イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

by BITTIMES

イギリスの金融行動監視機構(FCA)が「個人投資家に対する暗号資産デリバティブ商品の販売」を正式に禁止することが明らかになりました。FCAは『暗号資産(仮想通貨)のデリバティブ商品は害をもたらす可能性があるため、個人投資家には不適切であると考えている』と説明しています。

こちらから読む:コインチェック、Facebookログイン機能廃止へ「暗号資産」関連ニュース

「個人投資家向けの暗号資産デリバティブ商品」を禁止

イギリスの金融行動監視機構(FCA)は2020年10月6日に『個人投資家向けには暗号資産のデリバティブ商品を販売することはできない』との最終決定を下したことを発表しました。FCAはこの禁止方針を1年以上前から示していましたが、今回は正式に公式文章でこの決定が報告されています。

FCAは『暗号資産のデリバティブ商品は害をもたらす可能性があるため、個人投資家には不適切であると考えている』と述べており、具体的には以下のようなことを問題点としてあげています。

  • 原資産の固有の性質、つまり評価するに当たって信頼できる根拠がない
  • 流通市場における市場の乱用・金融犯罪の温床になる可能性がある(例:サイバー犯罪・盗難)
  • 暗号資産の価格変動における極端なボラティリティ
  • 個人投資家の暗号資産に関する理解が不十分
  • 個人投資家がこれらの商品に投資するための正当な投資ニーズが欠如している

FCAは『これらの問題点は個人投資家が暗号資産デリバティブ商品に投資した場合に、突如予期せぬ損失によって被害を受ける可能性があることを意味している』と説明しており、『このような問題に対処するために差額決済取引(CFD)、オプション取引、先物取引、上場投資証券(ETN)などを個人投資家に販売・マーケティング・提供することを禁止する規則を作成した』と報告しています。

禁止令は「2021年1月6日」発効予定

金融行動監視機構(FCA)は個人投資家向けの暗号資産デリバティブ商品販売を禁止することによって、年間約5,300万ポンド(約72億円)の損失を防ぐことができると見積もっており、FCAのSheldon Mills氏は今回の禁止措置について次のようにコメントしています。

この禁止措置は、これらの投資商品が個人投資家に与える潜在的な危害をどれほど深刻に受け止めているかを反映しています。ここでは消費者保護が最も重要です。

暗号資産は確実に評価することが困難であり、価格も大幅に変動するため、個人投資家は暗号資産デリバティブ取引で損失を被るリスクが高くなります。私たちは実際にこのような問題が深刻な規模で起こっていることを示す証拠を有しています。個人投資家向け暗号資産デリバティブ商品の禁止は適切なレベルの保護を提供します。

これらの禁止令は2021年1月6日に発効される予定となっており、FCAは『個人投資家向けの暗号資産デリバティブ商品は禁止となるため、これらのサービスを個人投資家向けに提供する企業は詐欺の可能性がある』と注意を促しています。

>>「FCA」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

米SEC:Coinbaseに対して「訴訟の可能性」を警告|証券法違反の疑いで

米SEC:Coinbaseに対して「訴訟の可能性」を警告|証券法違反の疑いで

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

新たなGameFiビジネス構築へ「FUELHASH・DEA・CAICA DIGITAL」が業務提携

新たなGameFiビジネス構築へ「FUELHASH・DEA・CAICA DIGITAL」が業務提携

ダイ(DAI)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ダイ(DAI)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す