Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は2020年10月8日に、同社が提供している仮想通貨XRPを用いた国際送金サービス「ODL(On-Demand Liquidity)」を利用している企業が利用可能な新サービス「Line of Credit(ベータ版)」の提供を開始したことを発表しました

こちらから読む:SBI、国内初の"STOビジネス"展開へ「暗号資産」関連ニュース

Ripple社の「Line of Credit」とは

Ripple(リップル)社が新たに提供を開始した「Line of Credit(ライン・オブ・クレジット)」は、同社が提供している仮想通貨XRPを用いた国際送金サービス「ODL(On-Demand Liquidity)」を利用する企業が利用可能な"XRP貸し出しサービスのようなもの(*1)"であり、サービスを利用する企業は簡単なクレジット契約を通じてより手軽にODL送金を利用することができるようになっています。
(*1)「Line of Credit」は"XRP購入資金を調達するための支払い方法"として扱われるため、正確にはXRPのリース・ローンサービスではありません。

ビジネスを拡大して市場での競争力を高めるためにはそれ相応の資本とリソースが必要となるため、資金融資などを受けている中小企業などにとってはそれらがネックとなっていましたが、「Line of Credit」を利用すると融資を受ける場合よりも短い審査時間で、手数料も安く抑えながらODL送金を利用することができると説明されています。

これによって中小企業などを含めた金融サービスプロバイダーはより手軽にXRPを活用した国際送金を行うことができるようになるため、企業の参入障壁が下がり、ODL送金の利用拡大に繋がると期待されています。

「Line of Credit」は現在"ベータ版"として提供されているものの、同サービスはすでに「RippleNet(リップルネット)」に参加しているクライアントによって試運転されており、実際に使用しているクライアントからも良好な結果が得られていると報告されています。

Line of Credit「XRP市場」への影響は?

Ripple社が提供している「ODL(On-Demand Liquidity)」は仮想通貨XRPを使用した国際送金サービスであるため、「Line of Credit」の提供開始によってODL送金を利用する企業が増加すれば、"実社会でのXRP活用"がさらに活発化すると期待されます。

仮想通貨業界では『リップル社は毎月定期的にXRPを市場で売却するほど大量のXRPを保有しているため、同社が提供する"Line of Credit"がXRPの価格に大きな影響を与える可能性は低い』と考えられていますが、『ODL送金の需要が今後さらに高まっていった場合には、将来的にRipple社がXRPを購入する可能性もある』と期待されています。

なお「Line of Credit」は、"RippleNetに参加しているクライアント向けのサービス"となっているため『消費者・個人・一般のお客様は使用できない』と補足説明されています。

>>「Ripple社」の公式発表はこちら

2020年10月10日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月24日に23円付近まで下落したものの、その後はやや回復してきており、2020年10月10日時点では「1XRP=27.10円」で取引されています。

2020年9月10日〜2020年10月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年9月10日〜2020年10月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

BINANCE:ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の「先物取引」提供へ

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

トロン(TRON/TRX)DApps開発促進に向けた「支援プログラム」を開始

トロン(TRON/TRX)DApps開発促進に向けた「支援プログラム」を開始

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

【Chiliz】FCバルセロナの公式ファントークン「BAR」の販売・取引開始日が判明

【Chiliz】FCバルセロナの公式ファントークン「BAR」の販売・取引開始日が判明

注目度の高い仮想通貨ニュース

オーストラリア証券取引所「複数の仮想通貨ETF」を審査|2021年内ローンチの可能性も

オーストラリア証券取引所「複数の仮想通貨ETF」を審査|2021年内ローンチの可能性も

ディエム協会:Diem USD発行で「シルバーゲート銀行」と提携|主要事業も米国に移転

ディエム協会:Diem USD発行で「シルバーゲート銀行」と提携|主要事業も米国に移転

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

【Chiliz&Socios】インド・プロクリケットリーグ(IPL)所属の「3チーム」と提携

【Chiliz&Socios】インド・プロクリケットリーグ(IPL)所属の「3チーム」と提携

Enjin × Avex Technologies:ブロックチェーン事業で提携「NFTの相互運用」が可能に

Enjin × Avex Technologies:ブロックチェーン事業で提携「NFTの相互運用」が可能に

トルコ:13万円以上の暗号資産取引に「報告義務」財務大臣が今後の規制方針語る

トルコ:13万円以上の暗号資産取引に「報告義務」財務大臣が今後の規制方針語る

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

Gemini×マスターカード「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

Gemini×マスターカード「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

Coincheck NFT × CryptoSpells「50枚限定のゴールドカード」5月13日に販売開始

Coincheck NFT × CryptoSpells「50枚限定のゴールドカード」5月13日に販売開始

canow:Jリーグ目指す「アヴェントゥーラ川口・スペリオ城北」のファントークン発行へ

canow:Jリーグ目指す「アヴェントゥーラ川口・スペリオ城北」のファントークン発行へ

エチオピア政府「Cardano基盤の分散型IDソリューション」教育分野で活用へ

エチオピア政府「Cardano基盤の分散型IDソリューション」教育分野で活用へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す