Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

by BITTIMES

プライバシー重視の次世代型ブラウザ「Brave(ブレイブ)」は2020年10月19日に、ブロックチェーン技術を活用した分散型のトレーディングカードゲーム「Splinterlands(スプリンターランド)」と提携したことを発表しました。

こちらから読む:前澤氏の新事業に"DeCurret幹部"が参加「暗号資産」関連ニュース

Brave:BCカードゲーム「Splinterlands」と提携

Splinterlands

Brave(ブレイブ)は2020年10月19日に、ブロックチェーン技術を活用した分散型のトレーディングカードゲーム「Splinterlands(スプリンターランド)」とパートナーシップを結んだことを発表しました。

Splinterlands(スプリンターランド)は、ブロックチェーン技術を用いて構築された分散型のトレーディングカードゲームであり、購入した自分のカードでデッキを編成して他のプレイヤーとバトルしたり、集めたカードをトレードしたり、トーナメントに参加して賞金を稼いだりすることができるようになっています。

Braveは「Splinterlandsの広告活動」を開始

Braveは今回の提携によって「Splinterlandsの公式ブラウザ」となり、様々な広告やプロモーションチャネルを通じて月間1,900万人を超えるアクティブユーザーに「Splinterlands」のプロモーション活動を開始します。

また、Braveブラウザにはイーサリアム関連の暗号資産を保管・取引することができる「組み込み型の仮想通貨ウォレット」が搭載されているため、「Splinterlands」のユーザーはBraveブラウザと組み込み型ウォレットを使用してゲーム内トークンを管理したり、各種アイテムを購入したりすることも可能です。

Splinterlandsでは「仮想通貨BAT」が利用可能に

Splinterlandsでは、Braveブラウザの広告表示などで獲得できる仮想通貨「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」を用いてゲーム内クレジットを購入することができるようになります(*1)。

(*1)日本向けのBraveブラウザでは仮想通貨BATの代わりに「BATポイント」が付与されているため、日本向けブラウザで獲得したBATポイントはクレジット購入には使用できません。

購入したクレジットはゲーム内のショップでブースターパックやその他のアイテムを購入したり、他のプレイヤーからカードを購入したりするのに使用することができます。

パートナーシップ拡大を続ける「Brave」

Brave(ブレイブ)はここ数ヶ月間でパートナーシップを拡大しており、暗号資産取引所を運営している「BINANCE(バイナンス)」や「Gemini(ジェミナイ)」と協力して"ブラウザ上で直接仮想通貨を購入・管理することができるウィジェット機能"を導入している他、今年6月には日本国内のeスポーツチーム&ブランド「Rush Gaming(ラッシュゲーミング)」とのパートナーシップも発表されています。

また今年7月には日本の大手暗号資産取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」との提携も発表されており、2020年11月頃に"Braveブラウザ内で使用できる暗号資産ウォレット"を公開する予定であることも明らかにされているため、このウォレットの正式リリースにも期待が高まります。

>>「Brave」の公式発表はこちら
>>「Splinterlands」の公式サイトはこちら

2020年10月20日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は今年8月末に45円付近まで上昇したものの、その後は再び下落しており、2020年10月20日時点では「1BAT=22.40円」で取引されています。

2020年7月22日〜2020年10月20日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年7月22日〜2020年10月20日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

BATが購入できる暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

暗号資産6銘柄で「10〜100倍の価格上昇」を予想:分析企業Blockfyre共同創設者

暗号資産6銘柄で「10〜100倍の価格上昇」を予想:分析企業Blockfyre共同創設者

SBI:デジタル通貨発行基盤「Sコインプラットフォーム」の実証実験開始

SBI:デジタル通貨発行基盤「Sコインプラットフォーム」の実証実験開始

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

BINANCE「NEM保有者に対するSymbol(XYM)の付与」対応へ

BINANCE「NEM保有者に対するSymbol(XYM)の付与」対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す