していることでも知られていましたが、最近開催された投資カンファレンスではドレイパー氏が以下4種類の暗号資産を保有していることも明らかにされています。
エックスアールピー(XRP/XRP)
テゾス(Tezos/XTZ)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
・アラゴン(Aragon/ANT)

「XRPは0.9ドル以上で取引されるべき」との発言も

Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、2017年に実施されたテゾス(Tezos/XTZ)のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に参加したことを明かしている他、最近ではイーサリアムのブロックチェーン上に構築された分散型プラットフォームである「アラゴン(Aragon/ANT)」に100万ドル(約1億円)を投資してANT総供給量の2.52%を獲得したと報告されているため、これらの暗号資産も大量に保有している可能性が高いと予想されます。

また、同氏は2019年10月に開催されたフォーラムの中で「Ripple(リップル)」や「XRP」の将来に対して非常に強気であることを語っており、"Ripple社は全てにおいて正しい行動をとっている"との判断から『XRPは0.9ドル(約95円)以上で取引されるべきである』と語ったことも報告されています。

ドレイパー氏は以前から『BTC価格は2022年〜2023年頃に25万ドル(約2,600万円)まで上昇する』との予想を語っているため、仮想通貨業界では「ドレイパー氏は今後もこれらの暗号資産を保有し続ける可能性が高い」と予想されています。

ティム・ドレイパー氏は今回の投資カンファレンスの中で次のように語っています。

はい、私はXRPの保有者です。BTC・BCH・XTZの保有者でありながら、ANTの保有者でもあります。

私は信者です。私は技術採用が起こっており、その時が来ていると考えています。それは世界にとって非常に重要なことなので、私は世界にそれを知ってもらいたいし、世界中の他の人々に参加してもらいたいと思っています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Sorare:日本プロサッカー「Jリーグ全選手」のブロックチェーンカード発行へ

Sorare:日本プロサッカー「Jリーグ全選手」のブロックチェーンカード発行へ

Tron財団:スーパー代表の貢献を讃え「5,000万TRX」付与へ

Tron財団:スーパー代表の貢献を讃え「5,000万TRX」付与へ

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

ブロックチェーンが「フランチャイズ業界」にもたらすメリットを議論 ー イタリア

ブロックチェーンが「フランチャイズ業界」にもたらすメリットを議論 ー イタリア

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

ファンタジーサッカーゲームSorare「パリ・サンジェルマンFC」とライセンス契約

ファンタジーサッカーゲームSorare「パリ・サンジェルマンFC」とライセンス契約

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す