BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

by BITTIMES

暗号資産取引所「BitMEX(ビットメックス)」は2020年10月8日に、同社の運営母体である「100xGroup」の経営陣に変更が加えられ、以前までCEOであったArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏が退任し、暫定CEOとして100xGroupの最高執行責任者(COO)であるVivien Khoo(ヴィヴィアン・クー)氏が就任したことを発表しました。

こちらから読む:韓国中銀、CBDCの流通テスト"2021年"に開始「暗号資産」関連ニュース

アーサー・ヘイズ氏などの「退任・休職」が決定

BitMEX(ビットメックス)は2020年10月8日に同社の運営母体である「100xGroup」の経営陣に変更が加えられ、100xGroupの最高執行責任者(COO)であったVivien Khoo(ヴィヴィアン・クー)氏が暫定CEOに就任したことを発表しました。

ビットメックスの公式発表によると、米国商品先物取引委員会(CFTC)から『未登録で暗号資産取引サービスを提供している』『アンチマネーロンダリング規制に違反している』として告発されていたArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏はCEOを退任しており、すでに逮捕されているSamuel Reed(サミュエル・リード)氏もCTOから外れたと報告されています。

また、ビットメックスの共同創設者であるBen Delo(ベン・デロ)氏も「100xGroup」の幹部職から除外されており、事業開発責任者であったGreg Dwyer(グレッグ・ドワイヤー)氏もその役割を休職すると説明されています。

アーサー・ヘイズ氏らは「米国商品先物取引委員会」や「米国司法省」などから告発されており、サミュエル・リード氏に関しては既に逮捕されているため、今後の経営のことなどを考慮した上で今回の決定が下されたと考えられます。

今後もパフォーマンス向上に向けた取り組みを継続

暫定CEOに就任したVivien Khoo(ヴィヴィアン・クー)氏は、元々「100xGroup」で最高執行責任者(COO)を務めていた人物であり、過去には「ゴールドマン・サックス」や「香港証券先物委員会」に勤務した経験を有していると説明されているため、今後は規制に準拠したサービス提供に向けた取り組みが加速することになると予想されます。

BitMEXは今回の発表の中で『テクノロジーチーム内のシニアリーダーは、プラットフォームのパフォーマンスを向上させるための継続的な取り組みや、BitMEXプラットフォームの日々の管理を継続する』と語っています。

ビットメックスでは今月1日の告発騒動を受けて大量のビットコイン(BTC)が外部取引所などに出金されていることが報告されており『騒動後2日以内に流出したビットコインは4万5,000BTC(約499億円相当)を超えている』とも報じられていたため、今回の対応がどのような影響を及ぼすかにも注目です。

>>「BitMEX」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

世界最大の仮想通貨マイニング施設に「SBI・GMO」参加か=Bloomberg報道

世界最大の仮想通貨マイニング施設に「SBI・GMO」参加か=Bloomberg報道

仮想通貨投資アプリAbra「様々な決済手段に対応した新サービス」を発表

仮想通貨投資アプリAbra「様々な決済手段に対応した新サービス」を発表

ビットコインを収集できるFPSゲーム「Bitcoin Bounty Hunt」登場:Donnerlab

ビットコインを収集できるFPSゲーム「Bitcoin Bounty Hunt」登場:Donnerlab

XRP Ledger基盤の銀行アプリ「XUMMベータ版」近日中に一般公開へ

XRP Ledger基盤の銀行アプリ「XUMMベータ版」近日中に一般公開へ

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

ディーカレット「XRP売買サービス」再開へ|1日あたりの最大注文数量は変更に

ディーカレット「XRP売買サービス」再開へ|1日あたりの最大注文数量は変更に

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す