Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は2020年10月8日に、同社が提供している仮想通貨XRPを用いた国際送金サービス「ODL(On-Demand Liquidity)」を利用している企業が利用可能な新サービス「Line of Credit(ベータ版)」の提供を開始したことを発表しました

こちらから読む:SBI、国内初の"STOビジネス"展開へ「暗号資産」関連ニュース

Ripple社の「Line of Credit」とは

Ripple(リップル)社が新たに提供を開始した「Line of Credit(ライン・オブ・クレジット)」は、同社が提供している仮想通貨XRPを用いた国際送金サービス「ODL(On-Demand Liquidity)」を利用する企業が利用可能な"XRP貸し出しサービスのようなもの(*1)"であり、サービスを利用する企業は簡単なクレジット契約を通じてより手軽にODL送金を利用することができるようになっています。
(*1)「Line of Credit」は"XRP購入資金を調達するための支払い方法"として扱われるため、正確にはXRPのリース・ローンサービスではありません。

ビジネスを拡大して市場での競争力を高めるためにはそれ相応の資本とリソースが必要となるため、資金融資などを受けている中小企業などにとってはそれらがネックとなっていましたが、「Line of Credit」を利用すると融資を受ける場合よりも短い審査時間で、手数料も安く抑えながらODL送金を利用することができると説明されています。

これによって中小企業などを含めた金融サービスプロバイダーはより手軽にXRPを活用した国際送金を行うことができるようになるため、企業の参入障壁が下がり、ODL送金の利用拡大に繋がると期待されています。

「Line of Credit」は現在"ベータ版"として提供されているものの、同サービスはすでに「RippleNet(リップルネット)」に参加しているクライアントによって試運転されており、実際に使用しているクライアントからも良好な結果が得られていると報告されています。

Line of Credit「XRP市場」への影響は?

Ripple社が提供している「ODL(On-Demand Liquidity)」は仮想通貨XRPを使用した国際送金サービスであるため、「Line of Credit」の提供開始によってODL送金を利用する企業が増加すれば、"実社会でのXRP活用"がさらに活発化すると期待されます。

仮想通貨業界では『リップル社は毎月定期的にXRPを市場で売却するほど大量のXRPを保有しているため、同社が提供する"Line of Credit"がXRPの価格に大きな影響を与える可能性は低い』と考えられていますが、『ODL送金の需要が今後さらに高まっていった場合には、将来的にRipple社がXRPを購入する可能性もある』と期待されています。

なお「Line of Credit」は、"RippleNetに参加しているクライアント向けのサービス"となっているため『消費者・個人・一般のお客様は使用できない』と補足説明されています。

>>「Ripple社」の公式発表はこちら

2020年10月10日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月24日に23円付近まで下落したものの、その後はやや回復してきており、2020年10月10日時点では「1XRP=27.10円」で取引されています。

2020年9月10日〜2020年10月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年9月10日〜2020年10月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:スマホアプリに「Mining Pool Wallet」機能を追加

BINANCE:スマホアプリに「Mining Pool Wallet」機能を追加

著名トレーダーが語る「ビットコインクジラ」になるための効果的な投資戦略

著名トレーダーが語る「ビットコインクジラ」になるための効果的な投資戦略

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

Mercado Bitcoin「サッカー選手の権利」に投資できるトークン発行へ|Vasco da Gamaと協力

Mercado Bitcoin「サッカー選手の権利」に投資できるトークン発行へ|Vasco da Gamaと協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

c0ban取引所:最大5,000円相当のRYOがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」開始

c0ban取引所:最大5,000円相当のRYOがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」開始

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す